まんがパウチ (レビュー・ネタバレ)

漫画の絵とストーリーを、真空パウチするように書きとめました。
【ファイアパンチ】【進撃の巨人】【カラダ探し】など

カラダ探し 最終章 20話「四日目④・呪いの儀式跡」

2017年07月14日 | カラダ探し 最終章
八代先生と高広が、倉庫の中へ入っている間、明日香は一人ドアの前で待っていた。
すると、背後から口を押さえられたかと思うと、血まみれで首の骨を折られて無残な姿となった「村田幸恵」が「カラダ探し」を頼みに来た。
そのタイミング、その形相、その威圧感に明日香は思わず、叫び声をあげた。




「村田幸恵」はその姿のままヨロヨロと出て行ったが、中島君が殺したのだろうか・・・。
殺したって意味がない事はわかっているはず。
上手く行かず、何度も殺される恐怖と怒りを、動けない相手にぶつけているみたいな気がした。
だとすると、中島君はどんどん壊れてきている・・・。


明日香の悲鳴で戻ってきた二人は、神妙な面持ちだった。
先生は「どうして地下室への扉が隠されていたのか・・・もしかしたら、森崎さんが求めた答えを見つけたかもしれない」と言う。





とりあえずここを出ようと小野山邸を後にした3人だったが、明日香は家の玄関の隙間からこちらを伺う黒いモヤを感じてふりむいた。
見ている・・・・”黒くて怖い人”がこちらを見て・・・そして玄関をその手で開けようとしている・・・!!!!




明日香は強い恐怖を感じて「逃げてェ!!!!」と二人に走って門を出るよう言うと、自分も必死に走った。
だが、”黒くて怖い人”は速い!!!
もう無理!!と思った時、高広が明日香の体を抱きかかえて、門の外に倒れこむように飛んだため、寸前の所で逃げ切ることが出来た。




だが、振り返ると”黒くて怖い人”がこちらを見て立っていた。
明日香だけに見える、その人は小野山邸の敷地からは出れないようであった。





先生の話では、地下室で見た部屋は、何かの儀式のようなものが行われていたようで、床には曼荼羅か魔方陣のような絵が描かれ、奥には祭壇、その上には供え物の痕跡と壷があり、その中に一つだけ、当時の物とは思えないくらいきれいな状態の壷が立っていたのだそう。




他にワインを保管する棚もあったので、元々は倉庫だったところを、急遽儀式に使われたのかもしれない、と言う。
先生は、推測として「そのなにかしらの問題を解決する為に、儀式で呼ばれたのが”黒くて怖い人”なのではないか?と言った。


小野山家に起こった、急遽儀式を必要とする突然の出来事・・・・それは美子が殺されたこと、そして美子を生き返らせる事、
つまり美子にかかっている”呪い”。



『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラダ探し 最終章 19話「... | トップ | カラダ探し 最終章 21話「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL