あうりのPSO日記

ファンタシースターオンラインシリーズ。昨今PSO2が主体の中、リアルな事も含めてPSO人生を語る日記です。

ファンタシースターオンライン2

PSO2_420x150_応援バナー02

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017 迎春

2017-01-01 03:28:02 | PSO2

明けまして、おめでとうございます。

また、新たな年がやってきました。

それは、貴方にとって良い年になるのか、そうではないのか、

どちらにせよ、それが定めであり、人生である。

 

しかしながら、定めと諦めるより、

苦しくとも、もがき足掻く方を選ぶ、

私こと、あうりDEATH!!

 

今年も、PSO2よりBABYMETALの記事が主流になりそうな悪寒がしますが、

いかんせん、筆が遅くタイムラグにままなりませんが、

どうぞ、よろしくです。

 

貴方にとっては、良い年でありますように。。。

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

レッドナイト③

2016-11-13 15:50:44 | BABYMETAL

東京ドームと、一言で言ってもかなり広い。






そこで、俺は思ったね。

いったい何処へ行けば良いんだ?







自信で知らない事は、他人にも聞けやしない。。。







早くも、今日の格言。

「旅の計画は、未計画」

何でかって? 計画通りだとつまんないだろ? イライラするしな。


だが、大事な事は有る。


それは、想像と想定だ。


最悪な状況にどのように成るか分からないから、柔軟に対応出来るように、

自信で想定しておくべきだろう。


それには、想像力が必要だ。

(知らないと、もっとイライラするもんなのだが、ここは聞き逃してくれ。)






一言で「最悪」ってなんだ?って事だが、いろいろ有る。






例えばだ、



外国へ行ってパスポートを無くすとか、迷子になるとか。

コレって、まさに最悪以外の何物でもないだろう。

現金を落とすぐらいなら、まだ良いほうだと俺は思っている。


。。。ロンドンで、最悪一歩手前まで行ったからなワシwwwワハハ






だが、持ち前の根性と気合で切り抜けて来たからな。






ウソだよwww 




そんなもん根性と気合で切り抜けられる訳が無い。



諦めない事と、開き直りで切り抜けたのかもしれない。


話すと長くなるので、機会があったなら書く事もあるかもしれない。

ミスターTにも励ましてもらったしな。





ツアーだったので、いろんな人の助けと励ましがあったからこそ、




今の俺がある。


まぁ。。。悪く言えば、多大な迷惑を掛けたとも言えるな。


その時の格言だけは言っておこう。

「パスポートは、貸金庫に預けるな!」だ。


今回の場合は、電車が止まって時間が切迫するとか、

チケットを何らかの可能性で無くすとかだろうな。

何なら、財布やカードを丸ごと無くすとかな。いろいろ有る。

そう言う事が、有り得る事は想定して覚悟しといた方が、気持ちは楽?(笑







さて、話は東京ドームに戻ろう。


何せ、うっとおしい雨が降っているものだから、ウロウロしようにもおぼつか無い。

この、やるせなさは、言葉では伝わらないだろう。

雨が降っているから、ちょっとソコへ行こうとか、アソコへ行こうとか、

それなりにアクティブに動くことが難しかった。


取り敢えずは、小型のショッピングモールの様な場所で一息入れる事にした。

周りを見ると、大勢の人が居るのだが、ほぼ全員BABYMETALのTシャツを着ている。

スゲェヨまったく、この日、この瞬間、世界はBABYMETALの為にあるよう。


通路の端はしにメイト達がたむろしている中、一人の女性に気が付いた。

どこかの外人なのだが、ふくよかな体格もあってか、すげぇ巨乳であった!!

胸空きの服から美しい白い谷間が零れ落ちそうだった。。。スマン、目に焼き付いてるんだわ。

。。。寒くなかったのかな。。。いらぬ心配をするくらい、この時はまだ余裕があった。


まぁ、いろいろな意味で楽しいのは違いない。

まだドームの中にいる訳でもないのに、この小さなモールの中に居るだけで小さな感動を覚えた。


ボサっとしているのも何なので、ポケモンGOでもやってみると、

ここでもやっぱり「ポッポ」と「コラッタ」が出やがる。

結構沢山のポケストップがあり、あちこちでルアーを使っているらしく、

モンスター自体の捕獲には困らなかった。

BABYMETALXポケモン好きも結構いるようだ。

チラっと横目で見てみたら、Tシャツ着た連中のスマホからポケモンをやってるのが見える。



そうこうしている時に、「ハッ!?」っと気が付いたのだけど、


もしかして、外での物販の販売ってあるのかな??


その辺の事は疎いので、今更ながら心がざわめき立った。




ちなみにロンドン・ウエンブリーの時は、先行で午前中に外で物販販売が有った。

同じものが中でも売られてもいた。




モールの上の方にドームがチラっと見えるのだけど、樹木が邪魔でよく分からない。

仕方なしに、小雨がまだ降っているのだけど、見に行く事にした。

実際、ポケモンをやってる場合じゃなかった!!(笑


かくして、予感は的中したのだよ、こんな時に限ってな!!

物販販売・最後尾と書かれたカンバンを持った人が遠くに見えた。




なんたる失態か!




ドームの中で物販販売があると思い込んでいたので、これには焦った。


小走りで最後尾については見たが、販売所が何処なのか、さっぱり分からない。

列の前の方を見てみるが、何処まで続いているのかさえ。。。

樹木が沢山有るのと、まるでソニックのゲームの様に立体的な作りなので、

先がどうなっているのか、皆目見当がつかないでいた。

おまけに皆、傘さしているので、なおさらの事。


2~3列になりながら、クネクネ曲がりくねりながら先へ進む。

しまいには、アーチ状になったツルの木が茂った中に突入していた。

そこを超えても、まだ先が分からない。

1時間ぐらい経ったであろうか? 暫くするとようやく全容が見えて来た。



笑えるくらい人が沢山いた。



樹木に囲まれているので、モールの有る下からだと、気が付かないな。こりゃ。


何気に後ろを見ると、延々と列が続いていた。




まったくもって、雨が憎いぜ。。。










横に長いテントにずらりと販売所が並んでいるのだが、ラインナップのほとんどは、

事前にウェブ上のアスマートで先行販売していた物だったので、

ホッとしたような、残念だったような微妙な気分であった。


だが、ここで注目するのは、この場所でしか買えないであろう「黒字に赤文字のハンドタオル」

当然、BABYMETALのロゴと、ドゥームズデイのプリントがあしらってある。



ロンドン・ウェンブリーの時は、出店が1テントで、3人の売り子が前に居ただけなので、

買い物の列が何時まで経っても、縮まることが無く永遠に感じられたが、



東京ドームの出店テントは凄かった。



横長のテントの長い方の側面を使って、1つのテントに3人の売り子だったかと記憶している。

それが、7列ぐらい並んでたんでなかろうか?

階段上にあったんだけど、近くまで来ると驚くように早く買い物ができたと思う。

雨が降って無かったなら、もっとスムーズに買い物が出来た。。。だろうなぁ。。。

実に惜しい、数回並ぶ事も可能だったろうなぁ。


ハンドタオルが残っていればの話だけどな!!




雨、降ってたんでな、あちこちの濡れを拭くのに惜しげなく使ったぜ!!




俺のような欲深い人間は、当然のごとく保存用も持って居たくなるw

だからといって、もう一度並ぶほどには体力は無い。

ドームの中に入っても物販販売は有るだろうから買えるだろう。


と、甘い考えで、買い物を終えた訳だが、手すりを挟んで隣にも出店テントが有る。

だが、買い物客が一人、二人いるがすぐに何も買わずに帰って行く?


何だろうかと見に行くと、ファースト、セカンドアルバムのCD、

本国が地元なのに、何故か「来日記念版」として紙ジャケットのCDが売られている。


いや、これは通販サイトのアスマートですぐに買っていた物ではあるが、

東京ドーム限定で、それぞれのCDジャケットの絵柄だったかのクリアファイルが付いていた。

「くっ、/(^o^)\ナンテコッタイ」欲しかったが、もう流石に同じCDはいらないよ>< 泣

おのれ、プレスし過ぎて売れ残ったんだろうなと、よこしまな考えがよぎった。

特にファーストアルバムの内ジャケットが、これのみの絵柄なんで、

飾って置く用と、保存用にと。。。ゴニョゴニュ

かなり、長い時間、後ろ髪を引かれたのは言うまでもない。。。もう髪は長くないけどな。





結局は買わなかった!!!


今、若干、後悔しているところだ!





買い物を終え、そろそろ良い時間になって来ていたが、まだ午後4時過ぎくらいだっと記憶している。

傘を差しているとは言え、長い事雨に晒されていたのと、タバコを吸っていなかったので、

モールの側に喫煙所があったので、あそこまで戻ることにして喫煙を楽しんだ。


とにかく、この場所は、東京ドーム周辺は、BABYMETALワールドと化していた。

何処にいても、BM のファンであるメイトや、その友人達なので、

話し合う事はないけど、気持ちが通じる仲間が、ソコに居るってだけでゾクゾクするもんだ。



セプテンバーの冷たい雨が降ろうとも、熱い気持ちは、みな一緒だ。

そんな気持ちも持ったまま、そろそろ会場入りの為に、

俺は、並ぶ場所を探し求めた。。。




SEE YOU!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッドナイト②

2016-10-20 21:20:05 | BABYMETAL
ダークグレーの気まぐれな空は、





焦らすように、憂鬱な雫を落としている。





俺も気まぐれな人間なので、




どうって事はないが、



出来る事に制限を付けられるのは面白くはない。






御茶ノ水駅周辺を見まわしたところ、入りやすそうな店はロッテリア。

2階が喫煙OKなのと、雨やどりが目的。

早く何か食べたかったのと、何よりタバコが吸いたかった。

適当にハロウウエンセットを注文して、二階に上がる俺。

持ってきたINGRESSのスマホ用の携帯充電器でアイホンの充電をしつつ、

この後の予定を考えてみた。



時間に余裕があったので、ぼんやり外の風景を見つめている時に気が付いたのだが、



御茶ノ水に水道橋だって?



