ペータ-の ブログ

音楽や映画の感想とか、モータースポーツについてなど…

春の夜の夢

2017-03-20 23:56:57 | Weblog
カーク、ソウルの地下鉄で目が合った女の子に声をかけなかったのをとても後悔しているんだよ。

仮に韓国語が話せても、そんな度胸は無さそうだけどさ。

そんなことはないよ(ー ー;) 今日はいい天気ですね、とか何とでも言えばいいだろ。

地下鉄で初めて出会って、今日はいい天気ですね、なんて言う奴はいないだろ。

そうかもしれないな。それなら何て言うんだよ?

一緒にお茶でも飲みませんか?って言えばいいんじゃないのかよ?

まぁ、いきなりお茶に誘っても成功する確率はかなり低そうだけどな。まだまだお前も勉強が足りないな。

人のことが言えるのかよ。

ところで、日本と韓国の関係はたまにちょっとしたトラブルがあるようだけど街を歩いていて前と変わったことも特になかったよ。しかし、次も親日路線の大統領がいいよな。K-Popのガールズ・グループが日本でもアルバムを出して、来日公演をたくさんやってくれるといいと思うよ。

ペーターはいつまでも独り者で、K-Popのライブとか握手会だけが楽しみの寂しいオッサンになるんだよ。

カーク、こっちを向いて歯をくいしばれ(;`皿´) まぁ、今日のところは晩ご飯抜きで勘弁してやるよ。

最近は安売りの缶詰ばかりだけどさ。

文句を言わなくていいんだよ。実は週末に、また「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」をレンタルして観たんだよ。アリスはワンダー号の船長なんだよ。前作の最後でアリスはワンダー号でイギリスから中国を目指す船旅に出るんだよ。無事に中国での取引も終えて帰国の途につくんだけど、マラッカ海峡で海賊に追われてさ、行く手には浅瀬があって船が座礁する危険があったのに、船を傾けてなんとか突破するんだよ。経験を積んだ船長でもなかなか出来ないとっさの判断だよな(^_^;)

ペーターがステンドグラスの船で航海に出るなら代わりに船長をやって貰えばいいんだよ。

まぁ、そういう意見もあるだろうけど、アリス・イン・ワンダーランドは中世よりもっと近代の話なんだよ。余談だけどアリス役のミア・ワシコウスカは割と好きな女優なんだよ。ロシアとか旧東欧系の美人はいいよな。ミア・ワシコウスカが船長だったら自分は船長の座は譲って一等航海士でもいいよ(^_^;)

ペーターが一等航海士の船なんて、いつの間にか魔の三角海域に飲み込まれてそうだけどさ。

馬鹿を言うなよ(-"-;) そんな間抜けなことにはならないよ。ところで、中世のヨーロッパの話だけど、ついにステンドグラスの船が処女航海に出る日がやってきたんだよ。

シャンボール城からトゥーロンまで何日もかかって旅をしたのかよ?

馬に乗ってだから1週間はかからないけどさ。ステンドグラスの船をウイスキーの空き瓶に入れて、馬に乗ってトゥーロンまで行ったんだよ。ケロロ姫とソリョンも一緒にさ。トゥーロンの海岸に出て、騎士のペーターが空き瓶を波の打ち寄せる岩の上に置いて呪文を唱えると空き瓶に入っていた小さな船が一瞬で大きくなって、海に浮んだんだよ。実に素晴らしい光景だったよ。騎士のペーターは、まさに7つの海を制覇する船になるんじゃないかと思ったんだよ。

て言うか、いつの間に魔術を習得したんだよ?空き瓶に入った船を元に戻すのには魔術の力が必要なんだろ。

細かいことはいいんだよ。とりあえず処女航海ということで、約3週間程の船旅でさ、トゥーロンからイタリアのナポリやシチリアを経由してヴェネツィアまでを往復するという計画なんだよ。

やっぱりイタリアに行くからトゥーロンなんだろ。

そうじゃないと言ってるだろ(ー ー;) ステンドグラスの騎士たちは相部屋だけどケロロ姫とソリョンは女性だから、一人部屋の船室ということにしたんだよ。でも、どっちが騎士のペーターの船室に近い船室にするかで争いが起きてしまったんだよ。これは困ったことになったと悩みの尽きない騎士のペーターだったんだよ(^_^;)

それはどう考えてもおかしいだろ。何で騎士のペーターがそんなにモテるんだよ。

確かに少し変だよな。騎士のペーターはステンドグラスの船で処女航海に出たと思っていたけど、全ては騎士のペーターが春の夜に見た夢でさ、目を覚ますと騎士のペーターは馬小屋で寝ていたんだよ。カーク、こっちを向いて頰っぺたを出せ(;`皿´)

いい加減ワンパターンだろ。やっぱり夢だったのかよ。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東大門 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL