まんがパウチ (レビュー・ネタバレ)

漫画の絵とストーリーを、真空パウチするように書きとめました。
【ファイアパンチ】【進撃の巨人】【カラダ探し】など

カラダ探し 最終章 18話「四日目②・屋上の話し合い」

2017年07月14日 | カラダ探し 最終章
登校した明日香と高広は、遥、日菜子、小川君が待つ屋上へと上がった。

明日香は、この「カラダ探し」の中にも化すかな希望を抱いていた。
・武司が復活したこと
・遥の知識と機転と判断は頼りになること
・小川君が命がけで頑張ってくれたこと
皆で協力すれば、きっと・・・・!!



まずは日菜子が昨日の日中、誰に殺されたのかの確認から始めたが、遥が「香山さんを殺したのは中島君じゃない」と断言した。
日菜子は背後から襲われていて、犯人の目星はないと言うし、遥は「通り魔か何かかしらね・・・まぁ、『カラダ探し』の最中なら殺されても死なないから」とその話を曖昧なまま終わらせ、本題の今夜の「カラダ探し」の計画について話し出した。










カラダが4つ集まったと思いこんでいる遥に、明日香はおそるおそる、左胸を運んでいる最中に殺されて見失ったことを告げた。
こっぴどく叱られるかと覚悟していたが、遥は「ったく何してるんだか。また探すしかないわね」と言っただけで拍子抜けした。


明日香は、もう一つの謎を皆に聞いてみた。
「ねぇみんな、幸恵とはどういう仲だった?」
だけど、皆明日香と同じで、挨拶ぐらいでろくに話したことがない程度、小川君が少し嫌われている程度とのこと。

そこで遥が「呪いだ幸恵だ余計な事言ってないで『カラダ探し』に集中してよね」と言って屋上を立ち去ってしまったので、”黒くて怖い人”の事を相談できず、自分だけで調べてみることにした。



『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラダ探し 最終章 17話「... | トップ | カラダ探し 最終章 19話「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL