村上歯科クリニック永犬丸

歯科 矯正歯科
〒807-0851 北九州市八幡西区永犬丸4丁目1-27
 093-691-0848

てぬぐい

2016-08-24 | 日記

中1の次女が部活で使う。
僕も最近は愛用者。
手ぬぐいがあれば欲しいと母親に連絡してました。

そしたら、長崎の伯母さんが送ってくれました。


長崎 おくんち 手ぬぐい。
いい! デザインも色も好き。
くんち奉納で、名前が書いてあるので、開いた写真は載せれないけど。

生地もしっかりしていたので、助かる。

おくんち や 精霊流し などで、いろいろ作るのはお金もかかって大変でしょうね。
こちらのお裾分けは大事に使わせていただきます。

昔、精霊流しで、伯父さんが船を出した時に、うしろをついて回ったのを思い出します。
踏み場が無いほど飛んでくる爆竹の怖さよりも、大人たちのかっこよさが印象に残っています。


この記事をはてなブックマークに追加

夏の川遊び 自転車でね

2016-08-23 | 自転車

今年も連れて行ってもらいました。
川遊びと自転車遊びを一緒にできるところ。

水量が明らかに少ないので、以前と全然違う。


川底を確認しながら、ゆっくり行ける。
天気が良いので寒すぎることもなく、気持ち良かったです。

今回は少人数5人で、きゃっきゃ言いながら遊びました。

途中の休憩ポイントでは、いろいろ遊べる。

泳いだり、〇〇になりきったり。


 
僕は、ゆっくりお風呂につかる感じで。

ここで、ポロシャツの背中に苔がつきまくった。
また嫁さんに洗濯してもらったので、相変わらず迷惑をかけました。 

 

危険を顧みずの記念撮影。
危険な思いをした本人は写ってないという。

走り終わったら、みんなで温泉に入って、帰路につく。
自然の中でしっかりリフレッシュしてきました。 


この記事をはてなブックマークに追加

盆踊りも

2016-08-20 | 日記

そういえば、盆踊りも行ったので記録。
どこの子もお祭りは好きだけど、やっぱり、目当ては出店かな。
たくさんの子達が楽しそうにしてる。
中学生、高校生になると、友達と遊べる良いイベント。

息子と三女の目当ては、毎年かき氷。
これを食べに来てるだけ。

三女が、かき氷で餌付けしてる様子も変わった。

息子も少し背が伸びたので、三女がしゃがまなくて良くなりました。

僕は、優雅に踊っている方達を見ているのは好きです。


そういえば、光るおもちゃを買って、気に入ってたみたいだけど、

翌日には電池切れしてた。
ゴムの中に入っているから、電池交換できないけど、暇があったらメスを入れて分解してみよ。 


この記事をはてなブックマークに追加

連休 2016年夏 続き

2016-08-19 | 日記

海から上がると、シャワーもあびずに、そのまま車に乗り込み、ホテルまで。
プールサイドでシャワーを浴びて、そのままプールへGO!

プールはプールで楽しい。
プールから上がるのを説得するのが大変でした。



翌朝は、いつも通り早く目覚めたので、一人で、5時過ぎから周囲を散策。


夏の朝は、みんな早起きですね。
ここの遊歩道で、けっこうな人とすれ違いました。


 
海辺に来ると、朝日が昇る前だったので、ここで待ち。

 

朝から綺麗なものをみることができて感動。早起きはやっぱりお得。


 
朝5時45分 頃 日の出。

朝6時ちょっと前、海とは反対側を見ると、自転車の方達が練習してました。

静かな所で、はたから見ると、自転車の後輪が空転する音はけっこううるさいですね。
それが何台も連なると騒音。

僕も大きな騒音を出すホイールを1つ持っている。
クリスキングってとこのハブ。
今まであまり気にしてなかったけど、今後早朝に使う時は、空転させない(漕ぎ続ける)か、使わないようにしよう。 

散歩の後は、家族で朝食。
海で泳げるのは9時から。
今回は、車を使わずに、ホテルから徒歩で海まで。
子供達にとっては微妙な距離だったみたいだけど、歩く方が面倒じゃないし、

道端の花などがすごく綺麗。


やっと着いたと喜んだのもつかの間。

こちらは、遊泳禁止のビーチ。僕が朝日を見たところ。
ビーチが隣接して2つあって、遠い方が、泳げるところ。
ここから隣のビーチまでが、歩くとちょっときつかったみたいで、子供達は車の方が良かったですと。

右に小さく見える白い建物が、泊まっていたホテルなので、子供の足にはちょっときついのかな?

海に入ると、今回も楽しく遊んでました。

 

疲れ果てるまで遊ぶので、帰り、ホテルまでの歩きで、息子には抱っこを要求された。

歩きだからこそ気付けたところ。
隣のビーチのシャワー。誰も使ってないし、外で景色も良いし、気持ちいい。

右に写っているのがシャワー。
ここで、息子としばらく じゃれあって遊びました。
ここのシャワーは最高と記録。

ホテルに戻ると、当然のようにプール。
 

いつも通り、息子には、お姉ちゃん3人が代わる代わる護衛につく。贅沢なヤツだ。

この日は、夕食の後も、プールで泳ぎました。
 

遊びすぎるくらいが丁度良い。
遊びすぎるので、嫁さんはずっと洗濯もしてました。
部屋備え付けの これが今年も大活躍。

海やプールで使うタオルは、これでずっと洗濯。服もね。

自宅の洗濯機が壊れたら、乾燥機と洗濯機がバラバラのこのタイプを買う。
これはすごく便利だし、使い易い。
ドラムじゃないので、洗濯の途中でも、洗濯物を入れることができるし。

翌朝も、懲りずにプールに入って、それから帰宅する。
プールは9時から、だからそれまでに行ける所を思い浮かべる。
近場で、好きな所は

宮崎神宮。
僕は、信心深く無いのですが、神社は好き。
木々に囲まれた所が好きだし、都会にあっても一歩入るだけで、急に静かになる感じが好き。
家族を巻き添えにお参り。

ここのおみくじは、子供達も好き。

 
彼女らは、これ目当てでついてきたと思う。 

そういえば、駐車場に面白いのがいた。
 

自由に動き回っていました。

プールに入って、風呂に入って、後は車に乗って帰るだけ。

初めて、東九州まわりで帰りました。
1車線の区間が多いので、事故などあれば、停車する時間が長くなるというリスクはあるものの、今回はそれがなかったので、トロトロのんびり帰れてました。
トロトロ走るので、燃費も良いし、無料区間があるので少し安い。

ただ、このルートの難点は、休憩できるポイントが少ないこと。
途中、寄ろうとした別府湾SAが入れない車であふれていた。しかも、入口付近で追突事故も。
他にSAが無いので、ここに集中するのだと思う。
ここをスルーして次のPAまでが遠かった。

渋滞などもなく無事に帰宅できたし、意外に道路は快適なので、次もこのルートを使うと思う。

帰っても元気だったから、洗車もしちゃった。
その後も元気だったから、医院の掃除もした。芝刈りも水やりも。
都会に行くのと違って、たくさん遊んでも疲れない。
やっぱり外で遊ぶのは良いですね。

楽しい旅行でした。 


この記事をはてなブックマークに追加

連休 2016年夏 今年も宮崎

2016-08-17 | 日記

今年の夏も、やっぱり宮崎。
車で行けるところで、子供達が楽しめるところ、そして、僕が好きなところ。

行きは、ほとんど渋滞も無く宮崎に到着。
子供達が寝ていたので、起きるまでと思って運転してたら宮崎に着いちゃった。
SAでアイスクリーム食べるのを楽しみにしてたみたいだけど、休憩するのを忘れてた。寝てるから。

毎年、いきなり海 というのもつまらないので、嫁さんが調べてくれてた。
宮崎駅

海幸山幸 
これで、宮崎を南下。
息子が電車好きなので、この企画。
僕と、三女、息子で乗車。
嫁さん、長女、次女は車で南下。僕らを見送った後で出発。
帰りも電車だと、寄り道しにくいので、車でピックアップしてもらう。




広々とした車内。
途中停車駅で、外に出たり、こうやって車内で記念写真も。
 

乗務員の方のアナウンスで、みどころもわかりやすい。

景色の良いところで、駅でも無いのに、停車してくれるサービスも。
 

海幸山幸の由来の、紙芝居もあり


終点から一つ前の駅で下車したのですが、嫁さん達が先に来て待ってくれてました。

1時間半ほどの楽しい旅でした。 

そういえば、このお菓子が美味しかった。
宮崎じゃなくて鹿児島だけど。


景色を眺めながら、美味しそうに、おつまみと、ビールを飲んでる人がいたなぁ。
僕は、もともと飲まないので、羨ましくも無いけど、飲む人にはますます楽しい列車旅だと思う。

帰りは、僕自身は何度目か忘れたけど、子供達は初めて。
鵜戸神宮。
酷暑でした。


 

駐車場からの距離が子供達には遠かったみたいで、暑さでまいってた。
僕は、平気だったんだけど。

投げ入れる やつ 一大イベント。 
上の子2人は、なかなか上手。下の子2人は、暑さで投げやり。

そういえば、僕と嫁さんは、子供を見ててするの忘れてた。

ここでは、妊婦さんを多く見たな。

参道の途中に、自販機がいくつかあったけど、正午過ぎの時点で売り切れ続発。
途中のお店では、かき氷も売り切れ。

ギリギリ最後のソフトクリームをゲットした息子は、ここで一休み。

この後、海があるから と言い聞かせたけど、この後、力尽き、抱っこ。
僕の体力的には全然問題無いけど、さすがに抱っこは暑かったな。

ホテルにチェックイン後は、すぐに海。
お気に入り 人工ビーチ サンビーチ 一ツ葉。

息子も暑さから解放されて、楽しそう。



娘達は、相変わらず波に飲まれて遊んでました。

息子は、この後波に飲まれ意気消沈。情けなか。

 


この記事をはてなブックマークに追加