村上歯科クリニック永犬丸

歯科 小児歯科 矯正歯科
北九州市八幡西区永犬丸4丁目1-27
093-691-0848

晴天 登山 自転車記録

2017-02-22 | 自転車

日曜日は、久しぶりに師匠のnさんと山にサイクリング。
天気は抜群に良かったので、外で遊んでなかったら後悔してた。
趣味も遊びもこれ以外に特にないし、仕事以外で出かけるのは良くて一月に1回。
最近の日曜日は天気があまり良くなかったので、この日の天気は嬉しかったです。

この日の最初は、お参り。
 
先輩のお嬢さんが受験ということで、念入りに祈願し。
あとは、ちょっとだけ家族の健康をお願い。
何というか、お参りすると、気持ちが落ち着くので好きです。 

移動して、登山開始。
自転車を担ぎ、登山するのも気持ち良いです。
最初にここに登山したのは2013年の年末で、それから年をとっているのに、だんだんと楽に登れるようになっていると思います。
最近は忙しくて以前よりも自転車に乗れなくなっているし、何かトレーニングしているわけでもないので、単純にどんどん楽しめるようになっているのだと思います。  

いつもの休憩ポイント。
天気が良いと遠くまで見渡せて、本当に澄んだ気持ちになりました。
そして、いつも通りヌードル。

食べ終わった頃に、他の登山者が来られてご挨拶。
以前にもお会いした方々でした。
僕らが独身で、若者と思われていたようで、僕もnさんも妻子持ちで40歳だということにびっくりされました。
見た目は年相応だと思うので、自由な感じに見えたんですかね?
確かに日曜日に家族を置いて、楽しくレジャーを満喫してましたが、普段は真面目なサラリーマンで仕事で疲れちゃってるので、
元気に見られたのなら良いことです。
山の効果で若くいれるなら、もう少し山の時間を増やさないと。元気に仕事をするためにも。 

そういえば、こちらはこちらで、おじさまとおばさまが夫婦じゃないということにびっくりしました。
後で聞けば、nさんも途中からそれが気になってたみたい。

天気が良いのでたくさんの方とすれ違い、下りはいつも以上に注意して乗車しました。

この日は、かなり久しぶりに山で29インチのホイールを装着。
いつもより大きな車輪に手こずりました。
直進性が良いので、ずんずん前に進んで曲がりたくても曲がれないから、頻繁にブレーキ。
僕の腕では里山で29インチは大きすぎると学習。
もうちょっと小さな車体で練習したい。 

この山を下って、少しサイクリング。
日本海海戦の記念碑。


戦艦と砲弾かな?
歴史に触れるのも楽しい。
ここも展望台になっているので、ここから見る海の景色も良いです。

この後、2つ目の山の中へ
師匠が新しいアイテムを用意。師匠2つめのハンモック。
ゆっくり揺られながら、気持ち良い景色と空を見るのは最高です。

僕もこの後、試させてもらいましたが、収納した時のコンパクトさからは想像できないくらい丈夫で安定感あり。
設営をいっさいお手伝いしない僕で申し訳なかったのですが、短時間で設営されてました。
これは良い物だと思います。
暖かくなれば、ゆっくりしてみたいです。

この日、山で試した物がいくつかあったので記録。
楕円のチェーンリング

リングが楕円になっていることにより、力をかけやすいところで効率を上げてチェーンを送る
ということだと思うのですが、登りでもあまり変化は分からない。
普通の物で十分と記録。

ペダル
しばらく、deityのナイロンのペダルを使っていて、優しい踏み心地でそれも良かったのですが、やっぱりストレートラインのAMPペダルの方が食いつきが良い。ペアで270gほどと軽量だし。

ブレーキパッド
フロントはfin付きメタル リアはfin無しレジン。
下っていると途中から、リアが音なりし出したけど、ブレーキの効き具合は、レジンでOK。
ブレーキ自体の効きは前よりグンと良くなったけど、ロックさせてしまいやすいので注意。 

ステムも長さを変えてました。

60mm 80mm と試して、今回は70mm。
これが一番しっくりくる気がする。
パーツそれぞれの良し悪しは山で走ってもそんなに差は無いと思うのですが、いろいろな部分のサイズはかなり影響すると学習。


サスペンションの設定はよくわからない。
サグの調整は、山に行く装備で乗車して、25%くらいになるようにエアー圧を調整。
あと2箇所ダイアルで調整するところがあるけど、適当に真ん中。細かい設定は特にせず。
ストロークは可変なので、登りで120mm 下りで140mmに。
この日最後の気持ちいい下りで、うっかり写真の120mmのまま下ってしまって、イマイチ安定しなかったことは記録。
 

ちょこっと走りやすいように改善はされているので、現状を記録。
nさんの自転車がすごすぎて羨ましいのですが、あそこまでいかなくていいから、山用にもう少し小さい車体が欲しい。

山の中でお会いした方に、自転車で山というのもいい趣味だと褒められたので、素直に受け止め、これからもnさんと遊び続けたいと思います。
あと、一緒に遊んで年取れるおじさんMTB仲間も欲しいので、nさんと一緒に友達探しもしないとね。 

 


この記事をはてなブックマークに追加

摂食嚥下

2017-02-20 | 日記

超高齢社会において嚥下障害の患者さんは年々増加してます。
歯科でも関わることがある分野でありながら、勉強する機会はあまりなかったので、土曜日は講演会を聞きに行きました。

小倉であったのですが、博多に行くのと違い、当たり前だけどすごく楽。
土曜日の診療後に移動して短時間で到着。
講演は3時間。
休憩なしの講演でちょっと集中力が切れそうな時に内視鏡の実演があり、実際に嚥下時の動きを見れたのは、とても分かりやすくて為になりました。

嚥下障害のリハビリテーションというのは、すごく大切なことですが、すごく難しい。
当院での対応は現状では難しいと思いました。
ただ、患者さんの状態を理解するためにも勉強はしようと思います。

この日は、長女の誕生日だったので、夜帰宅後に誕生会。
食卓には、長女が好きな料理が並んでました。
色々と他の用事をこなしながら、バッチリ料理を揃えてた嫁さんはすごい。

誕生日のケーキは、いつも通り我が家は手作り。
嫁さんと娘たちの合作。

長女がろうそくを消した後、息子も消したいと言い出すので、再度点火して、もう一度ろうそく消し。
こいつ、他の子の誕生日の時も毎回ろうそく消してる。

 
ケーキもすごく美味しく出来てました。 

長女も16歳になりました。
よく言いますが、あっという間ですね。 
いずれ長女も自立していくのですが、それも多分あっという間ですね。
これからはますます親以外の方の影響が大きくなると思うのですが、
良い友人に恵まれているので共に成長していって欲しいです。


この記事をはてなブックマークに追加

ニセ医学に出会ったら

2017-02-17 | 歯科医院

すごく面白い記事でした。
 

ニセ科学 擬似科学と科学を区別することは難しいです。
インターネットや週刊誌、テレビなどで、デタラメな情報があふれてますので、信じ込みやすい環境にあると思います。

良さそうな謳い文句があるものは、注意して冷静にみる習慣をつけないといけないですね。

例 サプリメント
サプリメントは、食品であり、欠けている食品成分を補うという使い方をするもの。
効能効果、安全性は不明。
不眠、肩こり、膝の痛みなどに効くサプリメントってなると、おかしなことになってきます。 

僕もサプリメントを摂ることはありますが、栄養素を補う目的以外で考えた事がなかったのですが、口コミなどで何かに効くというのがあるんですね。
体がコラーゲンを生成する能力が衰えてきているのを、直接コラーゲンを摂って何とかしようとするというのも代表的だと思います。

変に摂っても無意味なのに。という感覚はあったのですが、安全性という面では考えた事がなかったです。
記事には、
食品の安全性は、通常長い間食べられてきたという食習慣の実績で判断される。
いろいろな物を少量ずつ食べることで、食品に含まれる毒の危険性を回避してきた。
そうなると、例で、シジミ500個をじっくり煮出したエキスのサプリメントには危険性が潜む可能性がある。
これまで、シジミ500個を毎日食する習慣はなかったので、微量毒の危険性が顕在化する恐れがある。

サプリメントなので、臨床試験などで検証されていないのでしょうし、何かを大量に摂ることの危険性という面も考えないといけないですね。

効果を信じる背景について、
慢性的な体調不良に悩む人が多く、その根本的解決までに医学が至ってないからというのもある。
サプリメントなどに効果がなくても、効果を期待すると実際に効果を感じてしまう事が大いにある。

 

他にも、ニセ医学として、
ホメオパシー EM  がん放置療法 など勉強になりました。
EM菌というのは聞いた事があったのですが、まさか例として取り上げられるほど信じてる人がいるとは思ってませんでした。
万能をうたっている物ほど信じられませんよね普通。

あんな賢い人が何でバカな事を信じるのか?という例はたくさんあると思います。
僕が好きな製品をたくさん作ってくれた人も、何故か手術を拒否した。
拒否するだけならまだしも、他の療法をいろいろと実践したらしい。

医療への不信感など考えないといけない事はたくさんあります。
ニセ医学対策というのは勉強になりました。
いろいろとある中で、
ニセ医学の情報を前もって知っておくことというのがありました。
 インターネット、週刊誌、テレビ番組などに目を通す。
 これは大変。週刊誌もテレビも見ない。 
 でも、患者さんに説明する際に大事な事ですね。効かないですよ だけでは説得力ないですから。

一番は良好な医師患者関係を構築する事だと思います。普段から信頼されないとダメですね。

 

なぜニセ医学を信じてしまうのか?
科学っぽい雰囲気にだまされやすい。
人はだまされるようにできている。
 認知バイアスと呼ばれ、人が自分で自分をだます仕組みを備えている。
あふれる健康情報と体験談。 
 など、いろんな要因があるようです。 


自分も昔は何ともなかったことでも、最近は何だか傷の治りが遅いし、肩こりがひどく出たり、とちょっとずつ老化を感じます。
まだニセ医学を信じたくなるほど困っては無いですが、健康に気を使うようになると、だまされる機会も増える気がします。

僕の場合は、嫁さんの料理と、適度な運動、森林浴の効果があれば大丈夫と思う。
定期的な健康診断でまだ問題があったことはないですが、これから問題が出たらお医者さんに相談。

お金が無いから、まず、ニセ医学には手を出さないかな。
だいたい、あれ系の物はお金かかるんですよね。

ニセ科学(ニセ医学)で騙そうとする商品には、その説明にいくつかのキーワードがあるらしいです。
波動、共鳴、抗酸化作用、クラスター、エネルギー、活性化、免疫力、即効性、万能、天然 などなど。


疑似科学とされてるものの科学性評定サイト

このサイトを見てみるといろいろと参考になると思います。


この記事をはてなブックマークに追加

13日 14日

2017-02-16 | 日記

13日の仕事帰り、21時過ぎに空を見ると、月がオレンジ色でした。
一生懸命に写真を撮ろうとするけど、できなかった。
 

ただの月にしか見えない。

月があんなに濃いオレンジになることを、この歳になって初めて知りました。
月がかなり低い位置にあったので、朝日や夕日と同じ理屈なのでしょうか? 

14日
娘たちも嫁さんもお菓子をたくさん作っていたので、ちょっとしたパーティーでした。

高校生ころまで、お菓子はほとんど食べなかったので、
食べたことなくて知らないお菓子がたくさんありました。

自宅のテーブルの上に頂き物のお菓子が積まれていても、それに触れようとしたことさえ無いような。
今考えても理由は分からないのですが、単純に食べるのが面倒だったのだと思います。 

大学生ころか?リーフパイを初めて食べて衝撃。
見た目は特別感無いからナメてたのですが、こんなに美味いものがあったのかと。

今では、頂き物のお菓子にリーフパイ入ってたら、ほぼ独占します。

 

そんな感じなのを知っている嫁さんは、14日、これを手作りしてくれました。
作り方聞くと、けっこう面倒。

味は、激ウマでした。食感も最高でした。
さすが嫁さんです。いつもハズレ無しです。

この日、袋に入ってなかった分も横領して、10枚くらいは食べたかな?
僕があまりにも美味い美味い言うから、娘達も気を使ってか、あまり食べなかったので、
次の日も残ったやつ食べれて幸せでした。

 


この記事をはてなブックマークに追加

口腔がん

2017-02-13 | 歯科医院

以前から持っていた本が改訂されたので、新版も購入しました。
購入したのは、数カ月前だったのですが、他に読む本が貯まっていて、なかなかたどり着きませんでした。

さらに見やすくなっていました。
旧版もスタッフ皆んなで読みましたが、今回も回し読みです。
 

日本では年間に約7,500名以上の方が口腔がんに罹患しています。
全がんの約1%と頻度は高くありませんが、全頭頸部がんの約40%を占め、男女比は3:2と男性に多く、60歳代にもっとも多いがんです。
高齢化に伴ってがん罹患数も増加している傾向にあるようです。

先進国の口腔・咽頭がん死亡率は年々減少していますが、日本は罹患率、死亡率ともに増加しています。
日本での口腔がん患者の死亡率は、46.1%ですが、アメリカでは19.1%です。

日本でのがんに対する治療が劣っているわけでは無く、早期発見、早期治療ができていない事が原因だと思われます。

口の中にもがんができるという認知度が低いこと、がん検診も口腔に関してはあまりしっかりされていないこと。
歯科での定期健診の受診率が低いことも原因としてあります。 
がん検診では無く、通常の歯科定期健診の受診率はスウェーデンでは80%以上、アメリカでも70%以上となりますが、日本では10%未満です。 

日本での歯科治療費は諸外国と比較すると、かなり低額に抑えられています。
トラブルが起きてから受診しても外国の様に多額の費用がかからないので、予防意識が根付かないのかもしれません。
歯科定期健診でがんの早期発見ができれば死亡率の低下も期待できます。

患者さんが歯の治療で来院された時が、口腔内をチェックできるチャンスなので、当院でも舌や歯茎、粘膜のチェックはしています。
スタッフみんなに知識があれば、気付ける事も多いと思うので、この本は役に立ちます。

どの歯科医院でも良いので、定期的に歯科を受診して頂ければ、口腔内の変化に気付けるチャンスが多くなります。

先輩の医院の様に口腔癌検診用に先進の機器を導入されているところもあります。
やましろ歯科口腔外科 
この様な医院で検診してもらえると、さらに安心できると思います。 


この記事をはてなブックマークに追加