水と緑の街の勝手書き

多摩川の河川敷をうろついてその時の季節を感じたことや登戸の町の動きを勝手に書きます。

気持ちいい多摩川

2016-10-18 18:53:53 | 多摩川散歩
橋の上から多摩川を見ています。

昨日の今日なのに天気が違うとまるで違うような印象です。
空の色がいいですねえ。

この暖かさに誘われて水辺に行きたくなりました。

水の流れが気持ちよさそうです。
堰の上の水鳥たちも気持ちよく立ち止まっているようです。
じっくり見る水が気持ちいい。
多摩川の水もずいぶん透き通っていますよ。

堰の上では魚道をあふれるように流れ出します。

その堰の上の水たまりの湖

堰の下ではサギがのんびり餌を探しています。

多少、私の存在を気にしているようです。
土手から空を見上げると

秋ですねえ。

誰かがほうきで空を掃いたような雲が出ています。
足元ではイネ科のチカラシバが穂を出しています。

もう少し背丈の高い、このイネ科の草も穂が…

穂もよく見ると色がついて太陽に反射して…
いい季節です。



よかったらファイブエルのホームページに寄っていってください・・・こちらです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多摩川も秋 | トップ | 多摩川の石河原から »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。