ワンピースまんがぱうち(レビュー・ネタバレ)

ワンピースをまとめながら、フラグとなる詳細を記録しつつストーリーを追っていきます。

【まとめ】スリラーバーグ編の謎

2017年07月01日 | まとめ
「スリラーバーグ編」の中で、フラグ的なこと、覚えておきたい謎を挙げてみました。


〇スリラーバーグは、「西の海(サウスブルー)」から漂ってきた島である。
  ・スリラーバーグは、何らかの理由でサウスブルーからやってきて、グランドライン上を漂っている。
  ・どうやって「赤い陸(レッドライン)」を越えたのか?
  ・元のサウスブルーでのこの島の役割や、住人は?
  ・漂流のきっかけは?「島曳きのオーズ」と関係があるのか?


〇ブルックの正体や過去は?
  ・昔、とある王国の護衛団団長、奇襲隊出身とあるが、「とある王国」とは?
  ・なぜ、その国を離れることになったのか?
  ・この王国では、早斬りの技を「鎮魂歌(レクイエム)・ラバンドゥロル」だが、なぜ鎮魂歌なのか?
  ・ルンバー海賊団はサウスブルー出身と明記あり。サウスブルーと「とある王国」との繋がりがあるはず。
  ・ルンバー海賊団船長「キャラコのヨーキ」とは、再会の約束をしている。物語の先で登場するはず。
  ・ルンバー海賊団を全滅させた「おそろしく強い海賊団」とは?物語の先で因縁の登場があるはず。
  ・ラブーンとの再会が、彼の”夢”。
  ・【ヨミヨミの実】はどこで食べたのか。またその能力の全容は?


〇ゲッコー・モリアの正体や過去は?
  ・昔、新世界で挫折を経験しているらしい。
  ・名を馳せた優秀な部下を失くしている。
  ・他人の力で海賊王となるのが目標の彼の人脈・・・ドクターホグバッグ、アブサロムとの関係は?
  ・ドクターホグバッグ、アブサロムと共に逃げているので、物語の先で再登場があるはず。

  →麦わらに倒された事を隠して七武海に戻り、「頂上戦争」に参加してルフィと再会する。白ひげ海賊団のメンバーである「リトルオーズ」の死体を欲する。


〇ドクターホグバッグの正体や過去は?
  ・天才外科医という有名である過去は?
  ・死者を蘇らせる研究は、「ナルト」のように、死んだ大物の復活もあり得るのかも?
  ・今後再登場が期待される。


〇アプサロムの正体は?
  ・サンジが唯一憧れた【スケスケの実】の能力者でありながら、活躍ほとんどなし。
  ・サンジと張り合うキャラの性格だけに、再登場に期待。


●ペローナの飛ばされた先は?
  ・バーソロミュー・くまに「行きたい旅行先」を聞かれて飛ばされたペローナの行き先は?
   →「シッケアール王国跡」に飛ばされて、そこを隠れ家としている鷹の目とそれなりに穏やかに暮らす。後にくまに飛ばされたゾロを介抱し、修行の2年間を共に暮らして、ゾロと仲良くなっていました。「鷹の目」と「ゾロ」の大物クール剣豪2人とと同居するなんて、なかなかの生活です。



〇島曳きのオーズの正体は?
  ・伝説の巨鬼オーズの過去や正体は?
  ・「島曳き」の島は「スリラーバーグ」の事を指すのであれば、オーズもサウスブルーから来たのか?
  ・島を曳かなければならなかった理由は?






〇サンジは子供の頃に「悪魔の実図鑑」を読んでいた。
  ・サンジのコックになる前の話しはまだ出てきていないが、「悪魔の実図鑑」が読める環境である、という事がわかる。
  ・サンジの家庭、子供時代編に期待。



〇ローラの母親は、新世界の大物海賊
  ・新世界編で、この大物海賊と出会うはず。
  ・その時、ローラが麦わらの一味に大恩があること、ナミと親友であること、「ママのビブルカード」を渡したことが意味のあることとして、発揮されていくはず。
  ・ローリング海賊団、船長「求婚のローラ」の求婚がさす行動とは?






〇侍リューマ
  ・「ワノ国」という剣士の国のフラグ。
  ・ゾロが「秋水」を貰ったことが、後に「ワノ国」との接点の際に意味を持つはず。
  ・実在する「坂本竜馬」のビッグネームからとった名前であるなら、物語上でもそのビッグネームは活かされるはず。
  ・ゾロが「ゾンビであるこの試合の勝敗はなかったことに」と言っているので、再度の対決が期待される。












 
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【まとめ】東の海編 ①大海賊... | トップ | 【大まとめ】スリラーバーグ編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。