背 水 の 視 力 回 復 ブ ロ グ

Haisui Shiryoku Kaihuku

乱視

2017-08-10 | 日記

私は基本的にほとんどの近視者は

軸性近視ではない  という立場をとっています。

視の原因のほとんどは乱視だと思います。  視の場合目を細めても遠くにピントが合いません。  から目を細めれば遠くにピントが合う状態(脱乱視)を目指せばいいのです。  もそもなぜ乱視になるのか。  そらくそれは水晶体がいびつな形で凝り固まっているのが理由だと思われます。  のためには水晶体を柔らかくし、自由に薄くする方法を習得することが必要とされます。  力回復トレーニングが長続きしない最大の理由は、一時よく見えるときがあるけど、まばたきするとすぐに元の視力に戻ってしまうからではないですか?  力回復トレーニングやっててこれほど落胆することはないです。  もそれってよく考えてみてほしい。  ばたきしただけで元に戻るってことは近視の最大の原因は軸性ではないということではないでしょうか。  まばたきすると眼軸が伸びる?それは考えにくいです。  膜や水晶体などがベストの形状を維持できれば治るってことなんじゃないだろうか。  まり、トレーニングをやってて、一時だけよく見えるときがあるっていう経験をしたことがある人は実は軸性近視じゃないってことの証明になるんじゃないかな?













目を疲れさせない文章表示を作ってみました。コンパクトだがゆとりがあり、目に愉快なリズムを意識してみました。日本語は基本的に分かち書きしないので眼精疲労が起きやすい言語なのだろうと考えます。





















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 半眼 | トップ | 薬師如来 塩の道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。