まんがパウチ (レビュー・ネタバレ)

漫画の絵とストーリーを、真空パウチするように書きとめました。
【ファイアパンチ】【進撃の巨人】【カラダ探】【東京喰種】

進撃の巨人 18巻 72話-2 「奪還作戦の夜---開始!!」

2016年10月19日 | 進撃の巨人
エルヴィン団長を初めとする調査兵団幹部は、ザックレー総統やピクサス指令に出発の報告をした。
その拳を心臓にあて、この奪還計画にその命を捧げることを誓った。





翌日の日没前、調査兵団は馬と遠征用荷物を壁の上へとあげていた。
「いよいよだな」



今回の作戦は秘密裡に行われるはずであったが、壁の下から不意に大歓声が上がった。
前日の肉を仕入れてもらったリーヴス商会のフレーゲルから、情報が漏れたようだった。

大観衆は口々に調査兵団へ向かって叫んでいた。
「ハンジさーーーーん!!!ウォール・マリアを取り戻してくれぇぇ!!!」
「人類の未来を任せたぞぉぉぉぉ!!!」
「リヴァイ兵長!!この街を救ってくれてありがとお!!!」
「全員無事で帰ってきてくれよーー!!!でも領土は取り戻してくれぇぇぇぇ!!!」



リヴァイは「勝手を言いやがる」と言うも、まんざらでもなさそうだった。

そんな大観衆に、ジャン、コニー、サシャらの若い新兵は両手を挙げて応えていた。
「任せろおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」



エルヴィンはこの光景に感動していた。
「調査兵団がこれだけ歓迎されるのはいつ以来だ?私が知る限りでは、初めてだ」
いくら人類の為に命を懸けても、命を捨ててもそれでも馬鹿にされ、罵られ、理解などされなかった自分達の戦いが、今、皆の戦いとして受け入れられている・・・。

エルヴィンは、誰よりも大きな声で「うおおおおおおお!!!」と叫んで拳をつきあげた。
ここに帰ってこれるかどうかはわからない。
けれど、人類の未来の為につき進むのみ!!





「ウォール・マリア最終奪還作戦!!開始!!!!」
人々の大歓声に送られて、調査兵団は壁を降りた。











ウォール・マリアの壁の上では、ライナーとベルトルトが調査兵団が来るのを待ち構えていた。

『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 進撃の巨人 18巻 72話-1 ... | トップ | 進撃の巨人 18巻 73話 「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL