紫草(日本ムラサキ)の記

日本ムラサキは日本古来の染色、紫根染めの染料として永く珍重されてきました。野生種では絶滅危惧植物で目にする事が出来ません

紫草(日本ムラサキ)元旦の発芽(続)

2017-01-03 19:45:51 | 紫草の栽培

 「正月三ヶ日の発芽」
 元旦の発芽に続いてほとんどが発芽する。



 発根している種は、3日程で発芽する。
 殻の帽子を、あみだにして顔を出す。
 自然に殻は落ちるが楊枝の先で手助けしてやると良い。




 反対側から見る、手前が昨日芽を出し、今朝帽子を落としてやる。


 
 今朝の発根2粒である。早速セルポットに移す。
 室温が低い故であろうか数粒の発根が続く。


   「いきがって あみだのぼおし おちぬたね」



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫草(日本ムラサキ)元旦の発芽 | トップ | 紫草2017、ポットへ播種 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

紫草の栽培」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL