紫草(日本ムラサキ)の記

日本ムラサキは日本古来の染色、紫根染めの染料として永く珍重されてきました。野生種では絶滅危惧植物で目にする事が出来ません

紫草(日本ムラサキ)の発芽処理、考察(続々)

2016-12-20 19:34:01 | ムラサキの栽培

 「本命登場」
 紫草の発芽は低温(0℃)保存3週間が定説となっている。
 いよいよ、その3週間低温保存の種をパック内にセット。
 発芽への兆しを確認するために、簡易温室でパック内発根法を用いる。
 既に1、2週間でも発芽への兆しを確認できている。
 しかし、1、2週間の違いはそれなりに感じている。
 その差は更に大きくなるのだろうか?




 左側 5列 30粒は 冷水中での保存3週間の種
 右側 4列 26粒は 冷水に漬けずに冷温3週間保存、1晩のみ 冷水漬けの種



 2週間低温保存の発根状況、3粒追加、計9粒となる。


 1週間低温保存の発根状況、1粒追加。
 残り14粒、となる。半数が発根した。パック内で2週間、限界か?



 パック内は20℃を越える事も有り、乾、湿を繰り返す。
 湿気が多く、カビが発生。状況は劣悪となっている。
 パック内は水をやや多めに入れる様にした。
 かつて、水中で発根する種を見ているのでカビ除けには水中への移動も考える。

    「たねとなえ かぞえるたびに なぜちがう」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫草(日本ムラサキ)の発芽... | トップ | 紫草(日本ムラサキ)正月の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL