村井宗明 動画ブログ(公式)

村井宗明(元衆議院議員)の公式動画。
富山1区選出・3期当選
元災害対策特別委員長、元文部科学政務官。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

消費税増税決定にあたってのコメント

2013年10月01日 | 政治
当初は、「消費税増税分は社会保障の拡充にあてる」と言って国民に消費税増税法案を押し付けたのに・・・・実態はかい離しています。
消費税の増税で増える税収は8.1兆円。そのうち社会保障に使うのは0.5兆円。つまり、6%のみ!あえて数字を隠して「社会保障のため増税は必要」と書いたマスコミが多い中、中日新聞は堂々と数字を書いたのでエラい。さすがです。ジャーナリズムを感じます。
社会保障の削減のうち、特に介護保険と医療はひどいものです。
・一定収入における介護保険の利用料を2倍に
・要支援を国の介護保険から分離
・要介護3以上でないと介護施設サービスを受けられなくする
・高額療養費制度 所得に応じて負担増、最大7割増へ
もちろん、消費税増税分を、公共事業増額や法人税減税などにあてるアベノミクスで株価に効果が上がっていることは分かっているし、認めます。
しかし、私は本当に違和感を感じます。高齢化が進んでいるので、消費税10%にしてから、「この国は高齢化が進んでいるので、今度は公共事業ではなく、本当に社会保障に充てるためにもっと消費税率を上げなければなりません。」と説明するのが目に見えています。
どうしてもあげるなら、当初の約束通り、社会保障の充実とセットでない限り、国民が納得することはないのではないでしょうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党の高村副総裁に賛成 | トップ | E-コマース革命 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。