手稲は最高!

手稲在住30年、手稲って本当にいいなって常々思っています。時に触れ、折に付け思いついた事を、取り留めなく書いてみます。

健幸くらぶ 詩吟

2017-08-09 18:58:19 | 詩吟関係

 今日は全員参加。最初に「胄山の歌  頼 山陽」をやる。頼山陽については多くの詩を通して名前だけ憶えている方が多い。しかし、出身が安芸(広島)で、30歳代から京都に私塾(山紫水明処)を開き、歴史書を執筆し、その教えは維新の志士たちにも大きな影響を与えていたこと、又母親を大切にし、何回も京都に連れてきて京の見学をさせたことなどを知らない方が多い。

 吟はいつもの通り、素読をして、範読、そのあとコンダクター伴奏で一度吟じ、二度目は前奏だけで吟じてもらいました。「胄山」の後に「中秋無月母に侍す」を同じようにやる。そして休憩。休憩後、手稲文化祭の出演吟題の稽古をしました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福祉センター詩吟 | トップ | 文化協会 臨時総会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL