(有)村田牧場通信

(有)村田牧場から情報を発信するブログ

【セレクションセール上場馬 № 51】ゼフィランサスの2016(牝)

2017年06月13日 | セール上場馬




7月17日(前日展示)、18日(セール当日)に開催されるセレクションセールに、当場からゼフィランサスの2016とハーランズルビーの2016を上場します。

今回はまず、上場番号51番のゼフィランサスの2016を紹介したいと思います。

本馬のブラックタイプはこちらをご参照下さい。

父ハービンジャーは、着実に種牡馬ランキングを上げてきている活躍種牡馬です。

本馬と同じハービンジャー牝駒のモズカッチャンは、G2フローラSを勝ってG1オークスを2着しています。

ちなみに、オークスでは4着のディアドラ(G3ファンタジーS3着の実績あり)もハービンジャー産駒でした。

また、3歳牡馬のペルシアンナイトはG3アーリントンCを制した後、G1皐月賞ではクビ差の2着と健闘しています。

このように、芝中距離路線を中心に活躍馬を送り出しているハービンジャーですが、その勝ち鞍もやはり芝のほうに集中しています。

当場においては、はじめてハービンジャーを種付して生まれたのがこのゼフィランサスの2016ですが、ハービンジャーを配合する際には芝で勝ち鞍のある繁殖牝馬が望ましいと考えていました。

母ゼフィランサスは、3勝目こそダートでしたが、最初の2勝は芝レースでしたので、ハービンジャーの配合相手には合う繁殖牝馬だと判断しました。

現時点でのゼフィランサスの2016は、丸みを帯びたしっかりとした馬体で、気性面でも勝ったところがありますが、これらの特徴は母の幼少時に共通するものがあります。

母も獣医いらずの丈夫な馬でしたが、本馬もその体質は受け継いでいるようで、昼夜放牧そしてセリ馴致に対しても順応できる芯の強さを備えています。


さて、ここからは本馬の血統・配合を説明します。



ハービンジャーはAlmahmoudの血を6本持っていて、そのAlmahmoudが優れた瞬発力を伝える傾向にあることを考慮すると、産駒は芝向きに出やすい種牡馬だと言えるでしょう。

日本でAlmahmoudの血を持つ種牡馬と言えば、何といってもサンデーサイレンスですが、ハービンジャーがこのような血統パターンを持つためか、サンデーの血を持つ繁殖牝馬とは相性が良いようです。

正確に言えば、サンデーがAlmahmoudの孫であるHaloの血を持つからですが、この観点からするとHaloを持つ繁殖牝馬とは相性が良いはずだと考えて、ゼフィランサスに配合することにしました。

上記血統表を見てわかるように、ゼフィランサスはその父キングヘイローを経てHaloの血を持っています。

彼女はHaloのほかにも、同じAlmahmoudの孫であるNorthern Dancerを2本持つので、計3本のAlmahmoudクロスを持っていることになります。

つまり、ゼフィランサスの2016は父母から計9本のAlmahmoudの血を受け継いだわけです。

Almahmoudクロスは、日本の競馬に対して非常に相性の良い血脈なので、この血が強いというのは血統的長所になり得ると考えています。

一方で、母ゼフィランサスについてですが、詳しくは以前ブログで取り上げていますのでこちらをご参照下さい。

ゼフィランサスの血統的特長として、ダンシングブレーヴ≒モガミポイントを指摘しましたが、この相似クロスはハービンジャーがShareef Dancerの血を持っていることで、娘ゼフィランサスの2016の代でも活かされることになりました。





これら3つの血脈は、父系がNorthern Dancer系であり、母がNearco/Prince Roseのニックスから成る血脈(Sir Gaylordやボールドラッド)やTom Foolを持つ点で共通しています。

相似クロスを持つ馬は、しばしば高い競走能力を持つ傾向にあり、当場では良く用いる配合手法です。

ゼフィランサスの2016の血統には、デインヒル≒マルゼンスキーという相似クロスもあります。



こちらは、父系がNorthern Dancer系であり、母がBuckpasserの血を持つ点で共通します。

大まかではありますが、以上がゼフィランサスの2016の血統的特長になります。

セレクションセールまで1ヶ月以上ありますが、セリ馴致は順調に進んでいます。

非常に飼い食いの良い馬で、夜間放牧中なので腹回りがやや草太りの様子があります(苦笑)が、基本的にはこの健康的な丸みを帯びた馬体の雰囲気を残しつつ、セールに向けて程よいダイエットを行いたいと考えています。

興味のある方は、当場HPからご連絡頂くか、当ブログに連絡先を添えてコメント欄にご記入下さるようお願いいたします。(表示はされません)

当場から折り返し連絡させて頂きます。

次回のブログでは、もう1頭のセレクションセール上場馬であるハーランズルビーの2016を取り上げます。

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【血統・配合】キングヘイロ... | トップ | 【セレクションセール上場馬... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

セール上場馬」カテゴリの最新記事