控えめ予算の旅の記録

公共交通機関を使ったちょっと過酷な旅の記録です。基本“フリーパス”等を使い、低予算で、それでいて充実した旅を目指します。

小峰さんも大好き!インスタントラ-メン発明記念館

2016-10-18 10:16:00 | 青春18きっぷ西日本横断の旅
京都での観光を終え、次の目的地は、大阪にある インスタントラ-メン発明記念館

“大阪”と言っても、住所で言うと“池田市”
大阪の中心部からは、だいぶ離れた場所にある。

ちなみに“小峰さん”と言うのは、勤務先にいる、インスタントラ-メンが好きな人の事(男性)
“小池さん”じゃなくて“小峰さん”です。

自分もそこそこ(?)好きです。
体に良い物なら、毎日食べてもいいくらいかな?

さて、ここからは、いよいよ“青春18きっぷ”の出番!

“青春18きっぷ”とは、一言で言うと、全国のJR線の普通列車(快速含む)が乗り放題になるきっぷ。

先月の「飯田線秘境駅めぐり」で2日分使用しているので、残りはあと3日分。
京都駅で、青春18きっぷの“3回目”の所に今日の日付(9/5)を押してもらう。

13:45京都→(東海道本線・新快速)→14:20尼崎

新しくなった大阪駅を見てみたかったけど「インスタントラ-メン発明記念館」は16時で閉館してしまうので、その余裕はない。

14:22尼崎→(福知山線・普通)→14:37川西池田

JRの最寄り駅は“川西池田駅”で、当初はココから歩いて向かう予定だったが、閉館まで時間がない!
不本意だが“阪急電鉄”を利用する事に。

14:46川西能勢口→(阪急宝塚線)→14:48池田

JR線ではないので“青春18きっぷ”は使えません。
別途¥140を払っての乗車。

おかげで、15時ちょっと前に「インスタントラ-メン発明記念館」に到着。
約1時間の滞在時間を確保!

空はどんより曇ってはいるが、なんとか天気も持ちこたえてくれました。
シンプルな外観。

インスタントラ-メンの記念館だけあって、チキンラ-メンの袋を手にしたオッサンが、カップヌードルの上にドヤ顔で立ってるよ!
「インスタントラ-メンの創始者」と言われる 安藤百福(ももふく)”殿の像であったか!

これは失礼!

“世紀の大発明”を成し遂げた“偉人”を前に、オッサン呼ばわりとは、小峰さんに怒られてしまう・・・

それはさておき、
嬉しい事に、ここ入館料“無料”なんです☆

さすがフクちゃん!
気前がいい!
“モモちゃん”だと女の子みたいだから、親しみを込めて“フクちゃん”と呼ぶのはいかがでしょう?

馴れ馴れしく呼ぶな!と一喝されそうだが、そんな性格じゃないですよね?

そもそも、百福(ももふく)って変わった名前だなと思ったら、台湾出身の方みたいです。

館内に入ると、まず左手にショップ。チキンラ-メンのキャラクターでお馴染みの“ひよこちゃん”グッズがズラリと並ぶ。
ファンの方には、たまらないですよねぇ?小峰さん!

ちなみに、小峰さんはココに来た事はないそうです。

それにしても、ひよこのキャラクターで“ひよこちゃん”って、何のひねりもないんですけど・・・
シンプルが一番って事ですか?

ちなみに、ウィキペディアには“ひよこちゃん”のプロフィールが載っていて、

性格:明るくて前向き。好奇心が旺盛で正義感も強いが、ひょうきんな一面もある。

好きなもの:友情とラーメン。

嫌いなもの:のびたラーメン。

“チキンラ-メン”ではなく、あえて“ラ-メン”としているのは、やはり共食いになってしまうから?

エントランスを過ぎると、最初に目に入るのは、木造の小屋。当時、フクちゃんの自宅の裏庭にあった チキンラ-メンの研究小屋 を再現したものらしい。

世界初のインスタントラ-メンである“チキンラ-メン”は、この小屋で誕生したのである。


つづく






























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 正式にスタ-ト!青春18きっぷ西... | トップ | この場所でチキンラ-メンは誕生した☆ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。