控えめ予算の旅の記録

男ひとり旅ならではの少々過酷な旅。いっぱい旅したいので1つ1つの旅は低予算。それでいて充実した旅を目指します。

運命の選択、そして台風・・・

2016-09-15 19:24:00 | 飯田線秘境駅めぐり
「“飯田線秘境駅号”を使用しない飯田線秘境駅めぐり」

第10話

ついに、関東地方に台風が襲来した。
これより、その関東地方にある自宅を目指して、帰路に着く事になる。

だが、ここで、どちらのルートで帰るべきか?
頭を悩ませる事となる。


と言うのも、
13:25に、豊橋方面への列車が、
13:39に、飯田方面への列車が、
来るのである。

定刻どおりに、列車が動いている場合、“東海道本線”回りだと……

13:25平岡→(飯田線)→16:16豊橋

16:23豊橋→(東海道本線)→16:58浜松
17:20浜松→→19:52熱海
20:03熱海→→20:34国府津
20:42国府津→(湘南新宿ライン)→22:03池袋
22:08池袋→(東武東上線)→22:29朝霞台

☆22:29に、朝霞台駅に到着☆


行きと同じ“中央本線”回りだと……

13:39平岡→(飯田線)→17:31岡谷
17:55岡谷→(中央本線)→18:37小淵沢
18:59小淵沢→→20:33大月
20:50大月→→→21:49立川
21:53立川→→→21:59西国分寺
22:02西国分寺→(武蔵野線)→22:21北朝霞

☆22:21に、北朝霞駅に到着☆

朝霞台駅と北朝霞駅は、ほぼ同一の駅なので、その差は8分。
さらに、自宅の最寄り駅到着に至っては、その差は3分にまで縮まってしまう。


要は、どちらのルートを使っても、到着時間に差がないのである。

だが、この状況下で定時運行を期待してはいけない。
遅れて当たり前、むしろ「運転見合わせ」にならなければマシだと言える。

東海道本線にも中央本線にも、このような悪天候時にネックとなる(運転見合わせになりやすい)区間がある。

つまり、台風による問題がより起きにくいのはどちらのルートか?
という事になる。

それは、もはや“運”の問題である。

だが、どちらかに決めなくてはならない。


結局・・・・


13:25平岡→(飯田線)→16:16豊橋

“東海道本線”回りで帰る事にした。

理由は、並行して東海道新幹線があるから。

在来線がダメでも、新幹線は動いている場合もある。
その逆もあるが、要は路線が2つあるので、片方がダメでも、もう片方へ逃げる事ができる!

”中央本線”回りだと、中央本線がダメになったら、もうそれで終わりである。

この状況下では、そこで判断するしかない。


現在、飯田線を豊橋方面に移動中。
こちらは雲っているとは言え、雨も風もなく平穏な為、ほぼ定刻どおりの運行。

だが、ネットで運行状況を調べてみると、案の定、
中央本線・大月駅~高尾駅
東海道本線・熱海駅~小田原駅
が「運転見合わせ」となっていた。

結局、両ルートとも「運転見合わせ」の区間が生じてしまった。
こうなると、どちらがより早く運転再開するかだ。

16:23豊橋→(東海道本線)→16:58浜松

飯田線内の列車があまりにも“まったり”走っている為、東海道本線の普通列車が超っ早に感じる。

そして、浜松市に入ってから、3時間列車に乗り続けて、ようやく市の中心部に到着。

広すぎだよ!浜松市。
そして、距離の割に時間かかりすぎだよ!飯田線。

浜松駅に到着後、約20分の合間を利用して、立ち食いそばで腹ごしらえ。
この後、何が起こるかわからないから。

17:20浜松→(東海道本線)→19:52熱海

とりあえず、この区間においては、定刻どおりに問題なく運行しているように見える。
新幹線も通常の速度で走っている。

やはり、問題は熱海から先か?

ここで再び、運行状況を確認すると、
「東海道本線は運転再開」
になっていた。

ラッキー♪

定刻どおりとはいかないまでも、運転再開してくれれば、とりあえずひと安心。

中央本線の方は、まだ「運転見合わせ」の状態が続いている模様。
やはり、山間部を走る距離が長いだけあって、再開まで時間がかかるという事か?

そういう意味でも、東海道本線回りにして正解だったかな。


列車は順調に“熱海駅”の手前までやって来た。
だが、熱海駅手前のトンネル内で信号停車。

終着駅手前ではよくある事だが、5分、10分と、時間がどんどん過ぎていく……


何やら嫌な予感がする……


実は、一度は運転再開したものの、熱海駅の先で、大変な事態が発生していたのである。


つづく

一人旅ランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村


































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« まさかの大失態! | トップ | 帰宅できるのはいつ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

飯田線秘境駅めぐり」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。