ワンピースまんがぱうち(レビュー・ネタバレ)

ワンピースをまとめながら、フラグとなる詳細を記録しつつストーリーを追っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

600話 再出発の島   (再出発の島-3)

2017年03月01日 | 魚人島編





2年間なりを潜めていた”麦わらの一味”が再始動したというニュースは、瞬く間に海軍本部に伝わった。
今シャボンディ諸島近辺に置かれてあるのは「海軍本部」ではなく「支部G1」であるが、そこにいるありったけの海兵が、シャボンディ諸島へとぞくぞくと送り込まれていた。

大将達不在の中、今回の頭を務めるのは「戦桃丸」と「パシフィスタ軍団」であった。



戦桃丸は、”麦わらの一味”が必ずやシャボンディ諸島へ戻ってくると睨んでいたが、それを偽者の”麦わらの一味”が刺激していたのだ。
とはいえ、シャボンディ諸島に配備されている「パシフィスタ」が、すでに本物の”麦わらのルフィ”の上陸を感知していたのだから、遅かれ早かれ、海軍は動いたのだが。


ルフィが偽ゾロと偽サンジに連れられて来たのは、46番GRだった。

そこには、”麦わら海賊団”募集に応募してきた海賊共が集まり、ごった返していた。
確認できる船長クラスは4人。
1)深手のアルビオン  懸賞金9千200万ベリー
2)リップサービス・ドゥティ  懸賞金8千800万ベリー
3)濡れ髪のカリブー  懸賞金2億1千万ベリー
4)弟の返り血のコリブー  懸賞金1億9千万ベリー 



なかでも「返り血のカリブー」は偵察の海兵を見つけると、残酷に相手をいたぶる残忍さを見せていた。
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 599話 九人の海賊  (再出... | トップ | 601話 ROMANCE DAWN for the... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

魚人島編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。