手稲は最高!

手稲在住30年、手稲って本当にいいなって常々思っています。時に触れ、折に付け思いついた事を、取り留めなく書いてみます。

健幸クラブ 詩吟

2017-06-14 20:28:06 | 詩吟関係

 先週会員の都合で休みになりましたから久しぶりの稽古でした。全員参加ですといっても5名なのです。今、本体の老人クラブ(健幸クラブ)の会員も増えない状況ですから、これ以上の会員増加はほぼむつかしいのでしょう。 今日はまず杜甫を取り上げて最初に絶句(両箇の黄鸝)をやり、次に「高きに上る」をやりました。杜甫の放浪の生活の辛さが「老倒新たに停む濁酒の杯」に凝縮しているように感じます。

 杜甫と李白の違いについて20分ほど話してあげました。「高きに

上る」では、 独吟の後、男性2人での連吟、女性は3人での連吟もやってみました。休憩の後、「小督の局 松口月城」をやりました。平家物語の小督を話してあげました。来週の福祉センターでも話してあげます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福祉センター 詩吟 | トップ | 雨の木曜日 交歓吟詠会の資... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL