紫草(日本ムラサキ)の記

日本ムラサキは日本古来の染色、紫根染めの染料として永く珍重されてきました。野生種では絶滅危惧植物で目にする事が出来ません

紫草、発根の条件(認識不足)

2016-10-23 19:07:28 | ムラサキの栽培

 「細々と続く発根」
 紫草の種に潜む発根の仕組みは、単純では無い。
 一定の条件で多くの種が発根して、未発根の種がわずかであれば、
 残りは廃棄で終わる。
 
 未発根の種が半分以上もあれば、捨てるのは忍びない。
 種が乾いているので前夜水分補給のスプレーをする。
 一晩で根がこれだけ伸びた。ちょっと驚きである。


48粒が発根した種である。種の全量は1g 約150粒(小粒)である。
10/16  3粒
10/17  1粒
10/18  10粒
10/19  12粒
10/20  8粒
10/21  6粒
10/22  5粒
10/23  3粒 (前夜 霧をスプレー)
合計   48粒   32%  残量の方が多い(期待値の逆である)



これは、浮種で未熟種も多く、腐敗種も出て廃棄した種も多い
10/6〜18まで1〜2個ので合計15個であった。
10/19から発根が止まり、10/22に水分を補給してやると翌日1粒が発根する。

種の全体量は108粒であったが、沈下種は29粒(パック内で1粒発根)
28粒を砂に播く。
10/17  10
10/18   7
10/19   2
10/20   1
合計   20粒  71%  残量は8粒 この結果は良としたい。

ただ、浮種とした種から16個が発根した事は、浮種検査方法の再検討が必要となった。 


    「あれこれと てとしなをかえ まよいみち」



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫草(日本ムラサキ)発根方... | トップ | 紫草、昨年を振り返って »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ムラサキの栽培」カテゴリの最新記事