むんこのおしらせ

お仕事と同人活動

こころにとめる

2017-06-14 | へらちょんぺ
私が持ち込みで
どうにもこうにもけちょんけちょんだった頃、
救ってくれたのは
曙はる氏が言った「描きたいなら同人誌を描けばいい」
という言葉だった。

やみくもに「漫画家」になりたがった私の
ゆるゆるの足元を固めてくれた言葉。
なりたいんじゃない、描きたいんだ。
今もそれは、作品を描く際の基本として私の中にある。

なんで急にこんな話したのかしらね?
なんとなくですよ。

次のホームの発売が早いんですって。
頑張らなくちゃー
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まんがライフオリジナル | トップ | 存じませんで »
最近の画像もっと見る

あわせて読む