控えめ予算の旅の記録

男ひとり旅ならではの少々過酷な旅。いっぱい旅したいので1つ1つの旅は低予算。それでいて充実した旅を目指します。

日の出山・山頂から眺める「初日の出 2017」

2017-01-04 13:06:00 | 御嶽山・初日の出登山
2017年1月1日(元旦)未明

終夜運転を行っている 鉄道、バス、ケーブルカーを乗り継いで、午前5時半 日の出山の山頂 にやって来た。

既に、辺りは かなりの混雑ぶりだが、なんとか居場所を確保!

本日の東京の 日の出時刻は、6:51

初日の出ショータイムが始まるまで、約1時間ちょっと。
その間、この寒空の下、寒さに耐え続けなければならない。

とは言え、それなりに着込んで来てはいる。

見た目は 普段着に近くても、上は 服3枚に加え、ジャンパーを2枚。
下は ズボンを3枚履いて、この場に挑んでいる。

お陰で、階段を上り下りしている間は、逆に汗ばんでしまったよ。



時刻は 5:50。

わずかだが、東の空が明るくなってきた☆

だが、ここからが長いんだよなぁ・・・
富士山の山頂から 御来光を眺めた時もそうだった。

本日の 日の出時刻は、6:51。
ここから 1時間だ。


山頂に着いた直後は、汗ばんでいた体。
だが、初日の出を じっと座って 待っている間に、徐々に冷えてきてしまった・・・

それもそのはず、

ここは 標高900m
気温は 下界よりも 6℃ 程 低い。
下界が0℃なら、ここは マイナス6℃

そして 今は、通常1日のうちで 最も気温が低くなる 夜明け前。
しかも、雲がほとんどないので、放射冷却により、一段と寒いはず。

一体、ここの気温は 何℃なのか?


登山慣れしているような人達は、照明やコンロを持参し、カップラーメンや 温かい飲み物などをこしらえて、暖をとっている。

もちろん、そんな物は持ち合わせていない。

仕方がない・・・

リュックに忍ばせてきた、少々ボロいが、フカフカのジャンパーをさらに着るとしよう!

これで、合計6枚。

6枚着込んで、初日の出を待つ。



だいぶ、明るくなってきた。


6:25、日の出まで あと26分。

写真では 夜景が写らなくなる。


明るくなるにつれ、周りにいる人の多さが 一段と際立つ。

当初は、通路として 空けてあった場所も、人で埋め尽くされる。

6:43、日の出まで あと8分。

すっかり明るくなってきた。

寒さとの戦いも、あと少しの辛抱だ。

一同、固唾を飲んで 見守る。

後方には、どこまでいるのか わからない程、溢れんばかりの人々。

もはや、日が昇るまで、この場所から 身動きできなさそう。

6:46、日の出まで あと5分!

ついに! 日の光が見えてきたよ!!



いよいよ! 待ちに待った瞬間!



誰もが、この瞬間の為に、長い間 ここで耐えてきた!!



そして 6:51、

日の出時刻!!


わずかながら 雲があるので、少々お待ち下さい?

とは言え、まもなくです。






「日の出山・山頂から眺める 初日の出 2017」










しかと、見届けました。

程なくして、地元(?)消防団による 万歳三唱。


バンザ~~イ!!





つづく

☆ブログランキングに参加しています☆
一人旅ランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日の出山で 日の出を待つ | トップ | 「初日の出」を見た後は・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。