水と緑の街の勝手書き

多摩川の河川敷をうろついてその時の季節を感じたことや登戸の町の動きを勝手に書きます。

多摩川も秋

2016-10-17 19:00:00 | 多摩川散歩
雨が上がったので多摩川に来ています。
いつもの多摩川の小道です。

草に露が残っています。
川の水に変化が出るほどは降っていません。
この前は蕾だったセイダカアワダチソウの花も咲きました。

アレチウリの蔓の勢いももうおさまって枯れてきています。

こうやって見ると棕櫚の木が縛られているようです。
ネズミモチの実もどんどん大きくなりました。

枝がどんどん下がってきたような気がします。

実の粒が大きくなっています。大きさはこれくらいでこの後は色づいてくるような季節です。
ホームレスの人が植えたのかコスモスが咲いています。

白とピンクで色違いに…

センダンソウが今年は特に草丈が伸びているような気がします。

夏にいつもよりもたくさん雨が降っていましたからそのせいでしょうか?

帰ろうと橋の袂まで来たらここに朝顔が咲いています。

前から気にはなっていたのですが、なんとなく素通りしてました。

午後も3時を過ぎていますから萎れていますが、ちょっと変わった色です。
橋の上に回ってきて

多摩川を覘きに来ました。
ここから多摩川を見ても今日の天気はすっきりしていませんね。



よかったらファイブエルのホームページを見ていってください・・・こちらです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川を2本も越えました | トップ | 気持ちいい多摩川 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。