今更ながら、何故そう思ったのか、よく分からないが、

なんで、水がゆかりの名前の町が二つも続いているのは、なんだろうか?

昔はここら辺、川とか水が豊富にあったに違いないと、

眼前に流れる川を見て納得したりした


川ぐらい何処にでも有るだろう?とか思わないように。

なんとなくだけど、妙に納得するような雰囲気なんだわ。

雨が降ってたけど、小雨と霧雨の間の様なしっとりとした情景が地名と同化していた。

時間はおおよそ、14時半頃だったと記憶している。



雨足を見つつ、ロッテリアを出てスマホのマップ情報を見ながら歩きだした。


その前に、店を出る時に、かわいいカウンターの子にドームの方向を聴いたのだが、

思っていたのと逆だった。。。おかしいなと思いつつも従う事にした。



何でかって? かわいい子の言う事だからに決まってる!! (キッパリ!


だが、聞いた方向とはやはり、俺のスマホの位置が逆なんだよな。。。




しばらく歩いて見ると、通常に東京ドームへと向かっていた。

どうにも衛星が悪いのか、俺のスマホ悪いのか。。。つかえねぇなまったく。

聞かずに、自分の直感だけで歩いていたら、間違いなくトンデモ珍道中になったんだろうな。



ここは日本だ、ロンドンとは違う。

日本語が普通に通じるって、本当幸せだ。




ここで、一つ格言を、

「迷ったら、聞け」 日本ならな。。。




気まぐれな神々の雫は、降ったりやんだりで、

傘を差すほどでも無かったゆえ、ポケモンGOをやりながら進んで行った。


はぁ、ここへ来ても「ポッポ」と「コラッタ」ばかりだわ。

たまに「イーヴィ」と「アーボ」が居たけどな。。。地元と変わらんな。


ここら辺で、大事なことを思い出した。

ロンドン、ウェンブリーツアーで唯一連絡を取り合った友人を思い出した。

数人いたのだけど、数回連絡をくれてた彼の名はミスターT。


今日、同じ日のTHE ONE SEATをゲットしたと聞いていたので来るのは分かっていた。

出来りゃ話でもしたかったが、彼がドームへ来るのは17時過ぎらしかった。


数日前から連絡とってりゃ良かったんだろうけど、

こっちのコンデションがどうなるか分からなかったからな。

気持ち的に余裕が無いってのは、もどかしいもんだ。

こういうのに慣れていたら、きっと上手くやったんだろうに、惜しい事をした。




知らない土地へ来てるって言うのに、ポケモンGOは無いだろう。。。普通はな。


スマホを見つつ、周りの景色にも注意はしていた。

チラホラとBABYMETALのTシャツを着てる人に出会う。

近付いて来たんだなと、この辺りで実感がわいてきた。

ちょっと大きめの交差点の信号にひっかっかった処で、傘で気づきにくかったのだが、

ほぼ、殆どの人がBABYMETALのTシャツを着ている。

多いんだろうなとは思ったけど、皆着てるもんなんだな。

当たり前と言えば、当たり前なんだろうけど、

地元で、ベビメタのTシャツを着ている人なんて、




俺以外、見た事ないっての(笑




種類は豊富に出ているので、いろんなTシャツの柄が見られて楽しかったよ。

雨が降って居なきゃ、もっと良かったんだろうに。

ONLY THE FOX GOD KNOWS 「狐の神のみぞ知る。」

と、言うけれど、雨を降らせている神が憎いぜ。



因みに、この日の自分のスタイルは、


黒のジャケットに金糸で背中にロゴだけってのあったら欲しいよな。

刺しゅう屋さんで作ってもらったら、いったい幾らになるのやら。



4月にアメリカの通販で見つけた、BABYMETALだけの通販サイトで、

BABYMETAL GO MERCHって名前。


過去に出ていた公式Tシャツのアメリカ版。つまりUS版Tシャツの通販サイト。

その中に、結構な金額の、

METAL RESISTANCE BANDLってのがあって、

ロンドン、ウェンブリー帰りだったので勢いで買っちまっていたのさ。

EU版CD、キャップ、ピンズ、Tシャツ、A4ポスターなんかと同梱だった訳よ。

このジャケットだけ売ってる通販サイトも有った?ようだが、俺には分からなかった。

送料込みで3万円以上したんだけど、来るまでドキドキ☆モーニングだったぜ。

実際は4か月以上待ったんだけどな。(詳細ははぶく


届いたときは嬉しかったでぇ~~イヤホントウ


さっそくジャケットを着てみたら、思っていた以上にデカかったwww


注文したのはLだったので、Mにしときゃ良かったわ。トホホ~ン。


まだ、それほど寒くはないので、袖をまくっとけばなんとか見れる感じだったので、

今回はソレを着て、上京したって訳。


しかして、Tシャツだけではなくジャケットを着て来たのは正解だったよ。

本当寒かったもんな、その日は。。。







レッドナイト③へ、つづく。。。


SEE YOU!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドゥームズデイ・レッドナイト

2016-10-16 20:59:29 | BABYMETAL


       

         雨が降っている。。。

















最初は、ゆるやかであった。










だが、夕暮れが近付くとともに、しだいに風も出て来た。





お茶の水駅出口の ほぼ向かい側に有るロッテリアの二階からぼんやり外を眺めている。









ウェンブリーでの教訓の為、今回はブーツではなくスニーカーで来ていた。


黒字のメッシュに、鮮やかなオレンジのラインがステキな、





夏用のスニーカー




















雨だと言うのに、このスニーカーじゃぁな!と、ボソリとつぶやく俺。。。





相変わらず、何かがズレてる俺。




今回こそは、ブーツだったろうに。。。




毎度の事




俺の人生は、何時もタイミングが悪い。



めったに行動を起こさないけれど、たまに行動するとトラブルが付いて廻る。


運命の車輪に翻弄されながらも、俺は俺の我が道を突き進むしかない。


運命が定めと言うならば、自分で切り開くだけだ。




旅と言うのは、今の時代だと、ネットなどで入念に下調べして、

時間の浪費と、何よりお金の浪費を抑えるべく、最大の知恵を使うべきだろう。

だが、俺はあまりそこに重点をおかない。

何故なら、調べても頭が混乱するばかりだからな。

優柔不断って知ってるかい?

俺はまさに、今の時代には不釣り合いな人間なんだろう。



結構時間を掛けて、どこの宿にしようか調べたんだけどなぁ。



何かこうピーンと来るところが無かったのと、値段高けぇし。

ネットカフェでPSO2をやると、ゲーム内で使えるポイントが貯まると言うね。

魔力にも似た、ドーパミンが俺の頭を駆け巡る。




下調べをした結果、大雑把に言うとこうなる。


9月19日、

地元北陸より新幹線に乗り、→ 東京駅。中央線に乗り換えて → 水道橋駅。徒歩で → 東京ドーム。赤い夜の観戦。

宿泊先はネットカフェなら決めてある、アイ・カフェ・秋葉原店。

レッドナイト観戦の後は、東京ドーム・徒歩(ポケモンGOしつつ) → 秋葉原 → アイカフェ秋葉店。


本実のところネットカフェは、地元にもある「快活CLUB」が良かったんだが、

秋葉店は。よりにもよって女性専用ときてやがる!?

何かと女性優遇が憎いぜ。この社会情勢では仕方がないっちゃ仕方が無いのだが。

健全な紳士には、何とも堪えがたい物があるのは分かって欲しい女性諸君。



ともあれ、最初のミッションの流れはこんな感じである。

ふーむ、むむむ、○○歳を超えた人間の行動する範疇では無いのはたしかである。




俺は、信念を曲げねばならい時があったなら、貫くだろうから、

たとえ草を食ってでも、この荒涼とした世界で生き延びてやるぐらいの覚悟はもっていたい。

ハングリー精神はいまだ健在だぜ。


ま、自分の嫁や子供が居たなら出来もしない、不確かな心意気ではある。が、な。

。。。相変わらず話はそれてしまう。




出来るだけ荷物は少なくしたが、折りたたみ傘はもって来ていた。

だが、本当に雨が降る事は想定外だった。。。


本当は、東京駅から歩いてドームへ行く気まんまんだったからな(笑

会社の若い者に聞いてた話では、東京駅からドームまで歩くと凡そ1時間とは聞いていた。

ポケモンGOしながらだと、3時間は掛かるだろうから、ドームに着く前に力尽きていたかもしれんな。


ポケモンはもはや諦めるしかなかった。


東京駅から。次第に怪しくなってきたダークグレーな空から、神々の雫が降りて来たのは、

中央線に乗ったつもりで、別の列車だったらしく、少しばかり列車に翻弄されていた頃だ。


黄色のラインがそうだよな。。。


中央線で東京ドームに向かっている訳だが、

直で降りるなら水道橋駅なわけで、たしか4つ目辺りの駅がそうだったはず、


御茶ノ水駅の次がそうなのだが、

車内には各駅が表示されてはいるが、何故か水道橋駅には止まらないで、

3つの駅を飛ばして、たしか四ツ谷駅まで行ったと思う。


暫し呆然と離れて行く東京ドームに、俺は自分の人生を振り返る。

これだよ、こういうのが毎回有るのが、俺の人生。。。セ・ラ・ヴィ。。。


これまで、一人でこう言うことは余りやってこなかったので、知らなかったのだが、

改札を出なきゃ折り返し乗ってもOKだとは、自信が無かった。

今回は良い機会だった。

地元の友人に連絡を取り合っていたので、その事を告げられて安心した。


だが俺はいつも、自信の直感を頼りに、常に乗り越えてきた。


階段を上がって反対のホームへ行くと直ぐに列車がやってきたので、飛び乗った。

今度は各駅列車だったように記憶しているが、曖昧ではある。

だが、何故か、どういう訳か、その先の御茶ノ水駅に降りていた。


なんで、往復で水道橋を超えちまっているんだ?



列車とかバスとか、時間厳守の乗り物は大っ嫌いだw



あとで地元に帰ってから理解したのだが、中央線の各駅列車は深夜と早朝だけらしい。

そんな訳で俺が乗ったのは快速列車と言って、主要駅だけであとは飛ばしていくらしい。

御茶ノ水駅から乗り次で水道橋駅へ行くのが正しいのだそうな。

なるほど。。。だから、御茶ノ水駅に降りていたんだな。

つまりだ、ラインはオレンジな!! 快速列車のラインはオレンジ! 紛らわしいわい。





ここで、一つ格言を言おう。


「信じる己の直感は不確か」




たぶん、これが俺自身の運命のトラブルを呼ぶ種なんだろうなwww



まぁ、いい、そう簡単に自分を変えられる物じゃない。



そう、俺は直感と信念を貫いて死すのみだ!





さて、御茶ノ水駅に着いたときに、一つ嬉しい誤算があった。

エレキギターのメーカーで{ESP}ってのが有る。

いやいや、決して超能力開発センターって訳じゃないので、ご安心を。


駅を降りると、向かい側の交差点にESPの看板がずらりと縦に並んでいた。

おやおや、思いがけずESPの直販店らしい。

実はこのESPは、BABYMETALのギターを作った会社でな。

モアメタルとユイメタルが持ってるのが、MINI ARROWってモデルなんだわ。

それの、コラボ版として正規のモデルを販売したって訳。



E-Ⅱ、ARROW-7

神バンドが使っているのはグレーで6弦なんだけどな?

こいつは、7弦のワイヤーなんだわ。。。

普通の6弦ギターでさえ弾けないのに、7弦なんて弾ける訳が無い。

価格が、良く有らんのだ税込み33万円ほど!

凄くカッコイイのだが飾って置くには、高級過ぎる。

   (だが、現在246000円とも26万円とも、通販の場所によって値段がまちまち。)

ひょっとして現物が有るのか見たかったので、店の中に入ってみた。

チラシのコピー?なんだが、あちこちに貼ってはあるが、現物は無かった。

チラシが有ったなら欲しかったな。。。残念。

チラシ、チラシ言うけど、最近はフライヤーとか言うらしい。


一体なんでなんだ? おら、知らねぇよ。。。


飛ぶように配るからなのか、貰ってもすぐに捨てちまって、

風に煽られて飛んでいく様を見て、そう言うのであろうか?


謎は深まるばかりである。(なんの話だ



と、まぁ、寄り道しつつも、幸せな時間を過ごしていたのは間違いないだろう。





余り、後先考えて居ないので、あちこちでカメラ写真は取らないのだけど、

こうやってブログで話すときは有った方が良いのだが、無いものはしょうがない。



チケットは自慢の為?に撮ってはおいた。

このオリジナルチケットは、[THE ONE SEAT]のみであり、通常チケットは無いのでお見せ出来ないが、

他人のを横目で見た限りは、通常の紙チケットであった。




一度に書く体力が無くなってきたので、次回につづく。。。



SEE YOU!!












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9・20 黒い夜 ドゥームズデイ

2016-09-21 00:37:00 | BABYMETAL
赤い夜に続いて、今日は黒い夜。



BLACK NIGHT...DEEP PURPLEのあの曲を思い出す。。。


今回は台風の影響で、道中が本当に辛かった><

前日の赤い夜への道中よりも、この日は雨風が容赦なく、そして寒かった!


節約のためにと言うか、PSO2もやりたかったので、秋葉のネットカフェで一夜を過ごしたんだけど、

朝方が、もうね、寒くてメイドさんに暖めてほしかったよ。。。マッタク


11時半ごろ、駅に向かう前に前日に目を付けていたラーメン屋さんに入ることにした。

「野郎ラーメン」 すげぇネーミングだわ。

外の垂れ流しに、「醤油野郎」「味噌野郎」「豚骨野郎」とか書いてあった・・・

私は味噌ラーメン派なので、「味噌野郎」に味玉を付けて注文した。(味の付いた半熟卵)


食べると、久々に旨いラーメン屋に出会ったと思った!!

麺は、結構な固めなんで躊躇したけど、汁がトロミのようなこってりした濃厚さ。

チャージューがステアリブの和風なような感じで、トロけましたよ。。。

そして、半熟の味玉と、歯ごたえ有りつつ柔らかいシナチクとの絶妙な競演!

その。かもし出すハーモニーときたら。。。。


おっと、何だか、うっかりラーメン屋のレヴューになりそうなんで、この辺にしとくわ。

まぁ、秋葉の電気口の左に出て、すぐ右へ行って信号を渡って右に国道沿いを進み

CLUBSEGA(ゲームセンター)を過ぎ、2〜3個目辺りの小路を左側。
曲がらずともとすぐ黄色い看板が見えるので、近くに寄ったら濃い口OKな人は、食べてみて欲しいラーメンDEATH!!
(画像撮っときゃよかったな。。。でも、無許可だと問題か)



外は相変わらずの雨で、げんなりしつつ前日にもたついた電車と道順は覚えたらしく、

案外すんなりドームまで来てしまったので、しばらくモール内でポケモンGOとしゃれました。

「フシギソウ」の初ゲットしたりしましたが、未だフシギハナへの進化は遠い。。。が、

気が付くと私の鼻からは鼻汁が。。。だってねぇ、寒かったもの。





と、ある友人の友人が台風男と言ううわさがあり、

この日に来てたらしい。。。イヤイヤ彼のせいでは有るまい、と思いつつも、

脳裏に見知らぬ影が浮かんでは消え。。。恨むとかそういう事よりも、

毎回そういうことが多いのは、大変なんだろうなと、変に心配したりもした。


私はどっちかって言うと、トラブルが多いかな。。。

言うなればトラブル男。。。かな。台風もトラブルの内かw


まったくLIVEの事は触れていないけど、今度ゆっくり報告する。。。。かも


では、また、


SEE YOU!!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9・19 赤い夜 ドゥームズデイ

2016-09-19 10:15:22 | BABYMETAL
久しぶりの更新になりますが、

。。。歳のせいか、どぉにも書き込みの気力が出ない。😱

さまざまな、生活習慣に追われていると、

自由な時間は、wowowで撮り溜めた映画などを、
ボケェ〜と見てるような見てないような、
虚ろな時間になっているのかもしれない。


だが、今日からの二日間は、ちょっと違う。

BABYMETALの、2016ワールドツアーの最終公演が、

本国、日本の東京ドームで行われる。

願いが叶って、二日間共に

THE ONE SEAT が、取れたのは稀に見る幸運である。


…。スマホで書き込むのって疲れるわ〜、やれやれ

今、東京に向かって新幹線の中。

また、後でな(笑) あ〜びぃ、バック!



東京駅から中央線に乗って、三駅たったかな?

本当は歩いて、ポケモンGOやりながらドームまで行くつもりだったが、
あいにくの雨なので、電車でGOに変更なんだわ。
こっちは、リアルで乗るだけなんだが。

快速列車は水道橋駅で止まらねぇ〜!?アヘアレ

しかも、4駅飛ばしときたもんだ

ニヒルに気取りながら、反対向いて御茶ノ水まで戻って、
ドームまで歩く事にした。

駅前のロッテリアで一服してる間に雨が弱くなったので、

出かけるとしよう。


そして、

雨の中、ドームの扉が開かれた。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

BABYMETAL SSE ARENA WEMBLEY公演 レポート 後編の後編

2016-05-03 03:16:04 | BABYMETAL
BABYMETAL SSE ARENA WEMBLEY公演 レポート 後編の後編

~伝説の夜・新たなる試練~





今一度、瞳に映った現実を思い出してみた。




夢ではなかった、あの場面を。。。



少ない時間ではあったが、



奇跡の様な出来事と、奇跡の時間は現実であった。。。









長いLIVEになったので、さすがに後半は、



2曲づつ続けて、途中にムービーや、演出効果を入れてきているが、



やってる本人達には、とても短いだろうインターバルだと思う。



せいぜい汗を拭くぐらいの時間しか無いんじゃないかな。








初めて目にした「メタ・太郎」が終わり、



少しの沈黙の後、



おなじみのムービーが始まり、それはBLACK BABYMETALの予見であった。








BLACK BABYMETALとは、



スゥメタルを除く、残り二人のユイメタル、モアメタルのダークな演出の事である。



この間に、スゥメタルが次のソロ曲に備えて着替えなどするのDEATH!







さて、



この日も二人の愛くるしい「4の歌」が始まった。



この曲も、若干アレンジが変わっていたように感じたが、



どうだったろうか。。。記憶が曖昧である。





喜びの4(よん)幸せの4(し)とあるように、



歌詞の部分、ほとんど4繋がりで前向きな言葉の中、



唯一、後ろ向きな言葉が、実はさらに前向きな言葉になっている、



「死ぬじゃない4(し=4)」が本当に素晴らしい表現だと思う。



歌詞の流れがないと、分かりずらいだろうが、興味あったら是非聞いて欲しい。







そして今日、



スゥメタル、2曲目のソロ曲の登場である。



10曲目は「Amore -蒼星ー」であった。





当然、この曲も今回初のLIVEである。



CDですでに聞いていたが、当初それほどとは思わなかったのに、



不思議である。。。LIVEを見てしまうと心が取り込まれてしまうのは何故だ?



いわゆるBABYMETAL MAGICって言うやつだ!






パワーバラードってよく言われるが、



ミデアムテンポであり、どこかアニメっぽい曲だと思っていたのに、





彼女の力強くも美しい歌声が実に心地よく、俺の心に響いた。。。











そして、この時の、この曲の重要なファクターである、演出効果だ!










横から見ていたら、この演出に気が付かない人もいただろうなと思う。




何故なら、後ろの大きなスクリーンに映像が映し出されるのだが、



スゥメタルの背中に、白い羽が生えているように見えるのだ。、






それが、徐々に開き羽ばたくまでになって行く様は、恐らく正面でないと分かりずらいと思う。



近くの正面のモッシュピットに居た連中でさえ、分かりづらかったに違いない。










俺のシート。。。正面の、あの距離感だけが、最高の演出に見えたはず。









めったな事に幸運が訪れない俺は、この日だけは、



いや、この曲の、あの時間帯だけは、人生の中でも稀な幸運だったに違いない。












。。。全世界のBABYMETALファン(メイト)に言いたい!



思うに、この曲の時だけは、俺のシートは、



この会場のメイン席だったと、断言出来る!










レポート中編の冒頭に言った妄想の言葉は、この曲の時の事なのだ。


故に、妄想でもないのかもしれない。。。





まぁ、笑いたいヤツは笑えヨ! 俺は本気だ!! (キッ






誤解の無いように言っておくが、俺だけではない。



後方アルプススタンドの中央周辺の人は皆、あの幻想的な演出に飲み込まれたはずだ!!




だが、もう一度だけ言っておく!!    (あぁ~、くどい


前列、ど真ん中に居たのは、この俺だ!! (←他に自慢すること無いんだからいいだろうw












 
。。。ふぅ、一番言いたい事 言うたから、レヴューはもういいか。。。(ォィ










続く曲は、



言うなればジャパニーズメタルと言えそうな「メギツネ」が始まった。



ファーストアルバムからの選曲だが、



この曲に関して言うなれば、他の国には無いサウンドだと思う。



日本楽器の音を取り入れながらもメタルだなんて、余りに斬新過ぎる。



だが、すでに世界に受け入れられた曲なので、



俺の様な物が、あれこれ言うのは愚門だろう。



まさに、メロイックサインからの変形でキツネサインが高々と掲げられる。









そして、やっとここで「KARATE」が来た。



セカンドアルバムに先駆けて世界発表された曲。



メギツネ→カラテと来れば、否応無しにも日本アピールだ!!





嬉しいね。





BABYMETALは本当に、世界に日本を伝えているよ。



そして、世界がそれを受け入れている。



その場面を、直に俺は目撃したよ!!











おなじみのムービーが流れてきた。。。




IDZ。  イジメ、ダメ、ゼッタイ!



この曲は、そのメッセージもさる事ながら、楽曲自体が余りに優秀。



BABYMETALがこの曲を持っているのは、本当に大きいだろう。






世界中のメイトが、この曲のメッセージに付いて、



英訳して、議論してるなんて本当に素晴らしい。



それも良い楽曲があってこそだ。






俺は流れる曲を聴きながら、初めてなんで一緒に合わせる事に一生懸命だったw



イジメ、(ジャンプ)イジメ、(ジャンプ)イジメ。。。ジャンプの処は垂直に飛び上がらなきゃならんのだが、、



飛び上がるタイミングが合わなくて、思わず笑ってしまう。(苦笑いじゃないんだ



身体が言う事聞かないよ^^;   (はぁ。。。歳は取りたくねぇ。。。



だが、楽しかったぜ!!









そして、俺が渇望していた曲が来た!! 



やっと、この曲が来た!! (大事な事なんで、2回言うw






ギミチョコ!





この曲のビデオクリップを見つけ無かったら、俺はここには来ていないな。



いや、BABYMETAL自体をそれほど好きでなかったかもしれない。



俺のBABYMETALへの出発点だからな。






この日は、何時もと違う事までやってくれた。




モンスターなんかが、倒されて消えるとき、



または、モンスターが出現するときに「ジュワァァァァ。。。」って音がするだろ?



ギミチョコのイントロってあの音から始まるんだけど、





なんと! そのイントロをサンプリングしやがった!!



まさしく、3人のモンスターの登場って訳だ!!!




まったくすげぇよ、他のアーティストがリメイクするから、違いを出すためにやりそうな事を、



自らやるなんて。。。これだから飽きが来ないんだろうな。






そして何時ものダンズ振り。何時ものベースのBOHのヘンドバンギング?



俺は生でそれをSSEアリーナで見ているぜ!











ギミチョコが終わり、



もう、俺のアドレナリンが、カラッカラに成っちまって、もうろうとなった時に、



この日一番長かった?インターバルの後に、






あの曲がやって来た。。。















THE ONE








そうだ、この曲がセカンドアルバムのメインであろう。




しかも、EU盤はイングリッシュバージョンなのだよ。



クィーン・スゥメタルが歌う英語に、



すっかり魅了されちまったモッシュピットの生贄達は、



家に帰ってからもサビの部分の、ラララ~♪って言ってるだろうなぁ。。。





3人の女神が黒ずくめの長いコートを纏って、センター中央まで来て歌い上げるのだ。



横浜アリーナ2日目の時の様な、ピラミッドゴンドラで宙空にはいないけど、



幻想的な演出の中、3人で中央でメイト達に歌いかける姿は、



ワールドツアー2016年の抽象になるだろう、予見させてくれる。





その姿を今度はアメリカで見てみたい。。。( だが金銭的に、オカネ、ゼッタイ、ナイ!!









アドレナリンがカラッカラな俺に、



THE ONEで、緩やかにもう一度息吹を吹き込まれたが、



恐らく、俺のそれはゾンビに違いない。 (何だよ、俺のそれって。。。








なのに、



忘れていた、あの名曲がやってきた!!




ラストを飾るのは、セカンドアルバムの1番の曲「Load of Resistance」だ。



まさに、最後に相応しい曲だ。



ファーストアルバムのEU版のボーナストラックにも入っていたので、



既に、殆どのメイトは周知の曲。





だが、このロンドンのメイト達にとっては、もっと大きな意味のある曲なんだ。



何故なら、2年前2014年のワールドツアーの最終公演が、



このユナイテッドキングダム、イギリスのAcademy Brixtonで初めて披露された曲であるからだ。






本国、日本ではなく、この地での初披露と言うのは、



イギリスや他の国のメイト達にとっても意味は大きい。



本国だけが特別じゃない、世界が特別なんだ!世界は公平なんだ!と解釈出来よう!!







うねるように一体と化す、SSEアリーナの中、



その中で、俺は世界が一つに成った瞬間を見た。



近い将来、BABYMETALがメタルの新しいジャンルの礎になる日は近い。










<4,2 SSEアリーナ:セットリスト>


オープニングムービー

01 BABYMETAL DEATH           ファースト
02 あわだまフィーバー          セカンド
03 いいね!               ファースト
04 ヤバッ!               セカンド

05 紅月 - アカツキ -          ファースト
06 GJ!                 セカンド

07 Catch me if you can         ファースト
08 ド・キ・ド・キ☆モーニング      ファースト
09 META!メタ太郎            セカンド
 
  ムービー
10 4 の歌                ファースト
11 Amore - 蒼星 -            セカンド

12 メギツネ               ファースト
13 KARATE                セカンド

  ムービー
14 イジメ、ダメ、ゼッタイ        ファースト
15 ギミチョコ!             ファースト

16 THE ONE - English ver.        セカンド
  
  ムービー
17 Road of Resistance          ファースト&セカンド












。。。俺は、BABYMETALのLiveを見に、このLONDONまで来た訳だが、




天国と地獄を味わった。。。



天国と言えるものはどんなだったかは、もう言わずもながだが、




地獄と言うには大げさだが、ある煉獄の試練があった。


今回、その事については語らないけど、


もし、時間があったら、その事をどこかで語るかもしれない。。。









★ Thanks a Milion !! SSE ARENA WEMBLEY




最後まで読んでくれた方、ありがとう。



お付き合いに感謝!!





See,You!!



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

BABYMETAL SSE ARENA WEMBLEY公演 レポート 後編の前編

2016-04-27 21:30:06 | BABYMETAL
BABYMETAL SSE ARENA WEMBLEY公演レポート 後編

~歴史の誕生・天国の一夜~







もし、


















天国があるとすれば どんなだろう?











もし、











地獄があるのならば、どんなだろう?











我々は知らなすぎる。。。










太古から語られているのは、ただの妄想に過ぎない。



描かれた絵画にあるのも、妄想に過ぎない。








当たり前のように説法する坊さんも



      「本当は知らないし、見た事も無い。」



のに、来世を問うているのは 愚の骨頂でしかない。。









それが実在するとして、誰が本当の事をしっている?









何処に、実在してる?






心理を知るには、現代人の心は狭すぎる。


出来うる事ならば、本当の事は知りたいが。。。

















精神世界















現実的に一番身近なのは、




個々の精神の中に有る。自分自身の中に それは存在する。








俺にとって、この日の夜が天国だったのだろう。



見方によっては、魔の狂演にもなる。









光と闇が表裏一体ならば、見方次第なのである。









幸いな事に、この日の夜は俺にとって天国であったのは間違いない。







ステージが始まった、その刹那。



一瞬の油断のために、俺は一度DARK SIDEに落ちかけた。





だが、LONDONの天使たちが、俺に気づかせてくれた。


そして、LIGHT SIDE側に居させてくれたようだ。











美しすぎるライティングの演出。


過去のブルーレイのLIVEやWOWOWのLIVEの映像を食い入るように見てきたが、



そのどれよりも、美しく洗礼されていたように思う。



もちろん 生で見ているが故なのかもしれないが。










先に、その日のセットリストを記しておこう。


オープニングムービー

01 BABYMETAL DEATH           ファースト
02 あわだまフィーバー          セカンド
03 いいね! ファースト
04 ヤバッ!               セカンド

05 紅月 - アカツキ -          ファースト
06 GJ!                 セカンド

07 Catch me if you can ファースト
08 ド・キ・ド・キ☆モーニング      ファースト
09 META!メタ太郎            セカンド

10 4 の歌                ファースト
11 Amore - 蒼星 -            セカンド

12 メギツネ               ファースト
13 KARATE                セカンド

14 イジメ、ダメ、ゼッタイ        ファースト
15 ギミチョコ!!         ファースト

16 THE ONE - English ver. - セカンド

17 Road of Resistance          ファースト&セカンド






怒涛の17曲!!


時間にして、記憶が確かなら2時間5分。


後半、イジメ・ダメ・ゼッタイの前とラスト、ロード・オブ・レジスタンスの前に、


ムービーシーンが有ったと記憶しております。








それにしても、



たぶん、今までこれだけの曲数はやった事ないのでなかろうか?







半信半疑だったけど、ステージの曲の合間本当に無いくらいでした。




ブルーレイ等で見るように、かわいそうなくらい無駄な時間が無い!?



どんだけの体力なんだろう。。。まじ心配DEATH!!







曲の順番に空白の部分が、若干休息できるだろう時間ですが、



多少の着替えや、メイクの時間と考えると無いに等しいかもですね。







若いとは言え、この子らは本当に凄い!







ショー事態のレヴューはプロの方に任せるとして(ぉ?




だって、おめぇ、どうせ誰も 俺にそんなもの期待していないだろ?w






それよりも、この記事を読んでほしい。

ヤフーニュースによるローリングストーンズの日本版記事


世界を舞台に戦い続ける「BABYMETAL」の新たな挑戦(前編)

世界を舞台に戦い続ける「BABYMETAL」の新たな挑戦(後編)



やはり、プロの記事は説得力あるわ~。





なので、俺は俺の視点で書くことにするw





ぇ? そんなの最初から分かってるって? そりゃ、御もっとも^^;







いろいろ忘れていることや、誇大もありそうな予感がするけど、



出来うる限り、あの日の真実は語りたい。








それは、とっくに開演してもおかしくなかった時間だった。




ただのBGMの途中、一瞬、始まったのか?と思わせるような”音”があったのだが、




それは、フェイク!だった。。。






誰もが、頭上に?マーク付いていたに違いない。




一瞬上げようと思いつつ、「あれ?まだなの?」



と、思い始めた、その時に、






マジックは、始まったのだ。。。





それが、オープニングだったのか、最初の曲の前だったのか、




覚えてねぇ。。。






だが、何かしら、絶妙なタイミングで「俺たちは焦らされたのは確かだった」








記念すべく、最初の曲は、BABYMETAL DEATH





俺の予想した展開の2番目のプランだったw




ま、そんなものはどうでも良いのだが、ベビーメタルここに参上!とでも言えばいいのか。



もう、涙が出そうになったが、俺はこらえた。







ロンドンの歴史あるSSEアリーナで、日本人アーティストが単独公演やってんだよ!





分かるか?この日本の歴史的快挙が?





言うなれば、1962年にビートルズが日本に来日して、



武道館でLIVEやったのと同じようなもんなんだぜ!?







もしかしたら、もっと凄いかもしれない。







何せ、ロックの王国ロンドンで、ロンドンっ子を唸らせているんだぜ!?



よく分かっていない日本人のお嬢さんが、



ビジュアルだけ見てて、キャー、キャー言ってるのとは訳が違う。










そして、2曲目が、あわだまフィーバー。





どういう訳か、プロショットがYOUTUBEで配信されてしまっていたので、



それを見てしまっていたが、どうやら「2015新春キツネ祭り」のBDの物だったらしい。



どっちにしても、そのCDは公式で手に入れていたので、



ファーストアルバムには無い、その曲がこうしてLIVEで見れたのは、



まさに、バブル・ドリーマーだ!!   (←曲のタイトルと言ってる意味がちがうw



まぁ、いいんだよ、そんなものは適当で。








3曲目は、きっとカラテが来ると思っていたんだけど、



意表を突く、「いいね!」だった。



正直、内容覚えていません^^;



覚えているのは、ライティングの色がやけに鮮やかであった。




ベビメタの出ているBDやDVDってのは、赤が基調で割と暗いのが多いのよ。




こんなに明るいライティングって知らなかった。




もしくは、今年は明るめで行くのか、または実験なのか?



なんにしても、道なき道は開かれつつあるようだ。









そして、4曲目は「ヤバっ!」




この曲も既に、昨年のヨコアリで歌われていたものだが、



私はLIVEで聞くのも見るのも初めてであった。








感想云々言うても、あっと言う間に終わっちゃったので、



覚えているとか、そんな次元では無い。   (←何が言いたいんだかw意味不明



要するに、記憶喪失ってヤツだヨ!











さて、


あまりにも良すぎる、そのシートは手前に手すりまで付いている。



これは、神がくれたチャンスに他ないと、









DARK SIDEが俺に降りて来た。。。










日本では気兼ねするアイホンでの、動画を少しばかり撮ってみた。












5曲目のアカツキのイントロが流れてきた。。。




嬉しさのあまり。アイホンの動画スイッチを入れ見つめる。






何時もより?長いイントロが終わり、最初のバラードの歌い出しの前に、



スゥメタルが特設ステージの先端の下からエレベーターでの登場だった。







序盤のバラードが終わり、間奏の間、


スゥメタルが後ろのステージへ、マントをひるがえして全速力で駆け抜けて行く。



その時に、両サイドからマグネシウムの炎の柱が10数本立ち上っていた。。。





物凄い熱量だろう。



後で聞いたのだが、真横近くに居たツアーの友人が、凄く熱く感じたと言っていた。









。。。だが、そんな大事な場面で






それも、俺はこの曲がものすごく好きなのに、自己嫌悪に陥っていた。



こんな事をしている自分がイヤになって来ていた。







何を、やっているんだ?俺は?




なんで、動画なんて撮っているんだ?










続く、6曲目の「GJ」




BLACK BABYMETALのセカンドからの新曲。




勿論、ここでの公演が初であるのは言うまでも無い。




その途中、「はっ!?」と、気が付いた。








こんな良いシートに座りながら、なんで俺はこんな小さな画像の中を覗いているのか?








だが、”流行りの動画”を撮りたい。。。







右のリトル俺:「バカかお前ぇ!いったい何しにきたんだよ!」





左のリトル俺:「バカめ、せっかくのレアチャンスだぜ、ここで撮らなきゃ一生後悔するぜ!」








恐らく、2度は無いだろう。YOUTUBU等で見かけるファンカムの動画投稿。。。




俺もやってみてぇ。。。思ったが、その時。











バシッ!











何かが弾ける音が、耳元で鳴った!?










きょろきょろと見まわすが、周りは興奮のルツボ。。。




歓喜と興奮と、全てが夢の狂宴のさなか。



俺が俺自身、自分の本来あるべき姿に戻った時だった。










「ふっ。。。」 俺は愚かだった。



それから、二度とその幸福な時間の中で、アイホンを見る事は無かった。












全てを、この目で見て、俺自身の記憶に焼き付けようと誓った。










7曲目の「かくれんぼ」が始まった。。。



今まで見た、どの動画にもない演出が始まったのだ。



ベビメタカラーの朱色のような赤のライティングの中で、







3人の女神は、何時ものステップをこなしているのだが、



まるで小悪魔がはしゃぐように影絵が動く。



女神な小悪魔の狂宴。。。この時の場面は、言葉で表現するとしたら、それしかない!!






5月、4日のWOWOWでこの様子が放送されるそうなので、今のうちに加入。。。する?w



コホン、私は去年に加入済DEATH!!







8曲目は、「ドキドキ☆モーニング」



ファーストアルバム以前の曲であるのだが、何時まで経っても、


どういう訳か、色あせて感じない曲である。




恐らく、LIVEごとに同じことは ほとんどやらないからだろう。



歌、ダンスの振り付けも変わらないのに、ステージングは違っている。



今回、正直ウル覚えなのだが、イントロが違っていたように思うが。。。?



早く確認したいとこである。







9曲目は「メタ!太郎」



日本的パレードっぽい曲調でのメタルサウンド。




だが、間奏の流れるようなギターとシンセサイザーか?が、特徴なんだけど、





実は、この日のサウンドは正直、悪いんじゃないのかな?



大きな音がかなりの割ワレで、酷かったのはたしか。



なので、恐らくギターなんだろうけど、別のサウンドに聞こえていたな。。。



まぁ、裏でサンプリングとかも有るんだろうけど、よく分からなかったな。





言えているのは、この曲はLIVEでかなり生きる曲であると言う事だな。


独特のメロディーラインなので、頭にこびりつきやすいと思う。













さて、ステージ前半が終わったのですが、



正直、このレヴューも今更感な訳ですが、



先、先週から、世の中でいろいろな事件があったので、時間が掛かって居るという事と、



私自身の都合もあり、(ここが一番の原因なのだが






今回で終わりのはずだったのですが、



次回へ続きますw





え?タイトルでバレバレだったって?  (ウハハハハ


BABYMETAL SSE ARENA WEMBLEY公演 レポート 後編の後編へ、つづく!!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やすらかに。。。

2016-04-23 21:38:20 | Weblog
私がもっとも敬愛するアーティスト、




私にとっては、まさに、THE ONE。



PRINCEが、亡くなられた。。。











信じられない気持ちでいっぱいだ。





言葉も無い。。。






ただ、安らかに眠ってほしい。







だが、きっと彼にとっては、第二幕の始まりなのだろう。。。




世界は一つ、全てが愛の世界ペイズリーパークなのだと、


と、唱えた彼の追悼にふさわしい画像が有った。




晴れの日に、


パープルレインを表すような花びらが、ペイズリーパークに流れて行く。。。



まるで、「やまない雨」のように。。。



彼は紫色を愛し、花びらを象徴として、世界平和を願った。













逝ってしまわれる人は、ある意味、幸福なのかもしれない。









見守る人がいるから。。。



















多くの人々と同じように、私も生きている間、











貴方は永遠に私の心に生き続ける。。。























GOOD BYE PRINCE 



MY THE ONE




...I LOVE YOU










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな時だから

2016-04-18 21:44:01 | Weblog
熊本地震により、被災された方々、




今、この時間にでも、必死に頑張っておられるのでしょう。


頑張っているのに、これ以上安い言葉で、頑張れとは言えないけど、


とにかく希望をもって過ごしてほしい。





政治家の方々よ、


派閥や内部云々あるんだろうけど、


こんな時だから、一つになってほしい。







この事以外にも大事なことは多く有る。


それは、分かっている。






だが、被災された方々は待つしかないんだ。



待っている人たちは、本当に苦痛に耐えているのだ。






一刻も早く、救助を待つ人を助け、


物資を必要としている人、介護が必要な人を助けてほしい。









更新してるほど余裕は有るかわからないが、


多少なりともまとめてみた。






今、熊本の方々に何が必要なのか?


何でもいいから善意だから送ればってのは、ちょっとばかり無責任だと思う。


3,11の時にあった、「ありがた迷惑」で言えば、



1.古い毛布、古着。※注 古いと言うより、普通の感覚で使えない物が多く有ったようです。

  一般的な、古着等ではない物。中には強烈な匂いがしたのもあったとか。。。


2、生ものの食べ物。:被災者に行きわたる前に腐ってしまいます。



3、千羽鶴とか寄せ書き類。:気持ちはありがたいが、設置場所に苦労するそうな。



4、訳の分からない外国のサプリメント。:成分が分からないのでアレルギーの誘発の恐れあり。



5、古すぎる携帯電化製品。:電池が入ったままですでに液漏れだとかいろいろ。



6、とにかく、役に立たない物。


捨てる場所に困って、これみよがりに送る人もいます。



どこの場所だったか忘れましたが、結局焼却処分した物もあれば、出来なかった物もあり、


その処分の為に、3000万円ぐらいの費用が掛かった地域もあったと記憶しております。










何が必要か、良く考えてみよう。




1、水。



2、日持ちのする食べ物(乾燥類。。。でも硬すぎるカンパンはNGだろう。
  
  缶詰、チーズ、乾物等、カップヌードル(水や沸かす物が無いと難しいかも)



3、オムツ(大人用含む)生理用品等。



4、出来れば新しい毛布、ブランケット。



5、ガゾリン、点火用品等。






今、思い浮かぶのはこんなところだが、テントとかどうなんだろうな?









まぁ、偽善でもいい、何もしないよりは徳があると思う。








人の好意や、救済を求めている人に、言葉で批判めいてるコメントを見るけど、


出来れば、今はやめてほしいな。


こういう時、救済者は普通の精神じゃないんだ。






私はこの後、組合等の援助等で多少出来る事はあるけど、





それは、本当に小さなことだ、


0,00000001%ほどの希望と祈りだけだろう。






とても同じ気持ちにはなれないのだろうけど、


同じ日本人として、被災者の方々と心共にありたい。


どうか、今を耐えてほしい。。。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BABYMETAL SSE ARENA WEMBLEY公演 レポート 中編

2016-04-15 14:20:33 | BABYMETAL
BABYMETAL SSE ARENA WEMBLEY公演レポート 中編

~歴史の狭間の、奇跡の夜~

4/16追記あり











瞳を開けると、目の前には 遮る物は一切無い。












目前に、ステージ中央の飛び出てる通路の先端に、











クイーン・スゥメタルが立って居る。














そして、俺を見て、




この、俺に向かって歌いかけている!!














そうだ、





この、SSE ARENAは、俺の為にあったのだ!!
















。。。まぁ、妄想はこのくらいでいいだろう。



















どういう訳か、




このアリーナの後部アルプススタンドの最下段、真正面に俺は座っている!










いや、すでにスタンディングで、シャウト!奇声を上げているのだがw




右の、おっさんも恐らく出したことが無いような声が出ているに違いない。




左のねぇちゃんは、二度と座ることなく立ちっぱなし!










このように、遮るも物が無く、奇跡の様な場所。



※あまり調子こいて、画像出すのは良くないと思うので、この1枚だけ。
 何故なら、やはりネタバレになるから。これも本来はダメDeath!! ><
 














前編で、最悪と言えるような場所が俺のシートだと言った。







それは、本当なのだが、



開演、10分ぐらい前に、恐らくSSEのスタッフだと思うのだが、



英語で、こっちむいて叫んだのだ。







何を言っているのか、俺にはさっぱり分からなかったが、


俺の近くの外人たちが歓声を上げて、


真横の正面スタンド席に走って行ったのだ?








そう、後方アルプススタンドの、真正面の約200席ほどある、


VIP席では無いか?と思っていた場所だ。








近くの同胞たちも、「行っていいんじゃない?」「行こう!」



などと言う声がすると同時ぐらいに、俺もすでに横の階段に踏みだしていたw






左横を見ると、まるでゾンビの様に、でかい外人が手をバタバタさせて走るのが見えた。




俺も本当は、少しでも上に上がりたかったんだが、




この外人のパワーには勝てねぇよwww^^;









本意じゃなかったが、押されつつ一番前列に入ることになってしまった。


じゃ、少しでも真ん中へと。。。



思ったが、向かい側のサウスからも、怒涛のようにゾンビが押し寄せて来る。






正直、何が何だかよく分からない状況と言うか、




あまり、記憶がないんだw












俺の身体に何かが憑依して、気が付いたら前列の、やや右側に座ってたんだ!




ところが、左側がすこしづつ移動しだしたので、俺も席を詰めるために移動したんだ。










さらに、移動。。。

















移動。。。

















。。。そして、止まった。

























そこに座ると、ど真ん中だったんだ!!!
















もう一度、前回の図面を出すけど、


分かるかな?やや左上の赤い点が、俺のシートだったんだが。



実際に座っていたのは、








四角い紫色で囲んだ席の、白い小さな小リングだ。





そこが、俺の新たなシートとなったのだ!!
















ロックの神よ、


















キツネの神よ、

















ロンドンの精霊よ、















感謝します!!





SSEアリーナがくれた、このサプライズは、何事にも代えがたい奇跡だ。














隣のねぇちゃんは日本人だったのだ、そして俺にこう言った、



「粋な国だねぇ~」「日本じゃありえないわ、こんな事ぉ~」


と、興奮を抑えられ無い感じで、そう言った。






俺もうなずきながら「信じられない」


「間違いだから戻ってくれ。と、言われても絶対どかないぜ」と笑いながら返した。






正直、この場所に座るときに、ある不安があった。




このシートの前は通路になっていて、通路を編んで下がモッシュピットなのだが、



当然、そには柵が有るわけよ。


画像にも映っているが、(下の方に移っているが、良く見ないと分かりずらい





そこに、ズラリと人が並んでいたので、そこに人が居たら見えないよな思っていた。



だが、始まる前には、もはや誰も居なくなっていた。













ありえない。。。





本当にここに居て、良いのか?





逆に不安であったが、






いよいよ、ステージが始まった時は、もう忘れた!!












いよいよ、オープニング、





今までスターウォーズ等、映画の雰囲気をモチーフにしているんだけど、





今年は、スターウォーズ+ター○○ーターらしいw 正直、めちゃ歓迎Death!!



両方とも大好きな映画なので、すげぇ興奮したよ!!


その雰囲気のまま、歴代のメタルマスター達とのフォトシーンは相変わらずで、


やはり、メタルを押して行くようで安心した。







今年こそ、まだアイアン・メイデンとは絡んでいないので、達成してほしい。







書いてて、なんだが記憶が錯そうしちまってて、



なんか、いろいろ間違いもあるような気がするw



だが、その日に起きた事には間違いないDEATH!!







良く言われる「紙芝居」ナレーションの様な物。の内容が混乱気味である。







その、紙芝居を会場全体で「ボケェ~~」と見てたのだが、



意表を突くように、ドラムのカウントで、「ハッ?」とさせられて、



ファーストアルバムの1曲目の「BABYMETAL DEATH」が始まった。



これは、やられた。。。この曲をLIVEで何度もやっているが、




たぶんだけど、この展開の始まり方は初めてでないだろうか?







始まった途端、怒涛の様なうねりと共に、俺も声を挙げる!










BABYMETAL DEATH! BABYMETAL DEATH! BABYMETAL DEATH! BABYMETAL DEATH! X16


「B」「A」「B」「Y」「M」「E」「T」「A」「L」!


DEATH! DEATH! DEATH! DEATH! DEATH! DEATH! 










「うおおぉぉぉぉぉーぉおぉー」「うあおおおおーーーぉおおおおおぉーーー!」










もう、それしか、ねぇよwww






ほかに、何を言えって言うんだ?







左サウス側の観客席以外のほとんどが立ちっぱなし。





俺の人生始まって、初めてのBABYMETALのステージを生で見ている。





それが、このTHE SSE SRENAとは、俺は俺自身を褒めている。



よくやった、良くここへ来たと。。。








他人からしてみれば、まるで意味のない事なんだろうけど、




俺には十文、十全なんだよ。







こんな事書いているとレポートに成っていないんだろうけど(笑



まぁ、個人の感想なんで、多めに見てくれよ。







今年、世界に向けて、大きなステップアップなチャレンジを始めたBABYMETALサイトの、







最初の舞台が、このLONDONに有るTHE SSE SRENAな訳よ。





もしかしたら、ビートルズの様な世界的なアーティストに成る可能性が有る。





これは、大げさかどうかは、今年に掛かっている。





だから、日本人として、この日本のアーティストを生で見たかったし、


歴史が刻まれる、その瞬間を目にしたかった。






イギリスはロンドン、大陸続きでもないのに、多くの他の国の人間が来ている。




それは、各々が掲げた国旗で分かる。








THE ONE


世界は一つになる。








メタルと言う音楽から、BABYMETALと言う新たなジャンルの音楽に向かって、





世界が一つになることへの、




道なき道を進む彼女達のステージは始まったばかり。













BABYMETAL SSE ARENA WEMBLEY公演 レポート後半へ つづく。。。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BABYMETAL SSE ARENA WEMBLEY公演 レポート 前編

2016-04-11 04:27:48 | BABYMETAL
BABYMETAL SSE ARENA WEMBLEY公演 レポート前編 

  ~歴史の狭間での、小さな奇跡~


4/12 追記あり。




ウェンブリーパークに有る、アウトレットモールで俺は赤いクツを買ったのだ。


なんで、赤いクツなのかって?




そりゃ、BABYMETALの曲で「Catch me if you can」かくれんぼ、の歌詞にも出て来るからな。。。


ぇ? スゥさんは、「赤いクツ、はいちゃダメ、デンジャラスだもん~♪」 って、歌ってたって?


そりゃ、しまったな。。。だが、買っちまったものはしょうがない。







まぁ、ダメよ、ダメよも好きな内っていうしな。。。何を言ってるんだ俺は?








自問自答しながら、一人でモールでの買い物を終え、外へ出るころは小雨が降っていた。


クツと言うよりシューズなのだが、買ってすぐに履いて歩いていた時に、


ふ、と、気が付いた。。。





赤いシューズを履いている はずなのだが、










良く見るとオレンジ色だった。。。









店の電気か何かのせいで、赤く見えていたんだろうな。


しかし、そんな事は気にちゃいない。





いや、少し気にはなったのだが、それにかまっている余裕が俺には無かったのだ。



49ポンド99ペンスのシューズは、思った通り軽快な歩きを俺に与えてくれた。


なんで、こんなところでクツを買い、そして履いてるのかって話は後日にゆずる。












アウトレットモールを出て左に曲がると、大きなガラス目のビルの壁が長く続いていた。。。。


この四角いビルは「Hilton」と言うらしい。(画像に出てるし、文字もそう書いてある」






ガラスの壁を過ぎると、左前方にSSE ARENAが目前に有った。






実は、この日、この場所は2回来ているので、おおよその勝っては分かっている。






が、しかし、


すでに、会場入りしていて、入るための列が出来ている訳だ。






遠くから眺めていると、向かって両サイドと正面との、


3か所から入るために並んでいるようだ。











俺は何処に並べばいいんだ?










うろうろしていると、朝、物販を買う為にならんで居た出店がまだあった。


ほとんどの物が売れてしまっていたが、年配の女性店員が、


ベースボールキャップはいらないか?と、手に持って声を上げていた。





何となく見上げたと同時に、目が合ってしまった。。。


俺を見て「なんだ、ジャップか? どうだ買えよ?」


と、心の声が聞こえた。








実は朝、買っちまってたんだが、ホテルに置いてきたんでな。。。


長い列に並ばねばならないし、雨もやんできてはいるが気にはなる。


しょうがないなと思いながら、もう1個ゲットしちまったのさ。


20ポンドは安くはない。。。(この時の1ポンド=180円 高いレートだ)





その時に、UK版CDのオマケに記念ステッカーが付いて来るんだけど、


それがまだ残ってたので、CDも買おうかと思ったが、何故か辞めたのを 今、後悔している。。。









雨をしのぐためのキャップを直ぐにかぶりはしたが、



依然、何処へ並べば良いのか分からずしまい。



列の有りを良く見ると、スタッフが透明なビニールポンチョをまといながら、



並んでいる人のチケットを見ながら、並ぶ場所を説明している風だった。





俺は直ぐに聞こうと思ったが、




さらに、もう一人、金髪の美女が同じように、チェックていたので、


スケベェな俺は、その金髪の美女の方に、身振り手振りで聞い見る。


できりゃ、ボディーランゲージもやりたい処だったが、


恥と言うものは知っているんでな、そいつは、辞めといたよw







忙しくもあり、小雨でもあるその場所での彼女からしてみれば、迷惑だったかも知れないが、


みっともないこの、東洋の外人の身振りにも 笑顔で対応してくれたよ。


お陰で、中央の列で良いのだと分かった。







後方に向かって歩き出し、最後尾に並ぶ直前に 若い女性2人とかぶったので、


すかさず、ゼスチャーと同時にプリーズ!「お先にどうぞ!」と、


笑顔で。俺はお辞儀をしつつ、手を差し出したのさ。


彼女らは、笑いながら小さな声で、センキューと言いつつ、俺の前に並び、


俺は彼女らの後ろに並ぶ。









なんでか知らないけど、俺は幸福な気分になったのを覚えている。









それでその時に、一人はIRON MAIDENのTシャツを着ていることに気が付いた。


やっぱりロック王国、美女もメタルの愛好家と、なんとなく納得する。


言葉が分かれば、少しぐらい話掛けれたのにな。。。シャイな俺はここでも後悔したよ。








日本じゃ、たぶん絶対にやらないけどなw







右端に、ちょこっと美女の頭が映ってるぜぃ




朝と言うか、昼での、この場所での物販購入で4時半も並んでいた、






さほど長い列でもないのに、やたらと一人の買い物に時間が掛かり過ぎる。


日本と違って、手際が悪いんだなと、その時は思ったが、


後になって、それはちょっとばかり違うという事も分かった。





日本人は、大体有る物全部欲しがるのだ。


だが、異国の人々はそうでもないらしい。


と、言うのも、あくまで記念なので、その記念の物を一つか二つを買うって感じなので、


見ながら、1個言って、物見て、さらに買うなら、もう1っ個、あれも。。。


って、感じなので、一人の買い物がやたら時間掛かるのよ。






それに比べりゃ、俺など単純よ。



「オール、Tシャツ!サイズ、ラァージ!おk? あ~んど、パーカー!」


ってな、具合よw


多くの日本人がそうでは無いだろうが、見てたら皆、結局Tシャツ類は全部買ってたな。


お陰で、俺はパーカーを買う事が出来なかった。


少し前で、売り切れたらしい。




近くの同じツアーのメンツも、かなり落胆してたな。。。


まぁ、俺はTシャツメインなので、パーカーは後で海外通販でも買えるだろうと思ってたので、


残念ではあるが、希望は持っていたよ。




Tシャツ類は、ヤフオク等で買うと、とんでもない値段になっていくから。。。









話は戻るが、



画像見ても分かると思うけど、


並んでいる感じが今一していないと思うが、


イギリスの場合なのか、お国柄なのか分からないけど、


そんなに前の人と密着しないのな。



若干離れていても、横から入ろうとするやつは居ない。。。


俺は、日本でもこういう風であるべきだと思った。





まぁ、日本の場合、日本人のふりをした大陸の人間や半島の人間がいるからな。


あいつらのせいで、こっちまで心が狭くなっちまう。


おっと、ここで下らないグチはここまでにしよう。






並んでいる間、目の前のお嬢さん方のお陰で、


長い列も、それほど苦痛は感じずに、いよいよ俺の初ウェンブリーの時が来た。




事前にツアーで貰ったチケットにスタッフが、機械で照合すると、


何も問題なく、俺は中に入ることが出来たよ。









並んでいる時もそうだったが、中に入ると、



何処にも、日本人らしき人が居ない!?











まさに、思いっきりアウェーだわ。











だが、国籍は違えども、心は一つだ!!





「We,Ara BABYMETAL!」と、小さな声でつぶやきながらも、




ステージに上がりウェンブリーで戦う、彼女たちの同国の者として、


恥ずかしくないよう、俺は振る舞いに気を使う必要があった。





同じツアー日本人の仲間の元を探そうとした時に、



まだ、中の物販が売られていたので、時間も有ることだし、


中の物販店でしか買えないと言う、



セカンドアルバムのBABYMETALのロゴが入ったマグカップを買う為に、並ぶ事にしたよ。







並び、後ろなど見てみるが、やはり同郷の者など居ない。。。


少々ビビりながらも、俺は毅然と立ち尽くした、そして、立ち尽くした。






と、その時に、後ろから肩に手を掛けられて、





なんか、「シュッ!」とか言われて、前の方をアゴと言うより、顔全体で指してくれた。


ちょっとばかり、いつの間にか開きが出ていたのだ。





「おっ、そりぃ~」と言いつつ前に進み、「せんきゅ~」と、俺は返した。





その時に気がついたのだが、でかい男だったよ。身長がな。


よく映画なんかで見かける顔も細くて、優しい感じの若者だった。


なんで、日本人ってこうなんだ?と、自分の姿とまったくもって違う彼らに劣等感を抱いた。


だがな、俺も若い頃はもうちょっとな。。。今よりはマシだったんだぜ、と心の中でつぶやいた。






。。。なんだか全然、公演のレヴューになってない気もするが、まぁいいだろう。






この様な事も含めて、公演なのDeath!!






そうこうしている間に、あっという間に俺の順番がやって来た。


中の物販店は、横に長いので、一度に5~6人と対応出来るのだ。





マグカップだけのつもりだったが、まだTシャツが沢山あったので、


4種類の内、2種だけ「ラージ」”L”な!が、有ったので買っちまったよ。



できりゃ「GIMMIY WEMBLEY」ってシャツが欲しかったが、もう2WXLしかないと来たもんだ。






2WXLってなんだよ。。。どんだけでかいんだろうな?






それこそ記念に買っといて良かったかもしれんw



まぁ、昼に並んで買ったのが「ラージ」なので、これ以上贅沢は言えねぇよな。







海外の物販はTシャツであれ、マグカップであれ、全部はだかなのよ。


つまりだ、袋や箱などには入っていないの。そのまんまな!




なので、本来はその場で着て、その格好でLiveに望むって事なのよ。


もちろん女性もそう、その場でそそくさと着替えるらしい。。。目撃出来なかったけど。。。ッチ、残念。





また、Tシャツを買うとは思っていなかったので、


サイドバックしか持っていなかった俺は、


そのはだかのマグカップを大事に入れてだな、。。。しかも2個www





うわ~ん、女性でも両手に花って言うだろ?



俺の場合、両手にマグカップじゃ!!。。。バカモン



無事、破損せずに家まで死守したぜ!




つたない英語と日本語交じりで、スタッフの女性に気を合わせてしまったが、



おかげで俺は、今回の目的以上の物販を手に入れたのさ。さんきゅーSo、マッチ!!





それで、2枚のTシャツを肩に担いで、その場を離れたのさ。









チケットの番号を確認すると、


N-14 D 168 ってのが、俺のシートだった。





NはノースのN、つまり北側のスタンド席って訳だ。。。


最初に行った通路の案内掲示板が、Sだらけだったんでな、すぐピーンと来たぜ。


Sと言えばサウス、俺のチケットはNだからノースなんだろうな。











つまり、反対方向な訳だ!!!











とぼとぼと、反対方向に向かって行くと、やっと日本人らしき人々が居た。





てか、ツアーの仲間が居たのだが、彼らはN-12なんだわ。


さほど変わらないと思っていたんだが、これがまた、えらい違い様なのよ。






どのように違うかだって?





身体で言うとな、へそと足首ぐらいの違いだ!












分かるか?この無念が?












このチケットを選んだのは俺自身なのだ。






封筒に入ったチケットを、添乗員から渡されるとき誰も取ろうとしなかったので、


最初に取ったのが俺だった。。。




とは言え、二人部屋の場合、2枚連番らしかったのだが。。。


どのみち、ここら辺が俺の運命の場所だったらしい。。。






そう、思いっきり「ハズレ」を引いたらしいのDeath!! Death!! Death!!




もう1っ回、コノヤロウ! DEATH!!



若干左寄りの真ん中のカメラを向けた人の、真後ろが俺のシートDeath!!


そこから見たステージが、こんな感じ。


ここだと、若干右側が欠けて見えるんだよね><  開演50分ぐらい前の様子。







自分に言い聞かせたさ!






シートの場所は最初から期待していなかっただろ?


ツアーの付属のチケットなど、たかが知れてると。。。




最初から分かっていたはずだ、


俺はこの小さくも大きなアリーナの中にさえ居れれば良いのだと。。。









だがな、それでもよ。。。差が有り過ぎるじゃねぇか><あんまりだぁ~。









しかも、開演30分前ぐらいだと言うのに、周りに人が少ねぇw


当然だわな。。。唯一売れ残ってそうな場所だもの。




実際は数日前にソールドアウトしたって聞きました。


だが、何故かモッシュピットの空きと、南側の後方上と、


北側の、”俺のシート周辺”が人少ないのよ!!


まぁ、ステージは、まだ始まっていないからな。。。







下の黒っぽく塗ったところがステージで、上右、水色の矢印の下にある、赤い点が俺のシートだ。


そのさらに左横のオレンジ色の輪の部分が、他のツアー仲間のN-12席周辺な訳よ。






黄色で囲った部分はモッシュピットと言って、オールスタンディングになっている訳。


この場所が、今回の一番最高の場所と言えるので、早い時期にソールドアウトになったのである。



だが、記念チケットとか言って、行きもしないのにチケットだけ買っている、


悲しい同胞が居るせいで、後方が若干ガラガラなんだわ。





俺の場所から、その部分が丸見えでな。。。なんとも複雑な気分だった訳よ。



おおよそ、2000人分。


記念チケット買った人が居るんだと! (まぁ、聞いた話な。


情けない話だ、


この大勝負のステージで、空きが有るってどんだけみっともないか分からねぇのか?


FUNのくせに、足引っ張んじゃねぇよまったく。






はっ!?



また、グチが出たな。。。歳取るとグチっぽくて、いけねぇや。










それで、ピットの部分は、


段差的には2Mぐらいあっただろうか。




ピットの後方は図面では緩やかな階段になっているけど、


この時は、その様なものは無く、この最後尾はTVカメラが有り、どうやらWOWOWのようだった。





右下の中央にカメラさんが居ます。2局いましたね。そのうちの1局がWOWOWと言う噂。




俺の右横は、同じ部屋の方の席なんだけど、彼もまた前方のピット席を先に買っていたらしくw


こっちより、下の方が断然いいよな~そりゃ。。。たとえ端っこに居ても十分と言える。


んで、俺の左側の人が、唯一同じツアーの人で、ここいらは日本人は俺を含めて二人しかいない。


通路挟んで、右横にはツアー客が数人いるようだが。。。


少なくとも、顔を合わせた事が無い人ばかりの様だ。





上の画像、


左側、縦4列、横約50席、トータル200席ほど、何故かポッカリ空いてるんだよね。。。


画像では、それでも人が座ってるけど、10分前ぐらいはもっと空いていたのよ。






遠いけど真正面から見れるからね、すげぇ良い場所なので、


どこかのVIP席なんだと、この時は思っていた。。。






聞いたところ、イギリスの人ってのは、結構ギリギリにならないと座らないそうな。



イギリスだけに、ギリギリ。。。なんてなwww。。。(笑えよ、オイ



お国柄なんだね~。たぶん通路とかで盛り上がってるんだろうな。




若干 話はそれるが、この待っている間に、


地元のDJがパフォーマンスしてたんだけど、


それが終わっても まだ時間が有るらしく、メタルなんかの音楽が掛かっている訳だけども、




以前にYOUTUBEで何かのFUNカムで見たんだけど、



公演が始まる前に、IRON MAIDENの曲で「RUN TO THE HILL」が掛かっていたのを覚えている。


今回も、ここで掛かって居るんだよね。


スタッフの誰かが好きなんだろうな。。。良い趣味してるぜっ!


俺は、スゥMETALが歌う、ラン・トウ・ザ・ヒルが聞きたいぜ。




そんな事を思ってる間に、時間が押して来た。





何故だろう、ワクワクとかはしない。。。




苦労して こんなところまでやって来たのに、




なんで、冷静なんだ?




家を出る前のほうが、余程気持ちが高ぶってたのにな。







なんとなく、ボーーーッとして、








た、










ら、





















とっ、























その、時だ!!




























生涯、最高とも思える奇跡がやって来た!!


























BABYMETAL SSE ARENA WEMBLEL公演レポート 中編へ つづく。。。w







See,You!!













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4.2 THE SSE ARENA WEMBLEY

2016-04-02 14:57:27 | BABYMETAL





新たな伝説の始まりの日。





すでに、時間は過ぎ去りしも、私の記憶は消えない。




2016,4,1&4,2、














私だけではなく、日本、英国、世界のロックの新たな歴史的瞬間である。。。たぶん。



























もう、止まらないし、止められない。

























今年、思いっきり世界を駆け抜けていくだろう。























我々は、見つめるだけでなく、後押ししようじゃないか。








この3女神と、4人の神と、統べるキツネの神の挑戦を!!




















See,You!! NEXT!!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月1日 FOX DAY

2016-04-01 00:08:05 | BABYMETAL
……時が来た!





世界の千と万のメイトが、この日を待っていた。




集いし、ロックの聖地にて、宴の時を刻めよ!!





WE ARE BABYMETAL!!!





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

3月31日

2016-03-31 10:52:30 | Rord of LONDON
帰り、成田→東京間の 成田エキスプレスの時間変更の為に、

家を出るのは、10時と決めていたのだが、


なんだかんだで、もたもたと10時20ぐらいになってしまった。


今、現在 新幹線に乗るべく、地元の駅で、

スマホでレヴューを書いている。


順次、配信の予定Death!!



ツイッター…やってないんでな(笑)


まぁ、暇な時間があるかぎりだが。






みどりの窓口で、無事変更出来たので、


新幹線 のホームへ向かう為、階段を登りだした。



一度、登り切ったと思った所が、実は途中らしく、



さらに、今の二倍ぐらい登らねばならく、



エレベーターに乗らなかった事を後悔している。



…ふぅふぅ…はぁ…な、なんてダルいんだ階段。


俺も 歳を取ったものだ。


このくらいで、グチを言ってはいかんな。


先が思いやられるぜ、まったく。



ホームに着くや、腹が減ったが、ここは我慢して、


コーヒーを、ぐびぐびと一気に飲み干した。


うまいっ! もぅ一杯ぃ!!




2本目は、飲まねぇけどなw


何時ものダイドーコーヒーだったが、やけにうまかったぜ。


そうこうしてる間に新幹線がやって来た。




〉ピー、ガガガ…。こちら、スネーク。無事、進入に成功したようだ。


11時57分






午後14時33分の成田エキスプレスに乗り込む為に、


再度、進入を試みた俺は、


軽々と、それをやってのけた。





ふっ、列車の進入など、訳ないぜ!



何しろ、俺には秘密兵器が有るからな😜





キップって代物だ。

これは、凄いぞ。



止おせんぼしている、

銀色の箱に、同じくらいの穴が開いていてだな、


そこに入れると、あら、不思議。


ピッと、開いちゃうんだな。


そんな訳で、


俺は今、列車の中でくつろいで居る。


何故だか、外人が多いな…

目的地が空港なら、当たり前…だぁ…な…



15時07分終了。




さて、




成田エキスプレスを降りて、予約していたカプセルホテルだが、


思いのほか、簡単にたどり着く事が出来た。




正直、気持ち悪い(笑)





こんな簡単に、物事が進展するものなのか?






ホームに降りたら、柱の宣伝用モニターにいきなり出てたので、

道なりに行くと、エレベーターの正面にも看板が。






エレベーターを上がり、振り向くと、そこにあった。



取り敢えず、チェックインを済ませて、


タバコが吸いたい…



さすがに、そう簡単には、喫煙所は……有ったよホテルの下に(笑)




遠くて分かりずらいだろうが、目の前の柱の間に、


銀色の灰皿らしきものが見えるはず。





ふふふふふ、しばし至福の時間を過ごしていたが、



ロックの神とキツネの神は、


やはり俺には厳しいらしい。



この後、大変な過ちが、二つある事にきがつくのだが、


だうにも時間がないので、後での報告になるかも知れない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加