手稲は最高!

手稲在住30年、手稲って本当にいいなって常々思っています。時に触れ、折に付け思いついた事を、取り留めなく書いてみます。

福祉センター 詩吟

2017-03-21 19:49:22 | 詩吟関係

 今日は15名の参加でした。でも後半先日一寸顔を出した男性の方が来られたから16名となります。

 前半は「勧学 陶淵明」をやりました。人数が少ないので、最初に私の素読を聞かせ、素読のポイント、漢詩の構成と書き下し文の関係を話してあげました。要するに詩文の内容を理解すれば誰もが間違うことなく読めるはずなのですが、そのもとになっている漢詩の構造を意識出来るようになってほしいのです。

 後半は「酒に対す 白 居易」をやりました。素読の後解釈をしてあげて、音数律に触れて、奇数の持つリズム感と、日本語の二語一拍、奇数句における半拍の語の扱い度を話してあげましたが、どこまで理解できたかはわかりません。

 先日テレビで、桂歌丸師匠が「落語の命は間だ」とおっしゃっていた。そのことも引き合いに出して、間の取り方についても触れてあげました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お寺参りに行ってきました。... | トップ | 確定申告を終えてきました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL