「 母権制 」

2017-05-14 18:00:03 | 

を読んでいる。バハオーフェン著。白水社。

 前に読んだことがあるのは、「 序説 」、「 リュキア 」、「 クレタ 」 のみ。がんばって、フルバージョンに挑戦中にゃ。去年から読み始めて、やっと7割クリアしたにゃ。

 「 どんな原理にせよ、それが極端なものとなれば、それに対抗する他の原理の勝利を招くのである。濫用それ自体が進歩の原動力となり、勝利の頂点は同時に敗北の始まりとなる。人間の心というものが中庸を踏み越えようするものであり、そして同時に不自然な極端を維持できるものでもないことが、かくも強力に示されるところは他のどこにもない 」( 「 序説 」)。

 これ、ユングの 「 極端から極端へ 」 という説のオリジナルなのにゃ。前に読んだ時には気がつかなかったにゃ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池袋で | トップ | 「 母権制 」 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。