水と緑の街の勝手書き

多摩川の河川敷をうろついてその時の季節を感じたことや登戸の町の動きを勝手に書きます。

タケノコ掘り  その2

2017-04-23 20:04:04 | 多摩区内でぶらぶら
今日もタケノコ堀にいかせてもらいました。
雨上がりなのでたくさん出ていることを期待していきました。
タケノコは一雨でぐんと伸びると言われています。

こんなかわいい頭をやっとで見つけます。
黄色の頭を見るとまだちょっと前に頭を出したばかりですね。

そしてそのタケノコを掘り起こそうと土を掘ります。
根っこがあって垳だし足場も悪いので大変です。
おまけに掘ってゆくと

おおきい。
大きいタケノコです。
5キロくらいあるでしょうか。

そんな中、今日一番の大物は
隣のスコップと比べてみてください。
大きさわかります。
ちょっと伸びすぎたかもしれませんね。
見ていても見つからなかったのでしょうね。

こんなんを掘っていっても普通ならゆでる釜もありません。
昔からある特別大きな窯を持っているお宅でしかゆでることもできそうにありません。


ということで最後は貝細工の花です。

開くと真ん中はおしべがこんなに集まっているんだ。


ところで、腹が立つといいますけれど
腹が立つってどういうことでしょうか。
腹は体の真ん中にあって、自分が寝転んでいなければ通常最初から立っていますね。
座っていたって腹は起きているというか立っていますよ。

ということは
腹は立っているのが当たり前
横になっているときは寝ているときだけなんだ。

なんてそんなことを考えちゃいました。
あんまり意味ないですね。



よかったらファイブエルのホームページに寄っていってください・・・こちらです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七転び八起き

2017-04-22 19:47:47 | 日記
同じようなことで失敗することがあります。
2度も3度も同じ失敗をするのは学ばない馬鹿だということを聞きます。
確かにバカかもしれません。
というかバカだと思います。

その失敗でも、もう一度チャレンジしてその失敗を取り返していけば、
もっといい結果につながっていけば、それはそれでいいのではないでしょうか。

七転び八起きという言葉だってあるじゃないですか。
七回転んでも八回起きればまだ起きている。
なんど転んでも失敗しても、あきらめずに立ち上がってくれば
いつか大成功に行きつくかもしれませんね。

スムーズに一直線に成功する人生が望ましいですが、
そんな人ばかりではありませんね。

何かを失敗しても
それを取り戻して、もっと大きな成功につなげていく人生を歩んでいきたい。


何のことかって?
僕が考えていることにそんな大きな深い意味はありません。

あきらめない人生を歩き続けていきたい    それだけです。




よかったらファイブエルのホームページを見ていってください・・・こちらです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好きなことをして暮らしたい

2017-04-21 19:57:57 | 日記
自分の中では、あれもしたい、これもしたい、と欲張る心がたくさんあります。
たとえば、
仕事を卒業したら、車中泊で日本中を回って旅をしてみたい。

たとえば、
豪華客船の旅がしたい。

たとえば
南の島に行ってのんびりしたい。

こんなことを考えていると、楽しくなってきます。

いつになったら出来るだろう。
どうなったら好きにしていていいんだろう?

そうはいっても
今は自分で仕事をしているんだから
誰かにやらされているわけじゃないから  結構好き勝手にできているぞ。

そう考えると何でもやらなくてはいけないけれど
なんでも好き勝手に、自分流にできるということは
俺ってしあわせ!
ありがとう、感謝します。



この花の名前知ってますか?
見かけてもわかりませんよね。
さっき調べました。

この花の名前“シラー”ない
正式名称「シラー・ベルビアナ」

こんなこと制約があったら書けませんよね。
面白くかけたかなって思ったら、親父ギャグにもなっていないし ちっとも面白くないぞ。



よかったらファイブエルのホームページを見ていってください・・・こちらです。

ここは面白いではなくて真面目な情報です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早朝の多摩川へ

2017-04-20 20:25:25 | 多摩川散歩
今日は珍しく朝早く多摩川散歩です。
どうしたのかって?
単にただ早く目が覚めただけです。
それともおじさんになると朝早くなるという…

多摩川の橋のあたりです。
目の前から水鳥が驚いて逃げていきます。

小田急線を見ると朝日がまぶしい。

今日もいいお天気です。
多摩水道橋が堂々としています。

その橋の下に来てみました。

橋の下の日陰から先を見るとまた違った光景が、

その橋脚の足元に白い花が

何の花でしょうね?
見ると辺り一面

覆い尽くされています。
野ばらとは違うようですね。

しばらく歩いて
カラスムギを見つけて

こんな道草をしながら
いつもの多摩川の小道まで来ました。

ここまで来て6時半になりました。
さあ帰ろうと橋のたもとに来たら富士山が顔を出しています。
おお久しぶり!

春霞であまり顔を見ていなかった。今年はあまり富士山を見ていません。
これからの季節はもっと見るのが難しくなりそうです。



よかったらファイブエルのホームページを見ていってください・・・こちらです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士山

2017-04-19 19:38:38 | 富士山
昨日の夕方、久しぶりに富士山を見ました。
夕方だったのでシルエット富士山でした。

その時、多摩川はこんな素敵な空を写していました。

夕焼けを写す多摩川の水面がなんと言ったらいいのか…
思わず写真を見ながら“ああ! いいなぁ!!”

そんな多摩川も一日すると夕方近くです。

表情が全く違います。
向かい風が強くて流されそうです。

その後雨がしっとり降った多摩川の小道へ

変わっていました。
何が?
緑が深くなっているんです。

すごく緑になっていますよ。
植物が春を謳歌しているようです。

土手のエノコロも風に気持ちよさそうに揺れています。

タケノコも芽を出すくらいに一気に伸びてきました。

このタケノコは別な場所ですよ(この辺りの多摩川には孟宗竹は生えていません。




よかったらファイブエルのホームページを見ていってください・・・こちらです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加