室蘭登別 訪問リハビリテーション連絡会

室蘭・登別地区の訪問リハビリ情報交換の場

H28年度 介護予防事業等における訪問アドバイザー養成研修に参加した感想

2016-10-11 08:47:55 | 報告

今回は「訪問リハの実践からマネジメントまで」がテーマでした。

 

1日目においては地域ケア模擬会議が印象に残りました。

私はまだ参加した経験がなく勉強不足もあり、サービス担当者会議との差異に気付くことが出来ませんでした。

 

個人的には民生委員や町内会など専門職以外が参加し、地域課題に沿った内容も聞きたかったです。

 

2日目においては事例紹介が勉強になりました。

医学的情報や評価機器の少ない訪問リハビリではリスク管理が重要ですが、生活期リハの主な対象である高齢者の特性を考えるとさらにリスク管理は複雑になります。

 

今回の事例を通じて学んだことは、循環器系のリスク管理を抱える対象者に土肥・Andersonの基準だけで判断せず、呼吸数や呼吸の深さ、表情や皮膚色などの細かなところも観察すること、主治医に確認し個々の対象者に合った基準を把握しておくことが大切だと感じました。

 

1日目の夜の懇親会では様々な経験を積まれた先輩方とお話させて頂き緊張の連続でした。また、各事業所、医療機関での取り組みや今後の展望等を聞くことができ有意義な時間となりました。ありがとうございました。

 

JCHO登別病院 森

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会員限定!事例検討会に参加して | トップ | 第2回西いぶり在宅ケアフェス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

報告」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。