ペータ-の ブログ

音楽や映画の感想とか、モータースポーツについてなど…

フクロウ

2016-11-24 23:35:30 | Weblog
カーク、F1も残すところはアブダビ・グランプリの1戦だけだな。こないだのブラジルGpは雨のレースだったよ。途中で赤旗中断になったけど、その後、レースが再開されて、メルセデスのハミルトンが優勝したんだよ。

ハミルトンが優勝かよ。ドライバーのタイトルはまだ決まってないのかよ?

ポイントはロズベルグがリードしてるけどチャンピオン争いは最終戦のアブダビGpまで持ち越されることになったんだよ。しかし、危なっかしい感じのレースだったよ。ライコネンがアクアプレーニングでスピンしてクラッシュしたりとかクラッシュが続出してさ、F1ドライバーというのはまさに命がけの職業だよな。

けが人が出なくて良かったな。

そうだな。ロズベルグとハミルトンのポイント差は僅かだから、どっちを応援するか迷うよ。ハミルトンは何回も優勝してるからロズベルグにタイトルを取ってもらいたい気もするけど、一度はかなり差が開いたのに必死に追い上げるハミルトンにも頑張ってもらいたいよな。

結局どっちなんだよ?

本当はフェラーリのベッテルかライコネンにタイトルを獲ってもらいたいんだけどさ。

今から逆転は無理なんだろ。

来年に期待した方が良さそうだよな(^_^;) ところで、ソヒョンが出演してる「麗 ~花萌ゆる8人の皇子たち~」の話だけどさ、皇帝の座を巡る皇子たちの争いに決着が付いたんだよ。第3代皇帝の定宗は自分が死に追いやった皇子たちの幻覚とかを見るようになって、挙句に衰弱死して、結局、第4皇子のワン・ソが高麗の新しい皇帝(光宗)になるんだよ。

ワン・ウクは皇帝になれなかったのかよ?

ワン・ソの方が一枚上手だったんだよ。ワン・ウクは第3代皇帝 定宗の影のブレーンとして暗躍したけど、ワン・ソが新しい皇帝 光宗になった後、光宗のワナにハマって危うく死刑になるところをヘ・スに救われたんだよ。

どんなワナに引っかかったんだよ?

ワン・ウクが光宗にタカ狩りのタカを献上しようとして光宗の前で鳥かごの覆いを取るとタカが死んでたんだよ。死んだタカを献上するのは皇帝への呪いではないのかってことで謀反と見なされてさ。でも、それは光宗がワン・ウクを陥れるために仕組んだワナだったんだよ。ワン・ウクは死刑は免れるけど、帰郷刑になって家から出られず、常に兵の監視下にある生活を余儀なくされるんだよ。

家から外に出られないのは辛いな。

ワン・ソはヘ・スのお陰で皇帝になれたけど、ヘ・スは次第に光宗を怖れるようになって、皇宮を離れるために第14皇子のワン・ジョンと婚姻するんだよ。でも、実際は夫婦というより友達のような関係なんだよ。そばにいるけど形式上の繋がりしかないというのがいいのかどうか悩むよな。心は手に入れられないということだよ。それでいいのか、それで?( ̄д ̄;)

ペーターが悩む必要はないだろ。ていうか何の話をしてるんだよ。

ヘ・スは、ジョンの家で光宗の子供を出産するけどだんだん体力が弱って死んでしまうんだよ。そして、ヘ・スの体から抜け出たコ・ハジンの魂は再び現代に戻って、コ・ハジンは元の生活を送るようになるんだけど、ある展覧会で高麗の絵を見て昔の記憶が蘇るんだよ。結局、光宗は血の君主として後世に名を残した訳で、過去は変えられないということだよな。

過去が変わるとマズいんだろ。

そうだな。タイムマシンに乗って過去に遡る話はよくあるけどさ、過去が変わってしまうとそれは元々いた世界とは違う別の世界ってことになるからな。

だんだんややこしい話になるよな。

しかし、やっぱり血の君主ではマズいと思うんだよ。ワン・ウクのような男が武力でなく穏やかに世の中を治めるのが理想だよな。

ワン・ウクは前の皇帝の影のブレーンとして活躍したんだからワン・ウクも策士なんだろ。

でも、皇帝のワナにハマったのは油断だよな。カーク、ワン・ウクの失敗は、皇帝への贈り物を間違えたことだよ。ハリー・ポッターに出てくるヘドウィグのようなフクロウを献上すべきだったんだよ。

高麗の話に何でハリー・ポッターのフクロウが出てくるんだよ。

例のダイアゴン横丁に行けばフクロウも売ってるはずだよ。魔法の世界の鳥だから、そう簡単には死なない気がするし、皇帝には、狩りは出来ないけど伝書鳩のように便りを運ぶからとても役に立つと言えばいいんだよ。ええ、このフクロウは、読むとサンバのリズムで踊ってるかのようにテンションの上がる手紙を運んでくるのですよ( ̄д ̄;)

たいしてメールも来ないし、ペーターにピッタリの鳥だな。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨークタウン | トップ | 後百済の王女 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL