村井宗明 動画ブログ(公式)

村井宗明(元衆議院議員)の公式動画。
富山1区選出・3期当選
元災害対策特別委員長、元文部科学政務官。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

村井宗明を励ます会 2014

2014年02月16日 | 政治
 落選しているにも関わらず、この企画をしてくださった後援会の皆さん、200人もの方にお集まりいただいた事に、本当に、本当に驚きと感謝をしています。
 政権をとった絶頂の時に来て下さった方々、災害対策委員長だった時に来て下さった方々にも感謝をしていますが、こういう落ちた状態になっても来て下さる方々には、本当に本当に頭が下がる思いです。


(下記は村井宗明のスピーチの概要)
 私は皆さんに支えていただいて、皆さんのおかげで9年間、国会議員として送り出していただきました。
皆さんに心配をかけている私ですが、天から一つの事を学び脱皮するように指示されているのではないかと思っているのです。その一つの事とは
「世の中のドン底を知らない人に、人の痛みはわからない。」
という事です。
 落選して・・・時間はあるのですが、収入はゼロになりました。子どもがいることもあるので、さあどうしようかと真剣に考えて、何回かハローワークに行ったり、DODAとかリクナビとかの転職情報誌を読み漁って・・・・・いやあ、悪い意味でこれまでの人生が順調すぎまして、初めて失業された方々の気持ちが完全にわかりました。富山の企業の平均的な給与も正直、勘違いをしていました。
 実は落選して考えました。何をしようか?そして、9年間の議員生活をえて、かけていたのは何か?何が必要なのか?
原点に返った時に、私の議員としての最初の委員会での質問は、介護保険改革でした。そして、本会議での民主党を代表しての最初の趣旨説明は障がい者制度改革でした。介護や障がい者制度を担当させていただき、他の議員よりも福祉の制度そのものや予算には詳しくなったけど・・・実は何の資格すら持っていないし、その人たちの痛みを共有できていなかったのではないか?以前から時間があれば、きちんと学ばなければならないと思っていました。
そこで、実は、落選して翌月から福祉の専門学校に行きました。否定的な意見も言われましたが、富山駅前のニチイ学館にいって、3か月で介護の資格を2つとりました。ホームヘルパーと介護事務の資格です。実習にも行ったり、また様々な施設も見せていただきました。
 ある重度の認知症の方ばかりの施設では、朝から晩まで寝間着でずっとオムツをつけています。寝たきりの人がいたり、そうでない人もみんながずーっと黙ってごはんを食べている様子を見ました。
 ある一人暮らしの男性は、ずっとテレビの前で一人でいて、週二回のホームヘルパーさん以外とは話をすることがありません。靴下2枚履いて行ったらいいというアドバイスの意味も分かりました。一人暮らしの男性のお年寄りはあまり掃除をしないからすごいんです。
 ある施設では、夜勤をさせていただいた事に感謝をしています。認知症のおばあちゃんは夜中の間もずっとしゃべり続けています。
 現場を見ました。自分がこれまで過ごしてきた時間の流れとは時間が流れるスピードが違い、のんびりと時計が進まない高齢者の世界に驚きましたね。どんなに働き盛りの頃に成功をしてきた人でも、厳しい老後、さみしい老後、悲しい老後になることもあります。
 どの介護現場でも働く人たちがとても低い月給で使命をもって奮戦しています。ハローワークで富山の介護関係をかなり調べましたけど、どこも本当に安い給料なんです。介護保険の点数計算をして保険料を申請する資格もとったので原価がわかりましたが、この介護保険の単価、本当にひどいですね。
 介護保険も公共事業も同じ税金でやっている事業なんですが格差がすごいですね。私、災害対策委員長もさせていただいたじゃないですか。あの時、国土交通省の国道の除雪単価が「時給12万円(機械代別)」になっていたんです。そこで、「これ、時給12万円じゃなくて、日給12万円の間違いですよね。ちゃんと訂正してくださいよ。」って言ったら、国交省から「いやあ、時給12万円で正しいです。公共事業は人手不足が深刻でそのくらいの値段を出さないと免許持ってる人は誰もやりません。」っていわれて驚いたことがありました。(よくよく裏話を聞いたらたくさん政治献金しないとその仕事をもらえないそうで、実際の現場作業員にはそんなに支払われないそうですが、それでも国の予算としたらとてつもなく大きいんです。)
また、一般的な資格のない作業員でも「この入札、日給1万4500円を下回いました。低入札としてやり直して、もっと単価を上げなければなりません。公共事業は日当1万4500円を切ると品質向上のためにやり直して値段を上げるんです。」っていうのが普通だったんです。これはこれでいいんですが・・・・何を言いたいかというと介護業界は、その建設業界の最低日当1万4500円の半分くらいの人が一般的なんです。それでいて、品質向上のために、低入札でやり直して単価を上げましょうなんでいう人がいないんですよ。なんなんだろうう、この格差は。
 結局、子ども2人いる事実を踏まえて、その業界に努めはせずに、別の業界で仕事をしています。もちろん、資格をいただいて福祉の勉強させていただいたという意味ではよかったと思います。
 じゃあ、なんで皆さんにこの話をしたのか?
 政治家はみんな公約の紙に「福祉の充実」と書いているけど、皆さん、老後に安心をできていますか?
 あの社会保障と税の一体改革て、どうなりましたか?消費税増税分、福祉は良くなりましたか?
昨年、「社会保障と税の一体改革」に伴い、消費税増税分を全額社会保障費の充実に使う事が表明されていた。
しかし、
・消費税の増税率は、具体的で「2014年4月に8%、2015年10月には10%」
・社会保障改革は、具体的でなく「社会保障制度改革国民会議をつくり、良くするか悪くするかも内容を任せる。改革はする。」となっていました。それでも、消費税分予算が増えたら、良くなる改革なのかなと思っていました。しかし、法案採決の前日に、全議員を集められまして「今まで消費税は社会保障のためのと言っていましたが、自民党からの要請で条文を変えます。附則18条で、消費税は社会保障かもしくは公共事業のどちらかに使える事にします。これまでの国民への説明と中身は変わりますが、賛成しないと造反で処分します。」
その後、どうなりましたか。アベノミクスにより、消費税の増税分は社会保障ではなく
・10兆円の公共事業(2012年度補正予算と2013年度予算)
・大企業の復興法人税の値下げ
に使用することが発表された。社会保障は削減されたが、大企業の株価上昇という目的は成功した。
消費税の増税で増える税収は8.1兆円。しかし、そのうち来年度、社会保障に使うのは0.5兆円のみと公表された。つまり、全体の6%しか社会保障に使われない前提になっている。
 で、社会保障国民会議の中身はどうでしたか?法律通りの内容が発表されました。法律には「社会保障を良くする」とは書いていないのです。「社会保障を改革する。」とだけ書いてあるのです。だから、あの社会保障の大幅削減も法律どおりだったのです。
×・医療では70歳~74歳の自己負担を2割負担へ
×・介護では、一定の所得のある介護保険利用者の自己負担を2割に
×・要介護2以下は居宅のみに、施設サービスを打ち切り
×・軽度の要支援者の在宅支援サービスを打ち切り
×・一定所得では年金給付の削減と課税
 メニュー見てどこに改善があるのか??民主党が党を分裂させてまでやった「社会保障と税の一体改革」って何だったのか、それが悔しくてならないし、福祉が増税のためのただの言い訳だったことがはがやしくてならないんです。
 ちゃんと、人の痛みがわかる政治へ変えていかなくてはなりません。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猪奥美里(奈良県議会議員)... | トップ | 海老克昌(富山県議会議員) ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。