楽しく愉快な人生を

ー いつも模索しながら ー

冷涼な秋の色を楽しみに

2016年10月12日 | 日記

12日(水)、北大阪では朝から雲が30%くらい広がる青空。冷涼で少々散歩しても長袖シャツに汗をかきませんでした。

秋が深まると、毎年、秋だな~ と感ずる風物詩があります。今日いくつかそういう事例がありました。いくつかご紹介すると、次郎柿 か 富有柿 かはわかりませんが、ある畑の柿木に黄土色の柿がなっていました(上の写真)。この色は秋の代表的な色です。まだ完熟ではありません。未成熟な緑がほんのり残る色を見せる柿は秋の色。

それに、大池を跨る橋と水の色に季節を感じました。つい先日まで、Tシャツ姿の男性が横切る橋、蓮の葉がいっぱいになっていた水面。今日は橋を渡る人影もなく、気のせいか水面も水が多くなり秋の午後を感じました。 いくらか おセンチな気分も。

   秋日あかるく 人軽快に 薄情に    油布五線作  (角川書店歳時記より)

                                     服部緑地公園

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年もハロウイーンが近づいて | トップ | 元気な紅白坊やたちの駈けっこ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。