水と緑の街の勝手書き

多摩川の河川敷をうろついてその時の季節を感じたことや登戸の町の動きを勝手に書きます。

豊作の秋

2016-10-29 19:19:19 | 多摩区内でぶらぶら
近所を回って秋の豊作を見て回りました。
木の実をメインに見て回りました。
柿がたわわに

そろそろ葉っぱが落ちて柿の実だけがぶら下がる光景になってきそうです。
門の中で梅の木と思われる木に花がちらほら

これは梅の木ではありませんか。
梅の花のようです。
もう少し近づいてみたかったのですが、門の中だし見回してもそこの人は見当たらないし我慢しました。
今頃梅に木に花が…そう思いながら。
ここも遠いが大きなかりんがごろごろなっています。

畑の先ですね。
ここから見ても今年は一段と大きなかりんのようです。

もう少し黄色くなってくるでしょうね。
畑の端に直売所がありますがかりんもそのうち売るのかな?

その近くで
道路に寝転んでいるムクドリを見つけました。

近寄って見ると、もう死んでいます。

どうしたんでしょうね。たくさんムクドリは見つけても死んでいるのは見かけません。
道路だったので交通事故でしょうか?

気を取り直して
柚子が

ここの柚子はもう黄色ですね。
それに一つ一つが大きい。

今年はミカン系は豊作のようですね。
柿はたくさんなっている木とあまりなっていない木がありますね。
かりんは木がそれほど見当たりませんね。
豊作は気分的にいいですね。
多門豊作ではなくて木の実の豊作ですよ。  (いやいや、星飛雄馬のライバルは間違い左門豊作でした。)
気分を直してコスモスの花




よかったらファイブエルのホームページに寄っていってください・・・こちらです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コキアを見に | トップ | 登戸稲荷神社の菊花展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

多摩区内でぶらぶら」カテゴリの最新記事