Round Rock日記

テキサスの田舎でのんびり暮らし。
カロリー消費を目指して、オースティン近郊を今日も走る!

2人のオリンピアンに会えた

2017-05-26 01:53:00 | ボランティア
どんよりな週末
ご近所にあるOld Settlers Parkにやってきました、まだ7:00だよ~。


今日は、Fit Foodie Festivalという5kのレースがあり、私たちはボランティアです。
     

前日までは、雨のない&そこそこ暑い毎日でしたが、
夜中にけっこうな雷雨がありまして、会場(野っぱら)は泥んこ状態。
こんなときは、Hunterの長靴が大活躍
我が家は、野良作業&ボランティアで泥んこになる事がちょこちょこあるので、長靴が手放せませんっ
泥んこになっても、水で洗い流すだけ、お手入れも楽ちん。
で、長靴を持っていない彼は、こんなことになっちゃう靴底に泥が付いて重いのなんのって。
 

公園内のトレイルをグルっと回るレース(5km)、徐々にランナーが集まってきました。
お気楽なレースなので、ベビーカーやワンちゃん連れが多い私、ほのぼのしたレースも大好き。
 

8:00スタート行ってらっしゃ~い。
   

5kmなので、あっという間に帰ってきましたっ
私たちは、フィニッシュしたランナーにメダルを渡す担当です。
今まで、レースのボランティアは何度もしたことがあるけれど、メダル係は初めてなので楽しみにしていました
そんなに大きなレースではないけれど、次から次へとフィニッシュするランナーへ
メダルを渡し忘れないよう気を付けながらの作業が続きました。
パラついていた雨が、途中で大粒の雨になり濡れながらの作業は寒かったけれど
走り終えたランナーの、すがすがしい表情を間近で見れるこの作業は、想像していた以上の楽しさ
   

小さなレースですが、スポンサー(John Hancock)のパワーで←アメリカの大手保険会社、ゲストランナーが超豪華
ロンドンオリンピック、リオオリンピックのマラソンを走ったDesiree Linden、
彼女は、今年のボストンマラソンで女子4位に入りました。
パッと見では、身長&体重は私と同じくらい、小さいよっ

もう1人は、これまたオリンピックでマラソンを走っているRyan Hall、
彼は、昨年、競技生活から引退はしていますが、今でも陸上にかかわる様々な活動をしています。
2011年、彼がボストンマラソンで出した記録(2:04:58)は、タイムの上ではアメリカ記録ですが、
ボストンマラソンのコースは、公式記録として認定されていません、でもでも、ものすごい記録です
ちなみに、公式アメリカ記録は、モロッコからアメリカに帰化した選手が出した2:05:38で、
Ryan Hallがロンドンで出した2:06:17は歴代2位。
 

2人とも、ランナーと気軽に会話したり、写真を撮ったり、とってもフレンドリー
フィニッシュしたランナーにメダルを渡している青いTシャツの後姿は、Ryan Hall。
あ、そうそう、私はDesiree Lindenにメダルを渡したよ


濡れながらの作業が終わり、私たちも会場をウロウロしました
このレースにテントを出しているのは、ほぼ食べものばかりで、それぞれがサンプルを出しています。
中には、サンプルとは思えないような、内容&量もあって、なかなかグルメなレースです
しかも、ジャンクフードではなく健康的なものが多い、
例えば、グラノラ、いちじく、ケールサラダ、グルテンフリーのデザート(クッキー、ブラウニー、マフィン)、
ポキ(まぐろ)、薄い生地のピザ、ハマス(ひよこ豆)、ゴート(山羊)のベーコンなどなど、
チビチビつまみながら回りました、どれも美味しかったです
もちろん、ビールやワインも、しっかりいただきました
     

お土産を沢山いただきました。
メダルを渡すのは楽しかったし、食べものは美味しかったし、2人のメダリストを間近で見て感激大満足。




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5年ぶりの再会はBBQ | トップ | テキサスの栗原はるみ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。