高円寺で

2016-09-18 17:50:45 | 演劇

「 ピノッキオ 」 を観る。

 ラストの独舞が圧倒的で、全部持って行ってしまう。ピノッキオが、ピノッキオでなくなる。ダンサーの辻田暁に戻って、舞台から現実世界へ出て行くのだ。

 舞台と現実がひと続きであることを示す終わり方。これは、たとえば天井桟敷の 「 邪宗門 」 と同じだ。ただ、寺山修司のせりふが、ここでは独舞になっている。
 演出のテレーサ・ルドヴィコは、おそらく寺山演劇を知っている。万有引力から3人参加しているのも、そのためだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コミュニケーション能力 | トップ | うざっ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

演劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。