村井宗明 動画ブログ(公式)

村井宗明(元衆議院議員)の公式動画。
富山1区選出・3期当選
元災害対策特別委員長、元文部科学政務官。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

汚染水問題の福島の海へ

2013年09月05日 | 政治


汚染水問題で注目される福島原発の海へ行ってきました。
もちろん、衆院災害対策特別委員長だった昨年と違い、今の私は一般市民であり通行許可証もなく、一般的に入れるところまでしか行けませんでした。しかし、今でもこの問題が気になって気になって、近くまで来てしまいました。
福島第1原発のタンクから、汚染水が漏えいした問題で、東京電力は、漏れた汚染水が、土壌に染み込み、地下水に流れ込んだ可能性があることを、初めて認めました。高濃度の汚染水およそ300トンが外部に流出し、1リットルあたり650ベクレル(Bq)検出されたようです。今回は、4つのタンクから漏れていたとの事ですが、年数がたてば他のタンクにもリスクが出てきます。
総額約470億円の国費を投入し、原発周辺への地下水流入を防ぐ「凍土壁」を全額、国民の税金負担で今年度中に着工して、2014年度中をめどに完成させるとの事ですが、それで維持費はどうなるのか?本当に完全に止まるのか?疑問もつきません。
同時に、漁港に言って漁師さんたちの様子も見てきました。一定のお金の保証はあるものの漁が中止されていますが、船の整備は続けなければなりません。漁港の近所の料理屋さんに行くと、県外から持ってきたお魚を出していました。私は、ウニ・いくら丼を食べましたが、北海道から持ってきているそうです。さらに、韓国政府は、汚染水漏れ問題を受け、福島など8県の水産物の輸入を全面禁止すると発表しました。他の国も法的に禁止はしなくても同様の営業態度をとると見られ、いっそう深刻さが増します。
さらに、これまでオリンピック招致レースで先頭に立っているとみられていた東京でしたが、東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題を機に情勢は一変、まさかの逆風が吹き始めているようです。これまで、招致にかけた莫大な税金が汚染水問題でムダにならない事を祈っています。
 村井宗明(元衆議院災害対策特別委員長)


ジャンル:
じまん
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おわら風の盆 | トップ | 自民党の高村副総裁に賛成 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。