まんがパウチ (レビュー・ネタバレ)

漫画の絵とストーリーを、真空パウチするように書きとめました。
【ファイアパンチ】【進撃の巨人】【カラダ探し】など

カラダ探し 最終章 15話「三日目⑥・幸恵に追い出された美紀」

2017年07月14日 | カラダ探し 最終章
明日香は、小川が命がけで取った「右腕」を納棺する為、ホールへ向かって駆けだした。





途中、武司の死体を避け、「赤い人」に追われて逃げる中島君を避けて、職員室へと身を隠した。

中島君は、今日は「赤い人」を押し付けるメンバーがおらず、ひたすら追いかけてくる「赤い人」に苦戦しているようで、
廊下前方をフラフラと歩く武司の死体を「邪魔だ!」と押しのけて武司の前に躍り出た。
中島君は知らない。
美紀に操られた死体に見つかると、「赤い人」を呼ばれて挟み撃ちにされることを。

そうして、「赤い人」を目の前に呼ばれた中島君の3日目の「カラダ探し」は終わった。











明日香は、職員室に潜んで息を殺していた。
中島君の断末魔に耳を塞ぎたかったが、近くに居る「赤い人」の動向に気を配らねばならない為、耳を塞ぐことはできない。

中島君を殺し終えた「赤い人」は、いつもならまた歌を歌いながら、標的をさがして歩き出すはずだが、今回は歌を歌わない・・・。
という事は、次の標的が定まっている・・・自分の居場所が「赤い人」にばれている事を、明日香は悟ってゾッとした。




(お願い、どこかへ行って、せめてこの右腕を棺桶に入れるまでは・・・)
ぎゅっと目を瞑ってそう祈っていると、「赤い人」は明日香のすぐ近くまで来ていたのに、方向転換して歌を歌いながら遠ざかって行ったようだった。
明日香がおそるおそる目を開けると、目の前に美紀が立って、「赤い人」が去った方向へと指をさしていた。




美紀に見つかった!!!「赤い人」を呼ばれてしまう!!!と思ったが、
確か美紀は操る死体が”無い”時にしか現れないはずじゃなかったかと、不思議に思った。
明日香が体を硬直させて美紀を凝視していると、美紀は部屋に現れた時同様に、穏やかな顔になって、「お姉ちゃん、助けてほしいの」と言う。




そのセリフ、この感じ・・・では昨夜見たのは夢じゃなかったんだ、と思った。
明日香は、穏やかになった美紀に「何を助けてほしいの?」と聞くと、
「うーん、美紀ね、お姉ちゃんに追い出されちゃった。お姉ちゃんは好きにしたいんだって。美紀の力だけあれば、あとは邪魔だって、部屋に入れてもらえないの。だからこうやって隠れているの」と言って、明日香の前にちょこんとしゃがみこんだ。




明日香は、村田幸恵が美紀を放送室から追い出したことが、にわかに信じられなかった。
「どういうこと?どうして幸恵は自分でやろうと?」と聞いても、美紀は「知らないお姉ちゃん達が嫌いなんじゃないの?」とだけ言って、あとは答えてくれない。

遥も自分も今の村田幸恵同様にとらえられていたから、イヤだからと言って美紀を拒絶したり、ましてや追い出すなんて事が出来ない事はわかっていた。

美紀の言うことが真実だとすれば、村田幸恵は助けて欲しくて今回のメンバーを選んだのではなく、嫌いな人を選んだってこと?
とはいえ、明日香は村田幸恵と挨拶を交わす程度で、特にかかわりがあるわけではない普通のクラスメイトだったはずで、嫌われる心当たりはなかった。





でも、遥の時のように、記憶が塗り替えられているのかもしれないし・・・。
幸恵は私達に何か恨みでもあるのか・・・・そんな事を考えこんでいると、美紀が明日香の隣に座って言った。
「あ、そうだお姉ちゃん、”黒くて怖い人”早く追っ払ってね」




部屋に来て言っていたことだけど、それが何かが見当もつかない明日香は、美紀に詳しく聞こうとするが美紀が話を遮った。
「じゃ行って!ここは美紀が隠れる所だから。バイバイ」


明日香は美紀に促されるまま職員室を出て、ホールへと急ぎながら、今の事を考えていた。
・美紀が指差していたのは、「赤い人」を遠ざけるため。
・美紀が隠れる所だから?明日香に話があったから?
・村田幸恵が、放送室から美紀を追い出した
・家にいる”黒くて怖い人”を追い出してほしいらしい。





『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラダ探し 最終章 14話「... | トップ | カラダ探し 最終章 16話「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL