~紫上の茶亭~

お茶でも飲みながら
まったりとおしゃべりしましょう(*^^)

療育の時に気持ちが荒れてるコ

2017-01-25 | 日々のできごと
親子療育の年中・年長クラスに
毎回気持ちの整理がつかずに泣いてる
年長の男の子がいます。
(発達障害児に起こるスタンダードな出来事ですが)
「一番がいい」
「おもちゃは僕だけが使いたい」
「この場所がいい」
などこだわりが強く
2時間の療育で4~5回は荒れています。
機嫌よく過ごしていても、よく奇声を発しています。

そのコとは年少クラスでも一緒でした。(年中は別クラス)
年少の頃も多動でこだわりがありましたが
今みたいに奇声を発することは無かったし
今の方がひどくなった感じがします。

家庭ではなんの手立てもされていない様子・・・
3年近く療育に通っても、療育に通うだけでは
なにも変わらない、ということが立証されたように思いました。

なぜ、療育の先生は家庭での支援の仕方を
教えないのか!?と憤りを感じます。
3年も通ってるんだから、親に対して
教えられることがあったんじゃないの!?

早期療育って、一体なんなんでしょう?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お手紙 | トップ | 保育園の準備 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々のできごと」カテゴリの最新記事