手稲は最高!

手稲在住30年、手稲って本当にいいなって常々思っています。時に触れ、折に付け思いついた事を、取り留めなく書いてみます。

手稲文化祭 出演 まずまずの出来だったと思います

2016-10-08 18:33:23 | 詩吟関係
 昨日のブログでも書きましたが、この秋三回目の出番。午後、日本詩吟学院剣風会の発表の後、稲穂吟友会の発表がまずありました。私たちの教室の生徒さんたち、此処は見学です。剣風会の中心の方はコンダクターを持ってきていましたが、最初の 合吟で前奏だけ取って、あとの連吟、 独吟は伴奏なしでやっていました。とても辛そうでした。稲穂吟友会は尺八伴奏をつけて、実に見事な吟でした。

 稲穂が終わってすぐ、私の会は3階の料理教室に移動して尺八でのリハーサルをやりました。そして、民謡の発表をはさんで、私の会と健幸クラブの発表となりました。予定した人数は集まらなくて、やや物足りなかったけれど、でも参加した人たちはしっかり頑張ってくれました。男女の合吟と 独吟、私を入れて三題を発表しました。

 観客は100人程度だったように思います。

 私が一番ひどかった。やはりかなり頑張ったのですが、息が切れるのです。それと判るところが二か所はありました。もう 独吟は遠慮すべきかもしれません。

 </font>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この秋三番目の大会出吟 明日 | トップ | 手稲文化祭で感じたこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL