楽しく愉快な人生を

ー いつも模索しながら ー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

古いミニデジカメの処理に大活躍

2016年10月08日 | 日記

8日(土)は、秋の連休であちこち人出が大勢でした。お天気は先週に比べるとまずまず。蒸し暑い。傘を持っている人が多かったです。

私の友人には幸か不幸か、近親者がF社にいる友人、ボランティア仲間の友人がつい数年前までC社勤務、また知人に古くS社やP社のOBなど、カメラを製造・販売する会社に関連する人がいました。顔を立てる意味から各社のカメラを買い込みました。お茶のみ時間など私が持っているカメラを見て、目ざとく価格、性能をはじめ写真構図なども評価をして下さるわけです。この10年ほど、私は右半身マヒで軽いミニ(コンパクト)デジカメを主に使ってきました。困るのは、各社のデジカメは会社横断型の標準コード、充電方式ではありません。国際工業規格も日本工業規格もありません。その会社独断型。自社がもし画素数や明るさや焦点深度など新しいカメラを企画する時もカメラの種類によって、コードや充電の形や方式を一いち替えます。その結果、我が家(私の狭い部屋)はカメラの充電の器具類とコード類で見分けがつきません。最近、N社に絞り、古くなってきたデジタルカメラ自身やコード類、充電器具類の整理に入りました。今日は、大阪でも有数な家電総合店、数店を回って、買った時の標準コードの確認、充電器具類の確認、最も難しい捨てていいカメラとの相性 や ヴァージョンの違うUSB処理や転送速度の問題など、いろいろ専門家の教えを受けてきました。大阪北部中部を股にかけ大活躍。

                   Y量販店で

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒門市場は外洋魚でも内海魚でも | トップ | マンション影のひっそり”交番” »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。