JA1WSE移動アマチュア無線研究場

無線研究活動を写真と日誌で記録するノート

CQ-P6300 修復 受信できるようになった

2017年07月22日 | アマチュア無線
マイクユニットが手に入った、CQ7100の記事をヒントを得た、NECのこのシリーズはマイクを挿さないと受信回路がオンしないのだというのである。他のメーカーでは考えられない設計である。
 挿してSPよりザーザーおんが出た。
 アンテナを繋いでみたら何か聞こえた

 送信したら3Wくらいは出ている
 周波数を変化させてみたら、丁度Esがでていて北海道が強く入感した。SSBなのでモガモガだがAM受信感度は良好な状態。これで修復に目途がたった。
束線をすべてバラバラにし、しかも変調トランスを引き上げ、低周波回路の配線を確認。6ピンのdinコネクターの配線に何かある。
ハンドマイクの内部配線はこうなっていた。本体内部に送受信切り替えのリレー回路はなく、PTTのb接点で受信部のミュートしていた。2ー3繋がないと受信がオンしないということがわかった!
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電波の飛ばし方 | トップ | 機能確認し取り扱い方法と回... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アマチュア無線」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。