楽しく愉快な人生を

ー いつも模索しながら ー

今年もハロウイーンが近づいて

2016年10月11日 | 日記

11日(火)は、朝から中秋らしい涼しさのあるまずまずのお天気。電車の中連休明けのサラリーマンは長袖シャツにスーツ姿が主流に。

10月になると日本の商店ではなぜか急にアメリカ型のハロウインが売り場を支配します。古代からこれはケルト族の伝統的な催事でした。由来は古代のケルト人の風習に遡ると言われます。ケルト人の文化では一年の終わりは10月31日、つまりケルト人にとっての大晦日だったわけです。ケルト人は、10月31日には現世と霊会の門が開き、その日にはご先祖様の霊と共に悪霊もこの世にやってくると信じていました。そこで、本来は悪霊が家に入ってこないように魔よけのかがり火を焚いていたといわれます。

1985年頃、この時期アイリッシュ系の知人が社長で経営するシリコンバレーの小企業を訪ねた折、アメリカへ移住したスコットランドやアイルランドからのケルト系民族が自分たちの存在意識を高めるのに、近世、史実ではないアメリカで子供のお菓子貰いや 小企業での奇形遊び、それにカボチャ灯篭を作ったのだと、述解していました。もちろんそのころは、日本には全くハロウインなどの気配はありませんでした。それが近年独り歩きしていき、年々派手になる日本商店でのハロウインを宗教感からも懸念しています。いい加減にしてよ。横文字とアメリカかぶれ のお客も。

               ここにも

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊中文化芸術センターの開設... | トップ | 冷涼な秋の色を楽しみに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。