ワンピースまんがぱうち(レビュー・ネタバレ)

ワンピースをまとめながら、フラグとなる詳細を記録しつつストーリーを追っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

593話 NEWS  (頂上戦争後-3)

2017年02月23日 | 頂上戦争編




【革命軍・ドラゴン】
革命軍総指令官で、麦わらのルフィの父、その男ドラゴンは、グランドライン航路、白土の島「バルティエ」の革命軍本部にいた。



『麦わらのルフィによる16点鐘』の新聞記事が世界に拡散された頃、「カマバッカ王国」の女王で革命軍幹部のイワンコフと連絡をとりあった。電電虫に、盗聴を防止する希少種の「白電電虫」を装備しているとはいえ、いつどこで傍受されているかはわからない。脱獄後の世界のこと、頂上戦争のこと、そして仲間であるバーソロミュー・くまの事などで話し合わねばならない事が山積していることを告げた。
ドラゴンは、近い内に世界中にちらばる幹部を召還して、”白ひげ”亡き後の世界と政府への対応を話し合うことを告げた。
と同士に、パーソロミュー・くまの身に起きた事も、話しておかねばならない、とイワンコフに伝えて電電虫を切った。

これとは別に、10年以上前から探し続けていた、オハラの生き残り「ニコ・ロビン」と連絡がつき、本部に招待することが決まった。



【アラバスタ・ビビ】
グランドライン航路の「サンディ島」の「アラバスタ王国」の首都「アルバーナ」にある宮殿では、王女ビビが朝からずっと難しい顔で新聞を睨んでいた。
そこには、頂上戦争以来のルフィの行動が大きく報道されていた。
あまりにルフィらくしないその行動に、ビビはこれには何かしらの意味があると考え込んでいた。





【某所・クロコダイル】
グランドライン航路の某国、某所に、自由の身になったクロコダイルとMr.1こと「ダズ」がいた。
クロコダイルもまた、ルフィの「16点鐘」の新聞記事をいぶかしげに読んでいた。
戦争からまだ3週間しか経っていないうちに、再び海軍本部を訪れた”麦わら”の行動の意味がわからなかった。ダズは「麦わらは”傷”を負っている。傷ってのはそう簡単に消えますか?」とクロコダイルに聞いたが、クロコダイルは不敵な”悪い顔”で「生意気な野郎だ、おれへのあてつけか?こっちはもう傷は癒えてる、それが証拠にこれからおれは懐かしい・・・「新世界」に入るが、ついてくるか?」と答えた。ダズは「もちろん」と即答した。




【某孤島・キャプテン・バギー】
グランドラインの某孤島では、キャプテン・バギーが、「副船長のモージ」と「参謀長のカバジ」を含む懐かしい部下達との合流を果たして、感動の再会に涙ぐんでいた。
海軍に捕まり、もう二度と会うことは出来ないと思って諦めていたバギー船長が、頂上戦争の英雄
として、屈強な高額賞金の海賊の部下達を引き連れて大海賊として君臨しているではないか!



部下達と一緒に行動していた、美女海賊アルビダへは、「キャプテン・ジョンのトレジャー・マーク」をプレゼントしてやった。
さらに世界の風向きはバギーを向いていた。なんと世界政府からバギー宛に親書が届いたのだ。
親書を勝手に読んだ「Mr.3」はその内容に驚愕した。



【シャボンディ諸島・サウザンサニー号】
グランドライン航路の「シャボンディ諸島」のある港では、”麦わらの一味”の船「サウザンサニー号」が主の帰りを待ちわびていた。
革命家ドラゴンの息子で、海軍本部にケンカを売った大物海賊”麦わらのルフィ”の船として、日々海賊や金に変えたい者共から狙い続けられており、そんなサニー号を守り続けていたのは、”トビウオライダース”だった。



サンジとの腐れ縁でハンサムにしてもらった恩で、並み居る強敵と戦わねばならなかった。彼らにそこまでする義理はない。だが、デュバル達トビウオライダースは、決して諦めることなく、サニー号を死守して”麦わらの一味”の帰りを信じて待ち続けていた。

その日は「ルフィの16点鐘」の新聞記事が出て、シャッキーとハチ、ケイミーとパッパグもサニー号の元へ集まっていた。こうなれば、シャッキーもサニー号を守らないと、と言い出した時だった、バーソロミュー・くまが現れたのは。

シャッキーは、一度だけくまと面識を持っていた。頂上戦争前にレイリーを尋ねてシャッキーのバーへ来たことがあるのだ。
「慌てないで、彼は前にレイさんに会いに来たコよ・・。味方・・・・よね?」
だが、くまの口内で、ピピッというレーザー光線発射音が鳴った。




『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 592話 エール・ロビン | トップ | 594話 メッセージ   (頂... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

頂上戦争編」カテゴリの最新記事