M for Michael Gruber♪- Mは、マイケル・グルーバーのM~♪

Catsーキャッツ DVDのマンカストラップ役、アメリカのミュージカル俳優、Michael君のファンブログです♪

「グラウンドホグ・デー」のオープニング・ナイトの写真

2017-04-20 00:01:05 | Musical News Broadway ショー 作品
4月17日にグランドオープニングを迎えたブロードウェイ・ミュージカル「Groundhog Day グラウンドホグ・デー」のオープニング・ナイトの写真を、Playbill.comで紹介しています。(写真は、レッドカーペットでの主演のアンディ・カールさんです。)

昨年(2016)の夏に、一足早くロンドンで約1ヶ月の期間限定公演を行った新作ミュージカル「グラウンドホグ・デー」は、1993年のラブコメディ映画「Groundhog Day 恋はデジャ・ブ」をステージ化したものです。
ブロードウェイ版は、オーガスト・ウィルソン劇場で3月16日から31回のプレビュー公演のあと、4月17日にグランドオープンとなり、閉幕日は、未定です。主役のフィル・コナーズを演じるのは、ロンドン版でも同役を演じたブロードウェイ俳優のアンディ・カールさんです。作品の詳細は、こちらからごらん下さい。

グランドオープニング・ナイトといえば、普通でも注目が集まる大イベントなのですが、今回のオープニング・ナイトは、特に世間の注目を集めました。というのも、主演のカールさんが、4月14日のプレビュー公演で、第2幕の2曲目のナンバー「Philanthropy」の最中に足を傷めてしまったのです!
ショーは、いったん中断されましたが、カールさんは杖をつきながら最後まで演じ通し、カーテンコールの時には、辛そうな様子だったそうです。すぐにERに運ばれたカールさん、骨折はしていなかったものの、前十字靱帯を損傷していたそうです。これを受けて、翌15日のマチネはキャンセルされ、イブニングは、普段はガス役で出演しているカールさんの代役のアンドリュー・コールさんが、コナーズを演じました。

グランドオープンの3日前の主演俳優の怪我に、オープニング・ナイトに主演俳優が復帰できるのか、マスコミの注目が集まっていましたが、カールさんは、何とか無事にショーにカムバック、オープニング・ナイトのステージには、本来の主演俳優をステージに迎えることができました。Playbill.comの記事は、こちらからどうぞ。記事の下に画面が2つあって、上の画面では、画面をクリックしていただくと、約1時間のレッドカーペットでのインタビューをごらんいただけます。下の方の画面では、右端の黄色い>マークをクリックしていただくと、レッドカーペットとカーテンコールの写真を、全部で76枚ごらんいただけます。

レッドカーペットでのインタビューでは、カールさんは、「今までに百万回もやってきた簡単なカエル跳びをしただけなのに、着地した時には、叫んでしまいました。痛みのせいではなく、グランドオープニングの直前だったせいでね。たくさんの気遣いと理学療法のおかげで、『ショー・マスト・ゴー・オン』の気持ちを強く持つことができ、今夜を迎えられました。」と語ったそうです。
ショーでは、カールさんは、足を引きずることが多少はあったものの、全体的には、とても楽しそうにオープニング・ナイト・ショーを演じていたそうです。

まだ足を引きずっていらっしゃるとのこと、カールさん、くれぐれも無理をなさらず、1日も早く怪我が完治するといいですよね。 彼のブロードウェイでのキャリアは、こちらからごらんいただけます。

劇場のサイトは、こちらからどうぞ。キャスト・スタッフのインタビューやリハーサル風景の映像をごらんいただけます。またBroadway.comでは、オープニング・ナイトのカールさんの写真を紹介していますので、こちらからごらん下さい。
ロンドン公演開幕をお知らせしたこのブログの記事は、こちらから、また、ブロードウェイ公演の時期についての記事は、こちらからごらんいただけます。
ジャンル:
海外
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブロードウェイ・リバイバル... | TOP | 今年のトニー賞授賞式のホス... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。