水と緑の街の勝手書き

多摩川の河川敷をうろついてその時の季節を感じたことや登戸の町の動きを勝手に書きます。

タケノコ掘り  その2

2017-04-23 20:04:04 | 多摩区内でぶらぶら
今日もタケノコ堀にいかせてもらいました。
雨上がりなのでたくさん出ていることを期待していきました。
タケノコは一雨でぐんと伸びると言われています。

こんなかわいい頭をやっとで見つけます。
黄色の頭を見るとまだちょっと前に頭を出したばかりですね。

そしてそのタケノコを掘り起こそうと土を掘ります。
根っこがあって垳だし足場も悪いので大変です。
おまけに掘ってゆくと

おおきい。
大きいタケノコです。
5キロくらいあるでしょうか。

そんな中、今日一番の大物は
隣のスコップと比べてみてください。
大きさわかります。
ちょっと伸びすぎたかもしれませんね。
見ていても見つからなかったのでしょうね。

こんなんを掘っていっても普通ならゆでる釜もありません。
昔からある特別大きな窯を持っているお宅でしかゆでることもできそうにありません。


ということで最後は貝細工の花です。

開くと真ん中はおしべがこんなに集まっているんだ。


ところで、腹が立つといいますけれど
腹が立つってどういうことでしょうか。
腹は体の真ん中にあって、自分が寝転んでいなければ通常最初から立っていますね。
座っていたって腹は起きているというか立っていますよ。

ということは
腹は立っているのが当たり前
横になっているときは寝ているときだけなんだ。

なんてそんなことを考えちゃいました。
あんまり意味ないですね。



よかったらファイブエルのホームページに寄っていってください・・・こちらです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七転び八起き | トップ | 未来に向かう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

多摩区内でぶらぶら」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。