水と緑の街の勝手書き

多摩川の河川敷をうろついてその時の季節を感じたことや登戸の町の動きを勝手に書きます。

富士山

2017-04-19 19:38:38 | 富士山
昨日の夕方、久しぶりに富士山を見ました。
夕方だったのでシルエット富士山でした。

その時、多摩川はこんな素敵な空を写していました。

夕焼けを写す多摩川の水面がなんと言ったらいいのか…
思わず写真を見ながら“ああ! いいなぁ!!”

そんな多摩川も一日すると夕方近くです。

表情が全く違います。
向かい風が強くて流されそうです。

その後雨がしっとり降った多摩川の小道へ

変わっていました。
何が?
緑が深くなっているんです。

すごく緑になっていますよ。
植物が春を謳歌しているようです。

土手のエノコロも風に気持ちよさそうに揺れています。

タケノコも芽を出すくらいに一気に伸びてきました。

このタケノコは別な場所ですよ(この辺りの多摩川には孟宗竹は生えていません。




よかったらファイブエルのホームページを見ていってください・・・こちらです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨が降る前に多摩川へ  2 | トップ | 早朝の多摩川へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。