ワンピースまんがぱうち(レビュー・ネタバレ)

ワンピースをまとめながら、フラグとなる詳細を記録しつつストーリーを追っていきます。

602話 下舵いっぱい!! (再出発の島-5)

2017年03月02日 | 魚人島編




ルフィ達の後姿を見送ったレイリーは、ルフィ達を追う海兵達の前に立ちはだかると、楽しそうに言った。「弟子の船出だ、よしなに頼むよ」


広場に集まっていた海軍の援軍第1部隊はレイリーに足止めされていたが、ルフィ達の前方からは第2部隊が大挙して押し寄せていた。
だが、ゾロをこの島まで送ってきていたスリラーバーグのゴースト娘「ペローナ」が海兵達を全員まとめてネガティブにして足止めし、3人に先を急ぐように忠告した。




42番GRのサニー号では、問題児3人の到着を待つだけだった。チョッパーが、ゴアの巨鳥に頼んで上空から3人を見つけだし、まとめて海兵達の目前から拾い上げて、やっとサニー号に全員が揃った。




皆は再会を喜び合うのも束の間、サニー号を見つけた軍艦からの砲弾を受け初めた。だが、まだ海底へ沈むコーティングの空気入れの作業が完了していない。
その時、サニー号と軍艦の間に「九蛇海賊団」の船が割り込み、海軍の攻撃を中止させた。ハンコックは、ルフィを向いて小さくウィンクして、今のうちに出航するように促した。



海軍がハンコックの美しさに骨抜きにされている間に、サニー号はコーディングに空気を入れるなど、海底へ潜る準備を完了させた。
ナミが「どうぞ船長」と合図を出すと、ルフィは「ほんじゃ野郎共!!!ずっと話したかった事が山ほどあるんだけど!!とにかくだ!!2年間もおれのわがままにつきあってくれてありがとう!!!」と挨拶をし、それからすぅーーーと思い切り息を吸って、大きな声で宣言した。
「出航だアーーーーーーーー!!!!行くぞォ!!!魚人島ォーーーーー!!!!」






”麦わらの一味”は知らない。シャボンディ諸島に大集結した海軍が追ってこない理由を。
島の各地では、レイリー、ペローナ、ハンコック以外にも彼らの無事の出航を祝福して、海軍を足止めしている者達がいた。
援軍第3小隊は、突如現れた凶暴で巨大な昆虫に行く手を阻まれていた。



援軍第4小隊は、突如振り出した局所的な雨で、火薬武器類が不能になって立ち往生していた。




援軍第5小隊は、ごついオカマの団体に言い寄られて、心を折られてしまっていた。


”麦わらの一味”は、大勢の人達に支えられてここまで来れ、ここから出発していくことが出来たのだった。




海兵を片付けたレイリーは、シャッキーと二人で”麦わらの一味”の船出を静かに見送っていた。
船が見えなくなってからも、無言で海を見続けるレイリーに、シャッキーが声をかけた。
「何か思い出してるんじゃない?レイさん」
レイリーは笑って「いやぁ・・・、まぁな」とだけ答えたが、思い出すと涙が溢れてきそうになった。



思い出していたのは、あの男との出会いだった。家を焼き払われて、盗んだ小船を港に浮かべてのんびり暮らしていた頃、突然声をかけてきた元気な男がいた。




「この世に偶然などないのかも知れない。全てが必然であるかの様に・・・”縁”はやおら形を成してゆく・・。とかくルフィはまた一段とあの帽子がよく似合う男になった!!もう少し・・・長生きするのも悪くないな・・・」とつぶやくように語り、シャッキーは笑顔でそんなレイリーを見つめていた。







『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 601話 ROMANCE DAWN for the... | トップ | 603話  心に留めておけ (... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。