手稲は最高!

手稲在住30年、手稲って本当にいいなって常々思っています。時に触れ、折に付け思いついた事を、取り留めなく書いてみます。

福祉センター 詩吟

2017-04-18 18:55:10 | 詩吟関係

 今日はあいにくの天気でした。風があり、雨が降り続いていました。参加者が何人になるのか気にしながら出かけました。それでも16名参加てしたからやれやれという感じでした。先々週に来ていました新人男性今日は初めから参加してくれました。続けてくれそうです。

 前半「春日偶成 夏目漱石」をやり、後半「芳野懐古 藤井 竹外」をやりました。

 芳野懐古に入る時、「南北朝時代にかかわる詩だが、建武の中興のヒーローは誰?」と質問してみました。残念ながら一人も答えられません。楠正成の名前はすぐ出ると思ったのだけれど甘かった。後醍醐天皇の建武の中興後、南朝北朝に別れ、戦いが続き、天皇も南朝の天皇と北朝の天皇がいることになり、どちらが正統になるのか判らなくなった。それを徳川光圀が南朝を正統と位置づけ、それが楠正成の評価につながったこと、そして此の水戸学が維新の大きな引き金になったことをなどをもう少し話してあげたかったのだけれど、時間がなくて中途になった。この次少し補足してあげようと思う。

 今月はこれでセンター終わり。来月の第一火曜が連休前なので、第二週から始まります。しばらく休みが続きます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩見沢神宮奉賛吟詠講40周... | トップ | 健幸くらぶ 詩吟 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL