フジテレビの

2017-02-13 18:05:33 | Weblog

ドラマ 「 嫌われる勇気 」 に、日本アドラー心理学会が抗議。放送の中止か脚本の大幅な見直しを求めているという。

 まるで宗教団体のような大げさな反応ぶりだが、自分たちの方こそ、フロイトやユングの説を歪曲して ( 原因論だの、決定論だの ) 一般に広めているではないか。彼らにしても、心の問題の解決を放棄しているわけではないのだ。

 「 自分は自分の運命の主人である 」( アドラー )? これこそ、究極の 「 決定論 」 ではないか。予めそういう風に決まっているのか。どうしてそんなことが言えるのか、ぜひ科学的に証明してみせてほしい。証明できないのなら、「 心理学 」 の看板を降ろさなければならない。

 何か都合が悪いことがあるとアドラー派の人たちは 「 誤解だ 」 と言うが、「 誤解 」 されることが多いのは、アドラーの理論がそれだけいい加減だということの証明ではないだろうか。

 アドラー派 ( アドラー信者? ) の説を聞いていると、どうしても 「 臭い物にフタ 」 という言葉が頭に浮かんでくる。だが、「 無意識を無視し続けると、意識は必ず無意識によって復讐される 」。ユング派のワシからの忠告にゃ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年 | トップ | 引き続き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。