紫草(日本ムラサキ)の記

日本ムラサキは日本古来の染色、紫根染めの染料として永く珍重されてきました。野生種では絶滅危惧植物で目にする事が出来ません

紫草(日本ムラサキ)正月の発芽へ

2016-12-28 19:32:32 | 紫草の栽培

 「紫草の発芽に密やかな試み!」
 
1年間を通して毎月、日本ムラサキの発芽を楽しんで来た。
 新年元旦に発芽する種を準備して、年の暮れとなった。




 12/1〜21 冷温保存 3週間。
 パック内にて5日目、発根種 6粒を確認。
 12/28 セルポットへ発根種を伏せる。
 元旦発芽には頃合いである。


    「はたせるか かうんとだうん おめでとう」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫草(日本ムラサキ)の発芽... | トップ | 紫草(ムラサキ)育苗、要注意 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

紫草の栽培」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL