水と緑の街の勝手書き

多摩川の河川敷をうろついてその時の季節を感じたことや登戸の町の動きを勝手に書きます。

真っ赤な太陽

2017-04-29 19:25:25 | 
うつぎの花を見ました。
もういろんな花が咲いています。

白くてたくさん咲いて

花一輪一輪見ても、全体で見てもやはり花です。
その近くで
スズランを見つけました。

まだ一房しか咲いていませんでしたが、  う 一房でいいのかな?
一連の花が一つしか咲いていませんでしたがスズランも久しぶりに見るとかわいい花ですね。
その向こうには大きな花
ボタンが咲いていました。

ちょっと入れない人の土地でしたので遠目で見ています。
本当はもっとじっくり見たかったのですが、無理です。

近くにアヤメの仲間でしょうか、ちょっと変わった花が咲いています。

葉っぱはアヤメかカキツバタ
横から見ると

花の形から見るとヒメオウギ属かフリージア属みたいにも見えるのですが、草丈はお箸くらいの大きさでした。

つつじも咲いてきましたね。
大紫つつじ

帰り道、橋の上から丹沢の山のほうを見ると

どこかで雨が降っていそうな雲行きです。

そんなことを思って6時ころになったらやけに西の空が赤く見える気がします。
気になって空がもう少し見えるところまで行ってみると

おお!
真っ赤に燃えた太陽だから…
これも夕焼けなんでしょうか。




よかったらファイブエルのホームページを見ていってください・・・こちらです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春爛漫の多摩川 | トップ | 夕日が沈む »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。