ペータ-の ブログ

音楽や映画の感想とか、モータースポーツについてなど…

ファンタスティック・ビースト

2016-12-24 13:18:36 | Weblog
カーク、こないだ、映画館で「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を見たよ。ハリー・ポッターのスピンオフ作品で、舞台はハリー・ポッターの話よりだいぶ昔の1926年のニューヨークなんだけどさ。

今頃見たのかよ?

見たのは1週間前ぐらいだけどさ。かなり寒い日の晩にレートショーで観たよ(^_^;) ファンタスティック・ビーストは「幻の動物とその生息地」の編集者である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの物語であると同時に、ノーマジのジェイコブ・コワルスキーがいかにして、パン屋をオープンするに至ったかという話でもあるんだよ。

ノーマジって何だよ?

ノーマジとはノー・マジックの略で、ハリー・ポッターのマグルと同じ意味だよ。魔法を使えない人ってことで、一般人のことだよ。アメリカの魔法使いは一般人をノーマジと言うんだよ。ニュート・スキャマンダーは、ノーマジの前で魔法を使ってはいけないという魔法使いの法律に違反した罪で元魔法の杖認可局職員のティナ・ゴールドスタインに連行されるんだけど、スキャマンダーのトランクに入ってた魔法動物たちが逃げ出してニューヨークの街は大混乱になるんだよ。

ノーマジの前で魔法を使ったらいけないという法律があるんだな。

仮に魔法を使わざるを得ない事態になっても、魔法を見たノーマジからその時の記憶を消せば罪は軽いみたいなんだけどさ。コワルスキーには自分のパン屋をオープンするという夢があって、トランクに自分で作ったいろいろなパンを詰めて銀行に融資を受けに行くけど担保がないからアッサリ断られてしまうんだよ。銀行は危険を冒しません、って言われてさ。

銀行も慈善事業をしてる訳じゃないよな。

そうだな。銀行に融資を断られて落胆したコワルスキーは帰る途中に自分のトランクとスキャマンダーのトランクを間違えて、コワルスキーは事件に巻き込まれるんだよ。街ですれ違った時に二人のトランクが入れ替わって、そのことに気が付かずにコワルスキーは自宅でトランクを開けてしまうんだよ。

魔法動物が逃げ出したんだな。

でも、魔法が見れたら楽しそうだよな。コワルスキーは事件の関係者として、ニュートとともに、ゴールドスタインが妹クイニーと共同生活をしてる家に一時的に連れて行かれるんだけど、みんなで夕食を食べる場面が楽しそうだったよ。魔法で素材からだんだんと料理が完成して、目の前のお皿に乗るんだよ。

ファンタジーの世界だな。

でも、ゴールドスタインの妹のクイニーには人の心を読む能力があってさ、そういう女性には隠し事は出来ないよな(^_^;)

ペーターみたいなエロいオッサンは速攻で逃げた方が良さそうだよ。

まぁ、男ならセクシーで美人の女性の前で考えることは似たようなものだと思うよ(ー ー;) 魔法の世界で魔法動物を見ていて、コワルスキーがつぶやくんだよ。夢じゃないよな。俺の頭じゃ思い付かない、ってさ。夢かどうか分からない時に自分のイマジネーションのレベルを超えているなら、それは夢ではないってことなんだよ。

そういうシチュエーションはあまりないと思うけどさ。結局、コワルスキーはパン屋をオープン出来たのかよ?

コワルスキーは、魔法の世界の記憶を消されて、一度は元の缶詰工場の仕事に戻るんだけどさ、ニュートがコワルスキーにオカミーの銀の卵をプレゼントするんだよ。通勤途中のコワルスキーにニュートがぶつかって、後に残されたスーツケースにはオカミーの卵と、あなたの支援者より、というニュートの手紙が入っていたんだよ。コワルスキーはそのオカミーの銀の卵を担保にして銀行からお金を借りてパン屋をオープンするんだよ。

それは良かったな。

主人公ニュートをエディ・レッドメインが演じてるんだけどさ、レッドメインと言えば、SFのジュピターで宇宙を支配する王族のバレムの役だったんだよ。

ジュピターってどんな映画だよ?

前に、ジュピターの話もしたけどさ、(2015年4月11日付 ジュピター)人類は誕生したのではなく栽培されたという設定なんだよ。その王族たちは人類から若さのエキスを抽出して永遠の生命を手に入れたんだよ(ー ー;)

ハリー・ポッターの夢のある世界とはかなり設定が違うな。

人類を奴隷か家畜程度にしか考えてない王族の役だからさ。しかし、宇宙を支配する冷酷な王族の役よりは魔法使いの方が楽しそうでいいよな。役者としても、ハリー・ポッターのスピンオフ作品の主役なら知名度は一気に上がるしさ。

天下のハリー・ポッターだからな。

ところで、中世のヨーロッパの話だけど、騎士のペーターはステンドグラス職人に、ドラゴンの血と引き換えにステンドグラスの船を作ってあげると言われて、美人の人魚かそれとも船か迷ったけど、結局、船を作ってもらうことにしたんだよ。ステンドグラス職人にも魔法使いの素質があるのかもしれないと思ってさ、今すぐは無理でも、いずれは船がステンドグラスに戻らないように出来るかもしれよな。

まぁ、ステンドグラス職人に魔法使いの素質があれば、そういうことも可能かもしれないよ。

しかし、魔法動物のニフラーがペットならいいよな。ニフラーっていうのは光るものが大好きで、宝石とか貴金属を集める習性があるんだよ。毎日、今日は何を拾ってきたんだ?って訊いてさ。ポケットの中を見せてみろ、今日は金貨10枚か、その調子だよ、とか言うんだよ(^_^;)

何がその調子だよ。

しかし、ランボルギーニを買うにはまだまだだな。今日はとりあえず缶詰2つだな、その調子で頑張れ( ̄д ̄;)

金貨10枚で缶詰2つってセコいオッサンだな。て言うか、ニフラーが現行犯で捕まったら関係ない振りをしそうだよな。















豪華魔法が飛び出す!『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』予告編
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ステンドグラス職人の申し出 | トップ | 1989 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL