控えめ予算の旅の記録

男ひとり旅ならではの少々過酷な旅。いっぱい旅したいので1つ1つの旅は低予算。それでいて充実した旅を目指します。

養老渓谷に 寄ぅろうじゃないか!

2017-05-15 17:44:00 | 小湊&いすみ鉄道 房総半島横断の旅
菜の花畑をゆく列車の撮影を終えた後は、養老渓谷温泉郷 へ。

小湊鉄道と いすみ鉄道で、房総半島を横断するのならば、養老渓谷の観光は、欠かせないところ。

房総随一の温泉郷と言われ、 渓流釣りやハイキング、バーベキュー、渓谷の野趣 溢れる露天風呂などが楽しめるとあるが、残念ながら、ここでの滞在時間は1時間もない。
温泉街と渓谷の雰囲気を少しだけ味わう程度に留まりそうだ。

「房総横断乗車券」が2日間有効のきっぷなら、ここで宿泊しても良いかと思ったのだが。


平日という事もあってか、観光客の姿はほとんどなく ひっそりとしていた。

そろそろ食事がしたい気分だが、営業していない店も多く、それどころか 廃墟と化している建物も多い。

特に、写真左側の、養老温泉を代表する温泉宿「元祖養老館」ですら 廃墟となっていた。

目の前のバス停名は、未だに「養老館前」
建物自体は 存在しているから、決して嘘ではない。

どうやら、大変 厳しい状況下にある温泉街のようだ。


もう少し先へ行くと、駐車場に併設する建物の中に、足湯「やすらぎ」がある。

1人¥200って、有料 ですか?

有料の足湯とは珍しい。

あくまで、有料駐車場内にある足湯って事で。
だったら、駐車料金を払って、車を停めた場合は?
と言うと、車1台につき 1人だけ 無料 になるようだ。

なんだかなぁ・・・



駅に戻れば、鉄道利用者は無料 で入れる足湯があるだけに、ここはパス!
渓谷美を求めて、遊歩道を散策してみる。

すぐに引き返すようだが、そこそこ迫力ある景色と出会えた。


適当な場所を見つけて 腰を下ろし、今朝 コンビニで買ったパンをかじって、空腹をごまかす。
なんか、今ひとつ テンションが上がりませんな。

養老渓谷の目玉とも言える「粟又の滝」に行くのも無理だし。
やはり、もっと時間をかけて 観光してこそだったか?

その時は また、 しくお願いします!



歩いて駅へと戻り、ホーム脇にある足湯にて、沢山歩いて 疲労が溜まっているであろう足を癒やす。


えっ!?
靴下やストッキングを履いたままでも濡れない フットカバー!?

そんな状態で、足湯に入っても・・・
って気がするが・・
足から温まる事はできると思うけど、やっぱ、直に浸からなくちゃ!

足湯の営業時間は、
平日は12:00~16:30、
土休日は11:00~17:00
だそうです。


つづく

☆ブログランキングに参加しています☆

一人旅ランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 沿線最大の 菜の花畑と ロー... | トップ | 小湊鉄道から いすみ鉄道へ!... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふなっしー)
2017-09-06 23:53:33
養老渓谷、足湯ナント有料2百円⁈
…高いっ つーか有料駐車場の中にあるのに?悪徳じゃないか。そんなだから、寂れちまうんだよね〜
観光客呼ぶ気あんのかね?
養老渓谷ってまず駐車場少なすぎ。廃墟旅館ばかり目立ってしまうぞ。
新しい道の駅でもつくればいいんじゃないかな。
Re:Unknown (musashi452)
2017-09-08 10:38:19
有料の足湯なんて、そう滅多にないですよね~
もちろん 湯に浸かっているお客さんは誰もいませんでした。
湯にもフタがしてありましたし、係の人をわざわざ呼ばなくてはいけなかったような・・
平日の昼間だったので、寂しい雰囲気でしたが、土日の夜とかだと、多少 活気があるのでしょうかね?

コメントを投稿

小湊&いすみ鉄道 房総半島横断の旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。